ビオチン ミヤリサン ビタミンC 飲み方 新ビオフェルミオンS錠

ビオチン療法 ミヤリサン ビタミンC 飲み方 新ビオフェルミンS錠

 

ビオチンの欠乏がもたらす掌蹠膿疱症に

ミヤリサンが効果的だということについて、あなたはご存知だろうか?

 

 

ビオチンっていうのは「ビタミンH」とか「ビタミンB7」とも

呼ばれているんだけど、ビオチンが欠乏することで「掌蹠膿疱症」という

 

手のひらや足のうらに水泡ができる病気になってしまう。

 

 

そして、この「掌蹠膿疱症」の症状の原因となるビオチン欠乏を

補うために「ビオチン」を服用する必要があるんだけど、

 

「ビオチン」だけを服用していても、実は全然意味がないんだよね・・・

 

 

理由は腸内の悪玉菌が「ビオチン」を食べてしまうから。

 

 

「ビオチン」って健康な人なら、普通に腸内にあるビタミンなんだけど

 

掌蹠膿疱症の人はそもそも「ビオチン」が少ないし、悪玉菌に食べられて

しまうから、「ビオチン」をいくら服用しても効果が非常に低い。

 

 

そこで、効果的に「ビオチン」を補給するためには

ビオチンの天敵である悪玉菌を倒す整腸剤が必要。

 

 

でもね、整腸剤っていっても

超有名な「新ビオフェルミンS錠」ではダメなんだよね・・・

 

 

 

新ビオフェルミンS錠のライバル?として「ミヤリサン」が

 

あるんだけど、実は新ビオフェルミンS錠とミヤリサンには

決定的な差がある。

 

ちなみに、「ミヤリサン」って聞いたことあるかな?

 

 

それは、新ビオフェルミンS錠の乳酸菌を調べてみるとわかるんだけど

新ビオフェルミンS錠には、以下の3つの乳酸菌が主に含まれている。

  • ビフィズス菌
  • フェーカリス菌
  • アシドフィルス菌

 

実はこの中で「フェーカリス菌」というのが

「ビオチン」を食べてしまうんだよね><

 

 

だから、フェーカリス菌が含まれていない「ミヤリサン」が

掌蹠膿疱症の改善に最も効果的。

 

 

そして、「ビオチン療法」を行うには

以下の3つが必要。

  • ビオチン
  • ミヤリサン
  • ビタミンC

 

 

しかも、本気で掌蹠膿疱症を改善しようと思ったら

 

上の3つを毎日根気よく数ヶ月〜2年というレベルで

継続して服用し続ける必要がある。

 

 

それぐらい継続することで腸内環境が整ってきて

掌蹠膿疱症も改善するから、絶対に諦めないで続けよう。

 

 

ミヤリサンは乳酸菌の塊だから

 

新ビオフェルミンS錠と同じように副作用も全くないので

是非とも安心していただきたい。

 

服用し続ける薬って効果が出るかどうかも心配だけど

副作用が一番怖いよね><

 

 

でも、新ビオフェルミンS錠は私さといもは毎日飲んでいるし

おかげで腸内環境もよくなったんだよね。

 

 

ミヤリサンは新ビオフェルミンS錠とは成分が異なるから

合わせて飲んでも全く問題ないし、副作用だって大丈夫だ。

 

 

ちなみに、ビオチン療法でどうして「ビタミンC」が

 

必要なのかというと、ビタミンCは腸内でビオチンの吸収を

促進してくれるからなんだよね。

 

 

だから、掌蹠膿疱症を本気で治療したい人は

ビオチン・ビタミンC・ミヤリサンを継続して服用し続けよう。

 

 

あっ、ちなみに

 

ミヤリサンのライバルである新ビオフェルミンS錠については

こちらの記事が参考になるので、是非ともチェックしてほしい。

↓ ↓ ↓

新ビオフェルミンの効果が出るまでの期間と副作用について

 

 

 

現在、通常ではありえない特典が無料でもらえる

特別キャンペーンを実施中なので、チェックしてみてください。

↓ ↓ ↓

newbanner

ネットビジネスの稼ぎ方を無料でプレゼント中

 

そして、最後にもう一つ

 

この記事を読んでいるあなたも私のように月収を

10万円 → 100万円 → 1,000万円にしたくありませんか?

 

そのために必要なステップについて

こちらの無料メール講座で詳しく解説しています。

↓ ↓ ↓

moromi

※期間限定の無料特典です。

 

完全無料で手に入る今のうちに

忘れずに登録しておきましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ