麦門冬湯の副作用【治まらない咳にはツムラの漢方薬効能が最適】

スポンサーリンク

麦門冬湯の副作用について

あなたはご存知だろうか?

 

 

 

ツムラの漢方顆粒シリーズとして販売されている 

麦門冬湯は咳止めの漢方薬として医師からも処方されるし

ドラッグストアでも普通に販売されている。

 

 

 

私さといもは本当にこの薬にお世話になっているんだけど

 

1年に1回ぐらいのペースで風邪をひいた後に咳で

非常に苦しむことがある。

 

 

 

熱・鼻水・喉痛は結構すぐに治まるんだけど

 

咳だけはいっつも長期化してしまい

1か月とか普通に咳が治まらないことがある。

 

 

 

止まらない咳って本当にツラいし

 

咳をするときって体力を使うから疲れるし

吐き気もついでにするから気持ち悪い。

 

 

 

そんな嫌な止まらない咳なんだけど

 

麦門冬湯っていうツムラから販売されている漢方薬が

非常に効果的なんだよね。

 

 

 

私の咳が止まらない時にはこの麦門冬湯を

良く飲むんだけど、本当に咳が止まる。

 

 

逆に麦門冬湯以外の薬も試してみたんだけど、全然効能がなくて

結局、麦門冬湯を愛用するようになった。

 

 

ただ、一度飲むと効能が数時間続くんだけど

薬の効き目が切れると、また再度服用する必要がある。

 

 

ちなみに、麦門冬湯は漢方薬だから自然の草や木から採取した

 

「生薬」の組み合わせでできており、麦門冬湯の構成生薬は

主薬の「麦門冬」をはじめ、以下の6種類だ。

 

  • 麦門冬(バクモンドウ)
  • 半夏(ハンゲ)
  • 人参(ニンジン)
  • 粳米(コウベイ)
  • 大棗(タイソウ)
  • 甘草(カンゾウ)

 

 

 

そして、気になる副作用についてなんだけど

 

もともと漢方薬は副作用があまりおきない薬だが

少しは副作用があるので注意いただきたい。

 

 

 

具体的には、服用時にむかついたり、食欲がなくなることがある。

 

ただ、漢方の副作用は次第に慣れることが多いので

あまりにひどい症状でなければ、そこまで心配する必要はない。

 

 

 

ただ

 

1点だけ注意してほしいポイントがあって

麦門冬湯に副作用はほとんどないんだけど

 

 

芍薬甘草湯など甘草を含む他の漢方薬といっしょに飲むときは

「偽アルドステロン症」の副作用に注意が必要。

 

 

 

あとは

 

甘草含有製剤、グリチルリチン(グリチロン等)なども

混ぜての飲み合わせしないようにしていただきたい。

 

 

 

要するに飲み合わせがない場合は

 

副作用も特段ないので、

気にせずに服用していただいて大丈夫だ。

 

 

もし、変な症状が出たら近くの医師に

是非とも相談していただきたい。

 

 

現在、通常ではありえない特典が無料でもらえる

特別キャンペーンを実施中なので、チェックしてみてください。

↓ ↓ ↓

newbanner

ネットビジネスの稼ぎ方を無料でプレゼント中

 

そして、最後にもう一つ

 

この記事を読んでいるあなたも私のように月収を

10万円 → 100万円 → 1,000万円にしたくありませんか?

 

そのために必要なステップについて

こちらの無料メール講座で詳しく解説しています。

↓ ↓ ↓

moromi

※期間限定の無料特典です。

 

完全無料で手に入る今のうちに

忘れずに登録しておきましょう。

スポンサーリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ