せどり仕入れ資金の調達方法【Amazonレンディングとは?】

せどり仕入れ資金の調達方法【Amazonレンディングとは?】

amazonrending

 

「ナンダこれ?」

 

 

いつもと同じように今日の売り上げを確認しようと

Amazonセラーセントラル画面を開いたら

 

下の右赤四角部分に見慣れない表示があった。

 

lending1

 

今まではこんな表示は見たことなかったし

「Amazonレンディング?何じゃそりゃ?」

 

という感じだったので

早速調べたので、このブログで紹介します。

 

 

 

調査した結果、Amazonレンディングというのは

普通、何かしらのビジネスを始める際に

 

銀行から融資としてお金を借りることができるのと同様に

Amazonから資金を借りることができるサービス。

 

 

要するに、Amazonレンディングというのは

仕入れ資金調達に困っている人に対して

 

資金を貸してあげるので、どうぞ。

ということらしい。

 

 

拡大するとこんな感じだ。

lending2

 

この融資金額は、最低100,000円から

最高は50,000,000円まで上限が上がるらしく

 

私はまだまだ信用も何もないので

10万円からのスタートということらしい。

 

 

 

右下の詳細はこちらを押すと

下記のような画面になる。

 

 lending3 

 

ここで右上のシミュレーション・

申し込みページをクリックすると

 

下の画面になる。

 

lending4

 

右の赤四角を見てもらうとわかる通り

 

金利が5.90%で10万円を借りると

利息が1,730円になる。

 

 

昔であれば、利息を払うなんて

意味がわからん・・・という感じだったけど

 

 

今となっては、10万円で2千円以上の

リターンを出すなんて、せどりなら簡単なので

 

仕入れ資金を調達したい時などは

積極的に使っていきたいし、あっという間に回収できる。

 

 

 

今は10万円しか選べないんだけど

信用を積み重ねていけば、この枠は上がるらしいので

 

クレヒスみたいに信用を積み重ねていって

Amazonとの関係を構築していくの良いはずだ。

 

 

 

ただ、このAmazonレンディングは

 

法人での取引が前提になっていて

個人では契約できないので注意しよう。

 

 

 

 

せどりで仕入れ資金を調達しないといけないのは

初心者時代の時のはずなのに、

 

このAmazonレンディングというサービスは

ある一定の基準を満たさないと表示されないので

 

 

 

仕入れ資金が厳しい個人には

縁がないのは非常に残念だけど

 

お金の貸し借りなので致し方ない。

 

 

 

せどりは物販ビジネスなので

どう転んでも仕入れ資金の調達が必要になるから

 

 

規模を大きくしようとすればするほど

 

大きな資金を調達しないといけない局面に

いずれはぶつかることになる。

 

 

 

そういう時のために

きちんと法人化してビジネスを育てておけば

 

Amazonレンディングのような資金融資の

サービスも受けることができるので、頭の片隅に入れておこう。

 

 

 

ちなみに、Amazonを活用した物販ビジネスを営むと

 

FBA納品先を固定化しておいたほうが

何かと便利で効率的なんだけど、ご存知かな?

 

 

 

FBA納品先の固定化についての申請方法は

こちらなので、興味がある人は申請してみよう。

↓ ↓ ↓

FBA納品先を固定・解除する方法【Amazon倉庫を固定化】

 

 

現在、通常ではありえない特典が無料でもらえる

特別キャンペーンを実施中なので、チェックしてみてください。

↓ ↓ ↓

newbanner

ネットビジネスの稼ぎ方を無料でプレゼント中

 

そして、最後にもう一つ

 

この記事を読んでいるあなたも私のように月収を

10万円 → 100万円 → 1,000万円にしたくありませんか?

 

そのために必要なステップについて

こちらの無料メール講座で詳しく解説しています。

↓ ↓ ↓

moromi

※期間限定の無料特典です。

 

完全無料で手に入る今のうちに

忘れずに登録しておきましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ