仮想通貨ビットコインの買い方・入手方法【ビットコイン投資の始め方】

仮想通貨ビットコインの買い方・入手方法【ビットコイン投資の始め方】

bitcoin

 

最近、メディアでもよく取り上げられる

仮想通貨「ビットコイン」について

 

興味はあるけど、そもそもビットコイン自体の

買い方や入手方法がわからなかったり

 

 

仮想通貨・ビットコインの始め方が

よくわからないという問い合わせをいただいたので

 

この記事で国内最大手の取引所を使った

ビットコインの買い方・入手方法を詳しく解説します。

 

仮想通貨・暗号通貨とは?

この記事を読んでいる人はすでに

仮想通貨やビットコインに詳しい人もいると思いますが

 

簡単に暗号通貨・ビットコインについて言及しておきます。

 

 

まずそもそもとして、仮想通貨という呼び方自体が

実は間違っていて、正しくは暗号通貨が正式名称となります。

 

 

ただ、メディアや一般の人に知れ渡っている

用語が暗号通貨ではなく「仮想通貨」なので

 

今では「仮想通貨」として広く知れ渡っています。

 

 

Googleの検索ボリュームなどを調査すれば

すぐにわかりますが、暗号通貨よりも

 

「仮想通貨」の方が圧倒的によく検索されています。

 

 

 

そして「暗号通貨」というのは

 

インターネット上で取り決めた

「仮想的な通貨」だと思ってください。

 

 

 

仮想的な通貨であるということは

すでにイメージが湧いている人も多いと思いますが

 

通常の円やドルのような実体のある

物理的な紙幣や硬貨は存在しません。

 

 

 

一番イメージが湧きやすいのは

この記事をお読みになっている方もお持ちの

 

Suicaや家電量販店のポイントのようなものです。

 

 

 

Suicaやよくあるポイントサービスというのは

 

その利用できる範囲内であれば

日本における法定通貨と同等

 

 

つまり「円」と同じように

お買い物に利用できますよね?

 

 

 

 

Suicaにチャージする時に日本円である

紙幣を券売機などに投入すると思いますが

 

この時、日本円がSuicaのポイントとして

「両替」されていることに気がついていますか?

 

 

 

 

日本円である2,000円を公共交通機関で使える

Suicaというポイント2,000円分に両替しています。

 

 

Suicaは日本全国の鉄道を運営している

JRという大きな母体が運営・管理しているので

 

誰もその危険性や安全面について疑いを持ちません。

 

 

 

 

セブンイレブンやイトーヨーカドー系列で

使えるnanacoカードも全く同じです。

 

nanacoカードにポイントをチャージするために

日本円を実体のない仮想的なポイントに両替しています。

 

 

 

 

暗号通貨・仮想通貨と呼ばれるものの

考え方の基本はSuicaやnanacoと同じです。

 

 

ただ、仮想通貨・暗号通貨と呼ばれているものは

利用可能としている場所であれば

 

世界中のどこでも使用することができます。

 

 

 

そして、仮想通貨・暗号通貨というのは

インターネット上のプログラムで管理されていて

 

その通貨のトータル発行枚数が制限されていたり

誰が誰といくらの取引したのかが全てわかるようになっています。

 

 

 

さらに、仮想通貨・暗号通貨は

インターネット上のプログラムが産み出しているので

 

極論を言ってしまえば、暗号通貨は誰でも

発行することができます。

 

 

 

 

というわけで、誰でも発行が可能なので

世界中で暗号通貨なるものが、現時点でも数百種類以上存在します。

 

 

ただし、その数百種類以上ある暗号通貨の中で

きちんと流通していて、需要があると

 

市場で認められているのは数種類しかありません。

 

 

 

世界的にも認められて、しっかりと

価値がついている暗号通貨・仮想通貨の中でも

 

最も取引されていて、一番価値があると

マーケットが証明しているのが「ビットコイン」です。

 

ビットコインとは?

現時点の暗号通貨で最も流通しているビットコインは

 

2009年に「サトシ・ナカモト(偽名)」という

ソフトウェア開発者が考案した暗号通貨です。

 

 

現在、世界中で取引されている暗号通貨のほとんどは

 

このビットコインの仕組みを基本として

改良・改善されたデジタル通貨が多く

 

 

 

逆に言ってしまうとビットコインは

最も古い暗号通貨なので、技術的な課題を抱えています。

 

 

有名どころだと10分の送金問題とか

スケーラビリティーに関する部分です。

 

 

暗号通貨・仮想通貨の最大のメリットとして

 

24時間いつでもどこでも送金できることと

送金にかかる手数料がとても安いということが挙げられます。

 

 

 

ビットコインの場合は、送金自体は

一瞬で済むんですが、その送金の承認にかかる

 

暗号解読に10分程度の時間を要します。

 

 

 

とは言っても、平日の営業時間帯しか

今まで送金できなかったことを考えれば

 

10分で世界中どこでも安価な手数料で

送金できること自体がすでに革命的だったりします。

 

 

 

というわけで、ビットコインは世界で最初の

暗号通貨なので、その辺の技術的な課題が残ったままで

 

比較的、最近の有名どころの暗号通貨であれば

一瞬で送金承認まで完了して、ビットコインでは1秒間に

 

 

5件程度しか取引できないスケーラビリティーの

問題も秒間数百件まで処理できるように改善されていたりします。

 

 

 

 

そして、ビットコインならではの特徴として

「運営・管理する組織・団体が存在しない」というのがあります。

 

 

日本円や米ドル・ユーロなどの法定通貨であれば

 

必ず国や銀行が発行枚数などを調整したり

紙幣や硬貨の刷新などの施策をしますよね?

 

 

ですが、ビットコインの場合はこの運営・管理する

母体となる組織・団体が存在しません。

 

 

ビットコイン発行枚数の総量は2,100万枚と

プログラムで定められていて、

 

発行枚数の上限に達するのは2,140年頃だと

すでに予測されてはいますが

 

 

 

そもそも国も銀行も関与できない通貨で

誰もメンテすることができないので

 

先ほどお伝えしたような課題についても

解決することなく現在まで来ています。

 

 

 

ビットコイン以外の暗号通貨であれば

 

管理・運営する通貨発行母体が存在していたり

支持している企業や団体が存在しています。

 

 

 

例えば、暗号通貨第二位のイーサリアムであれば

マイクロソフトが支持していますし

 

第三位のリップルという暗号通貨であれば

あのGoogleが出資していたりします。

 

 

 

2017年現在では、ビットコインが一人勝ちですが

暗号通貨が流通すればするほど

 

より使い勝手の良い通貨のシェアが大きくなり

逆に流通していない通貨が淘汰されていくのは間違いありません。

 

ビットコインの買い方・入手方法

というわけで、ビットコインの生い立ちや

立ち位置をご理解いただけたところで

 

肝心のビットコインの買い方・入手方法について解説します。

 

 

現状、暗号通貨であるビットコインを

入手する方法は、下記の3つしかありません。

 

  1. ビットコインを人からもらう、受け取る
  2. ビットコインを採掘(マイニング)する
  3. 日本円を取引所でビットコインに両替する

 

 

1:ビットコインを人からもらう、受け取る

まず1つ目の方法は「ウォレット」という

暗号通貨用の「財布」となる

 

スマートフォンのアプリをダウンロードして

 

 

そこにビットコインを人から

送金してもらう方法です。

 

 

ビットコインなどの仮想通貨は

「ウォレット」という暗号通貨用の財布を

 

スマートフォンに携帯して

お店などで使用することができると思ってください。

 

 

 

ここで初心者の人が少し混乱するのが

ビットコインはスマホ以外にも保存できるという点です。

 

スマホの「ウォレット」に保存・携帯しておくのが

一般的ですが、中にはオンラインではなく

 

 

インターネット回線に繋がっていない

オフライン環境に保存したいという人もいるので

 

HDDやハードウェアトークンなどを使用して

その中に保存することもできますし

 

 

 

3番目でお伝えする日本円とビットコインを

両替する「取引所」で保存することも可能です。

 

話が少しそれましたが、ビットコインの

入手方法として、人からもらうには

 

 

 

スマホでも取引所でもかまいませんが

とにかく自分の仮想通貨用の財布となる

 

ウォレットを用意して、自分のアドレスに対して

ビットコインを送金してもらいます。

 

 

 

送金自体は相手先のアドレスをコピペするか

QRコードを使うことで一瞬で送金可能です。

 

 

ただし、この方法は相手もビットコインを

使っている人でないと成り立ちませんので

 

 

周りの友人や親族がビットコインを

保有していることが前提となりますし

 

そもそもビットコインをもらうチャンスがあるのか?

というと現時点ではほとんどないはずです。

 

 

2:ビットコインを採掘(マイニング)する

続いて2つ目にビットコインを手に入れる方法として

採掘(マイニング)という入手方法がありますが

 

残念なことに、マイニング(採掘)を個人で

成功させられる状況ではありません。

 

 

 

ビットコインというのは10分に1回

取引の承認をしているということをお伝えしましたが

 

その取引が正しいものであることを承認してくれた人に

ビットコインをプレゼントしています。

 

 

 

このため、何もないところから

ビットコインが生まれているように見えるので

 

これを「採掘(マイニング)」と呼んでいます。

 

 

 

 

そして、このマイニングは誰でもできるわけではなく

 

難解な計算式を世界で一番早く解いた人に

プレゼントされる仕組みになっています。

 

 

 

昔は個人のPCでもその競争に勝つチャンスが

あったそうですが、現在は世界中の

 

マイニング業者が計算用の最新マシンを

何十台と並べて並列演算して処理しているため

 

 

個人でこのマイニング競争に勝つことは不可能です。

 

3:日本円を取引所でビットコインに両替する

そして、ビットコインを手に入れる方法の3つ目は

日本円を取引所で両替する方法です。

 

 

1つ目・2つ目の方法はすでにお伝えした通り

あまり現実的ではないので

 

現在、ビットコインの入手方法として

一番手軽なのがこの3つ目の方法となります。

 

 

ビットコインをはじめとする暗号通貨の

取引所は何個かありますが

 

下記の24時間における取引高を見れば

わかる通り「ビットフライヤー」が75%を占めています。

 

bitcointrademarket

 

有名どころとして知られているのは

ビットフライヤーとcoincheckですが

 

取引量から見てもビットフライヤーが

最大手なのは一目瞭然です。

 

 

ビットフライヤーが国内でここまでシェアを

獲得できているのは、何個か理由がありますが

 

一番大きいのが、ビットフライヤーへの

出資会社に3メガバンクが含まれているという点です。

 

bitflyerinvestor

 

 

 上記の通り、日本の3メガバンクグループである

三井住友・みずほ・三菱UFJグループが

 

ビットフライヤーに出資して大々的に

宣伝広告を打っているというのが大きいです。

 

 

 

日本の最大手企業が出資をするということは

それだけ市場の拡大を認めたということに他なりません。

 

 

 

 

あとは、暗号通貨というとハッキングなどによる

通貨の盗難リスクがあったりしますが

 

 

三井住友海上保険がビットフライヤーで

日本で初の仮想通貨盗難保険をリリースすることが

 

アナウンスされたことも

取引量が多いことにつながっています。

 

 

 

 

 

さらにビットフライヤーは保有ビットコインの

80%をインターネット回線に接続しない

 

コールドウォレットで保管しているという

セキュリティ・安全面からも選ばれる理由になっています。

 

 

 

というわけで、我々のような一般個人が

ビットコインを入手する一番簡単な方法は

 

最も安全で確実な取引所で日本円を両替して

手に入れるということになります。

 

ビットフライヤーの登録方法

それでは、日本国内のビットコイン取引の

4分の3を占めているビットフライヤーの登録方法について解説します。

 

 

ビットフライヤーへの登録は

メールアドレスがあれば無料で可能ですが

 

 

しっかりと取引するためには

 

本人確認書類の提出が必要になりますので

正しい情報を入力するようにしてください。

↓ ↓ ↓

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコイン取引量日本一のビットフライヤー

 

現在、通常ではありえない特典が無料でもらえる

特別キャンペーンを実施中なので、チェックしてみてください。

↓ ↓ ↓

newbanner

ネットビジネスの稼ぎ方を無料でプレゼント中

 

そして、最後にもう一つ

 

この記事を読んでいるあなたも私のように月収を

10万円 → 100万円 → 1,000万円にしたくありませんか?

 

そのために必要なステップについて

こちらの無料メール講座で詳しく解説しています。

↓ ↓ ↓

moromi

※期間限定の無料特典です。

 

完全無料で手に入る今のうちに

忘れずに登録しておきましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ