地域密着型店舗が生き残る秘訣とは?【ターゲット設定と差別化】

地域密着型店舗の生き残ることができた秘訣について

あなたは意識したことがあるだろうか?

 

 

 

情報弱者という言葉は

本当に好きじゃないんだけど

 

 

情報を知らないと世の中うまく生きていけない時代に突入してきた

と実感し始めたのは私だけではないはずだ。

 

 

 

先日

 

こんなことがあった

ちょうどまとまった時間がとれたので

 

 

新しい仕入れ場所を発掘するために

普段は絶対に行くことがない店舗に行ってみることにした。

 

 

 

 

そのお店は

今まで一度も行ったことが無いお店だったので

 

 

お宝商品が眠っているかも!

という期待に胸を膨らませて、意気揚々と入店したんだよね。

 

 

 

 

どんなお店かと言うと

昔ながらの個人で経営している電気屋さんだ。

 

 

 

よくある

苗字が店名になっている「タ○ウチ電気」とか

「イノ○エ電気」という店舗を想像していただきたい。

 

 

 

どちらかと言うと

ネット販売などはしておらず、

地域密着型の店舗である。

 

 

 

 

私の経験上、こういうお店は

在庫を余らせていたり

 

 

価格設定が甘いことが多かったこともあり

本当は売れるのに在庫をあまらせて処分セールをしていたり

 

Amazonで高値がついているのにもかかわらず、

安く購入できるのでは?と考えていた。

 

 

 

 

だから、お宝発見の予感に

ドキドキワクワクしながら

20分ほど価格サーチを試みたんだよね。

 

 

その結果

予感が的中するどころか

 

 

むしろ憤りを感じながら

何も仕入れることなく店を後にすることになった。

 

 

 

 

いや、もうね

何に憤りを感じたかって

店舗の値付けの仕方が本当にひどかった。

 

 

 

ありとあらゆる商品に

値札ポップがつけられていたんだけども

 

 

「超特価!!」

 

 

「売れてます!!」

 

 

「今だけ限定セール!!」

 

 

「大処分!」

 

 

 

そして

 

値段もデカデカと派手な装飾で

いかにも「安くしてます!」というような雰囲気全開だった。

 

 

 

それで本当に安ければ

誰も怒らないんだけど

 

実際にサーチしてみたら

なんと、定価のままだったんだよね。

 

 

 

 

最初見たときは

本当に「はぁ!?」って思ったし

 

 

 

さすがに

 

定価だったら「超特価」ってのは

軽く詐欺なのでは?と思ってしまった。

 

 

 

ここからは私の想像なんだけど

こういう地域密着型の電気屋さんは

地元の高齢者やインターネットを使えない人をターゲットにしている。

 

 

 

そして

 

言葉は悪いが、情報を知らない人に対して

巧みにセールスを仕掛ける。

 

 

「今なら特価セール中ですよ!(定価なのに)」

 

 

「スゴイ売れ筋商品です!(アマショウ見ると売れてない)」

 

 

「市内なら送料を安くします!(Amazonなら全国送料なのに)」

 

 

 

でもね

 

そのお店を擁護するわけではないんだけど

値段が高いなら高いなりの付加価値があれば話は別だ。

 

 

 

例えば

 

「長期保証を無料で付けます!」

 

とか

 

「買い替えの場合、古い商品を無料で回収します!」

 

とか

 

「取り付け料金を無料にします!」

 

 

 

などのような

地域密着型だからこそのサービスを売りにしていれば

多少高くてもお客は離れないはずだ。

 

 

 

そのお店は昔から営業していて、

このインターネットショッピングが主流な昨今でも

生き残っている。

 

 

 

そして

 

この近辺には電気屋が全くないことから、車を持っていなくて

ネットを使用しないお客さんが購入しているのだろう。

 

 

 

今さら

あえて言うまでもないことだが

 

個人経営型の店舗が生き残るためには

「差別化」が必要不可欠だ。

 

 

なぜなら

人は価値があると思ったものしか購入しないから。

 

 

 

これだけ経済が発展して情報が世の中に溢れている時代に

物販をするためには、同一商品が多くの店舗で販売されている中で

お客様に選んでいただく「何か」が絶対に必要なんだよね。

 

 

 

その「何か」は

「価格」だったり「サービス」だったりするんだけど

 

 

とにかく

他のライバル店舗と明らかに違う「差別化」された何かがないと

お客の目を引くことはできないし、購入まで到達することは絶対にない。

 

 

 

先ほどの例では

実店舗ならではのメリットがあると述べたが

私たちはAmazonで販売している。

 

 

そのため、

Amazonで出品している他のライバルと戦う必要があり

そのライバルと差別化するためのポイントを把握することが重要だ。

 

 

 

ご存じのとおり

Amazonにおいて他の出品者と差別化できる手段は限定されている。

 

 

もちろん

 

「価格」が一番注目される差別化ポイントであることは間違いないが

価格以外で差別化できるポイントが実は存在する。

 

 

 

それは

「商品説明」だ。

 

 

 

なぜなら

 

「商品説明」は唯一、出品者が自由に掲載することができるし

一番、差別化しやすいポイントだから。

 

 

 

他にも

「出品者評価」で差をつけることは可能だが、評価は出品者からはどうにもできないし

初心者の段階で評価を数多くもらうことは不可能なんだよね。

 

 

 

だからこそ

初心者のあなたは「商品説明」に全力投球するべき。

 

 

 

もし

商品説明が魅力でなかったとしたら

評価の数が少ないあなたへの関心は確実に薄れてしまう。

 

 

 

初心者であるからこそ

この唯一の差別化ポイントである「商品説明」を頑張っていただきたい。

 

 

 

具体的に

どのようにすればよいかわからない人のために

商品説明に特化したレポートを作成したので、是非チェックしてほしい。

↓ ↓ ↓

Amazonの商品説明が絶対に魅力的になる7つの究極メソッド

 

 

リンク先にも書かせていただいたが、

メルマガ登録いただくと、差別化できるポイントについてまとめた

レポートを無料で提供させていただく。

 

 

 

更に

 

レポートの感想を書いていただいた方には

初心者の方のために、ささやかなプレゼントも用意しているので、

是非ダウンロードして、感想を書いていただきたい。

 

 

そして、最後にもう一つ

 

この記事を読んでいるあなたも私のように月収を

10万円 → 100万円 → 1,000万円にしたくありませんか?

 

そのために必要なステップについて

こちらの無料メール講座で詳しく解説しています。

↓ ↓ ↓

moromi

※期間限定の無料特典です。

 

完全無料で手に入る今のうちに

忘れずに登録しておきましょう。

 

現在、通常ではありえない特典が無料でもらえる

特別キャンペーンを実施中なので、チェックしてみてください。

↓ ↓ ↓

newbanner

ネットビジネスの稼ぎ方を無料でプレゼント中

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ