せどりのブルーオーシャン【男性が100%リサーチしない商品】

せどりのブルーオーシャン【男性が100%リサーチしない商品】

pansanblog

 

「これこそブルーオーシャン」

 

 

今回はせどりで間違いなく

ブルーオーシャンを突き抜けている

 

PANさんのブログを紹介いたします。

 

 

どれぐらいブルーオーシャンかって言うと

 

精神的な参入障壁がありすぎて・・・

男性ではさすがに立ち入ることができない聖域

 

 

 

せどりのサンクチュアリ?(聖域)

 

と思わず口走ってしまいそうなほど

男性の皆様には立ち入り難い領域だ・・・

 

 

 

と、とにかく

 

今回はせどりを行う上でブルーオーシャンを

意識することが非常に重要だということをお伝えする。

 

 

そもそも「ブルーオーシャン」という言葉自体の

意味はもうご理解いただけてると思うんだけど

 

要するに競合が不在で、自分だけの市場を持っていて

ライバルがいない状態で販売することが可能という意味。

 

 

 

 

せどりを取り組む人であれば

Amazonをプラットフォームとして販売している人が多い。

 

 

そうすると、ライバルの存在は非常に重要だし

同じ商品を出品している人がたくさんいると

 

あれよあれよと価格競争が始まり

レッドオーシャンまっしぐらという状況になる。

 

 

そうすると、取れるはずの利益も

手に入れることができずに

 

結局稼げなかった・・・ということになる。

 

 

 

だから、どうせ販売するのであれば

レッドオーシャンではなく

 

ライバルが不在、もしくは少ない

ブルーオーシャンで販売したいよね?

 

 

 

でもね、ブルーオーシャンっていうのは

人が思いつかないような商品だったり

 

考えも及ばないような商品だからこそ

ブルーオーシャンなんだよね。

 

 

 

だって、せどりを取り組んでいる人が

簡単に思いつくような商品や

 

その辺ですぐに手に入る商品だとしたら

誰だってその商品を根こそぎ仕入れちゃうよね・・・

 

 

 

ブルーオーシャンっていうのは

ほとんどの人が気がつかないような商品か

 

もしくは、知っているけど手にできないような商品。

 

 

最近よく思うんだけど、せどりに取り組む人って

年々増えてきているような気がするし

 

 

たとえ有料の情報でも、簡単に手に入るような内容だと

あっという間に情報が広がって

 

すぐに市場飽和や、転売を防止するために

お一人1個までのような制限がかかったりしている。

 

 

 

だから、せどりで稼ぎ続けるためには

他のライバルがやらないようなポイントや

 

知っていても手が出せないような商品を

扱うことがブルーオーシャンへの一歩となる。

 

 

 

例えば、ブルーオーシャンとまではいかないけど

 

Amazonで出品規制がかかっているような

カテゴリーだと初心者には参入障壁になるし

 

 

 

その中でも食品のカテゴリーなんかは

Amazonの出品規制が厳しくなっていたりするから

 

商品によってはブルーオーシャンだったりする。

 

 

 

先ほどもお伝えした通り、

ブルーオーシャンへの近道は

 

他のライバルが気がついていない

もしくは、知っているけど手が出せない商品だ。

 

 

 

そして、今回ご紹介するPANさんは後者の商品について

驚きのブルーオーシャンを開拓した。

 

これからご紹介するんだけど、

本当に目から鱗だし

 

 

 

どちらかというと、この観点・考え方を

是非、この記事を読んでいる人は学んでいただきたい。

 

 

 

まさにブルーオーシャンというか

 

こんな「せどり」聞いたことない!

と思わず口にしてしまうこと間違いなしだ。

↓ ↓ ↓

せどり「○○○ャー」で脱皮?!

 

 

あなたも今回ご紹介したPANさんのような

ブルーオーシャンを探してみていただきたい。

 

 

 

現在、通常ではありえない特典が無料でもらえる

特別キャンペーンを実施中なので、チェックしてみてください。

↓ ↓ ↓

newbanner

ネットビジネスの稼ぎ方を無料でプレゼント中

 

そして、最後にもう一つ

 

この記事を読んでいるあなたも私のように月収を

10万円 → 100万円 → 1,000万円にしたくありませんか?

 

そのために必要なステップについて

こちらの無料メール講座で詳しく解説しています。

↓ ↓ ↓

moromi

※期間限定の無料特典です。

 

完全無料で手に入る今のうちに

忘れずに登録しておきましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ