マネークリップのはさみ方【カード一体型のおすすめ財布】

スポンサーリンク

マネークリップのはさみ方【クレジットカード一体型のおすすめ財布】

20

 

「マネークリップが好き」

 

 

マネークリップという物を

あなたはご存知だろうか?

 

 

海外では当たり前のように使われているんだけど

マネークリップは日本ではあまり馴染みがない。

 

 

私さといもは、数年前までは海外旅行が大好きで

いろいろな都市に海外旅行をしに行っていたんだけど

 

外国ではマネークリップは結構一般的。

 

 

今まで外国に一番長く滞在したのは、

6ヶ月間ニューヨークのマンハッタンにいたことがあるけど

 

その時は、ずっとマネークリップを使っていた。

 

 

 

マネークリップって、小銭文化の日本では見慣れないけど

アメリカなんかでは1ドルから紙幣になっているので

 

紙幣を使うことがメインな海外は

あんまり小銭を持ち歩く習慣がないんだよね><

 

 

だから、マネークリップで紙幣とクレジットカードを

挟んでおけば、基本的に何も困ることは無い。

 

 

 

逆に小銭になってしまったら、寄付しなさいぐらいな

勢いなのが海外なので、マネークリップをもっていると

 

財布を持ち歩く必要がなくて、個人的には好き。

 

 

あとは、日本だとお金を裸で携帯することに抵抗がある人が多くて

マネークリップだと紙幣が丸見えになるのが嫌だという人がいる。

 

 

私さといもが愛用していたおすすめのマネークリップは

こちらの超シンプルなマネークリップ。

↓ ↓ ↓

【Amazon】財布 カード入れ スリム 大容量 ダブルサイドマネークリップ

【楽天】アマゾン、yahooモールで売上げ&レビュー数NO.1 ランキング第1位

 

 

こちらのマネークリップは紙幣は2枚折りで10枚ぐらい収納可能で

クレジットカード類のカードは4枚まで挟むことが可能。

 

 

えっ!?カード4枚しか入らないの!?

という人には、マネークリップは向いていない><

 

 

マネークリップはいかに携帯するお金・カード類を

最小限に構成するかが楽しみなのであって、

 

カードをたくさん持ち歩く人には向いていない。

 

 

海外だとクレジットカード1枚で事足りてしまうんだけど

 

日本だとクレジットカードに加えて交通系ICカードが入って

あとはキャッシュカードと免許証の4枚が最小構成だ。

 

 

逆に言うとこれ以外は持ち歩く必要がないんだけど

 

ポイントカードなどをどうしても持ち歩きたい人は

おとなしく長財布・二つ折り財布を持とう。

 

 

 

メンズの財布で究極はマネークリップだと考えているんだけど

日本では絶対に受け入れてくれないから、あえて言わない(笑)

 

クレジットカード・免許証・交通系ICカード・キャッシュカード

のおすすめ4点セットがあれば、基本的に困ることはないはず・・・

 

 

最近は交通系ICカードとクレジットカードが

一体化しているカードもあるので、さらに軽量化できる。

 

 

 

だいたい、キャッシュカードですら不要なんだけど

日本はまだまだ現金主義な所があるので

 

一応念のため持ち歩くぐらいなイメージだよね><

 

 

マネークリップのはさみ方はいくつかあるけど

 

実際に紙幣を折りたたんだ側をマネークリップの

奥に差し込んだはさみ方が使いやすいのでおすすめだ。

 

 

これは、実際にマネークリップに紙幣を重ねて

折りたたんで挟んでみるとわかるので

 

是非、このはさみ方で挟んでみてほしい。

 

 

もちろん、横にして挟むはさみ方もありなんだけど

是非、マネークリップのはさみ方は実際に試してみよう。

 

 

海外だとあんまり大きい紙幣(100ドル札)なんかは

お店も受け付けてくれないことが多いので

 

細かい紙幣を複数枚携帯することが多いんだけど

日本だと1万円札が普通に使える。

 

 

だから、そんなに紙幣の枚数を持ち歩く必要はないので

 

カードの収納枚数をもっと増やして紙幣は少なめというのが

日本文化に適したマネークリップなのかもしれないね。

 

 

 

もしメンズの方でマネークリップに興味がある人は

是非、一度紙幣のはさみ方から試してみてほしい。

 

病みつきになること間違いなしだ(笑)

 

 

 

そして、マネークリップをおすすめするからには

今まで大量に携帯していたカード類を一度見直してみよう。

 

絶対に使ってないポイントカードがあるはず・・・

 

 

 

マネークリップは普通の二つ折り財布・長財布と違って

非常に安価に購入できるので、海外用のセカンド財布

 

もしくは、気分転換に一つ持っておいても良い。

 

 

マネークリップにお金をかける必要は全くないので

一番シンプルなこちらがおすすめだから、是非チェックしよう。

↓ ↓ ↓

【Amazon】財布 カード入れ スリム 大容量 ダブルサイドマネークリップ

【楽天】アマゾン、yahooモールで売上げ&レビュー数NO.1 ランキング第1位

 

 

あっ、ちなみにオシアナス(OCEANUS)という

カシオ(CASIO)が生産している腕時計をご存知かな?

 

世界限定2,000本の型番を2本も手に入れたので、

気になる人は是非、こちらの記事をチェックしてみていただきたい。

↓ ↓ ↓

オシアナス新製品【カシオ2000本限定モデルの評価・レビュー】

 

 

「1円も使う事無く作業なしで1億円を稼がせる」

 

この言葉を聞いてあなたは

どういう印象を受けますか?

 

 

恐らく

 

「胡散臭い」

 

 

 

というのが本音では無いでしょうか?

 

 

今、インターネットビジネス業界には

まるで詐欺のような胡散臭い情報が渦巻いています。

 

・3クリックで億万長者になれる

・コピペだけで月収100万になれる

・1日5分の作業で1000万を稼げる

 

 

 

こうした詐欺の臭いがプンプンする情報は

毎日のようにメルマガで届きます。

 

 

しかし、

 

その中で本物の情報というのは

恐らく1%程度に過ぎないでしょう。

 

つまりは99%は詐欺に近い

実際には稼げない情報だという事なのです。

 

 

 

ですが今回のあなたに紹介する

 

手法というのはそうした詐欺的な

ノウハウとは全く違います。

 

 

つまり1%の本物なのです。

 

 

 

何故ならばこの手法は

 

“本物の方”

 

 

が作り上げたノウハウだからです。

 

世界初の6000兆円市場を独占する完全不労所得ビジネス
(期間・人数限定での公開になります)

 

 

 

このノウハウを公開してる

泉忠司さんという方は

 

「1年で40億を稼いだ」

 

 

 

インターネットビジネス業界では

世界一の実績を持っている方です。

 

 

 

また、それだけでは無く

 

「3ヶ月で20億を塾生に稼がせた」

 

 

 

という実績のある教育者としても

ナンバーワンの実績のある方です。

 

 

 

この泉忠司さんが今回

 

1円も使う事無く1億円以上の

金額を稼ぐノウハウを公開されました。

 

世界初の6000兆円市場を独占する完全不労所得ビジネス
(期間・人数限定での公開になります)

 

 

 

しかも今回のノウハウは

 

「1秒も作業をする必要が無い」

 

 

 

 

という事です。

 

 

つまりあなたは一切何も作業をする事無く

リスクなしで1億円以上のお金を稼ぐ事が出来るのです。

 

 

 

私自身これほど優れたノウハウを実践した事

どころか見たことすらありません。

 

 

恐らくあなたも同じではないでしょうか。

 

 

泉忠司さん曰く

 

「今が億万長者になれる最後のチャンス」

 

 

との事です。

 

 

 

 

ですのでもしあなたが

 

「どうしても2017年に億万長者になりたい」

 

 

 

と思っているのであれば

 

是非この手法を実践してみる事を

強くオススメ致します。

 

世界初の6000兆円市場を独占する完全不労所得ビジネス
(期間・人数限定での公開になります)

 

 

ご自身が1年で40億を稼がれ

 

そして生徒にわずか3ヶ月で

20億を稼がせた本物のノウハウを

手に入れる事が出来るはずです。

 

 

 

2017年こそ新たな一歩を

踏み出してそして人生を変えていきましょう。

 

世界初の6000兆円市場を独占する完全不労所得ビジネス
(期間・人数限定での公開になります)

 

※PS

泉忠司さんという方はビジネスの分野で

ご活躍されているだけでは無く

 

 

作家や大学の教員など非常に幅広い分野で

活躍されている方です。

 

 

また、国際貢献をされた事で皇室から

 

「東久邇宮文化褒賞」

 

 

という賞を授与された

国内外でもご活躍されている方です。

 

 

このように社会的にも非常に信頼がある方ですので

是非今回の手法を泉さんから学んでみて下さい。

 

世界初の6000兆円市場を独占する完全不労所得ビジネス
(期間・人数限定での公開になります)

 

\ SNSでシェアしよう! /

スポンサーリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ