懸垂ができない理由【おすすめのチンニングスタンドを紹介】

懸垂ができないとお悩みの方にチンニングスタンドの

おすすめ器具とその理由を、こちらの記事で紹介する。

 

 

 

懸垂(チンニング)って普通の生活をしていると

絶対にできるようにはならない。

 

 

 

だから、まず最初に

 

私さといもが20代の時に懸垂ができないと悩んでいた時期があって

どうやったら懸垂ができるようになったかをお伝えします。

 

 

最初に懸垂ができないと気がついたときは、ドラマや漫画とかで

軽々と懸垂(チンニング)をこなしている姿を見て

 

すげぇな・・・って純粋に思っていた。

 

 

 

理由は、

 

普通の生活をしているだけでは棒にぶらさがった状態から

体を両腕だけで持ち上げることなどできないから。

 

 

 

持ち上がらないっていうか、ぴくりとも動かない。

懸垂ができないにしても、もう少しは動いて欲しいと

 

思ったんだけど、本当にいくら力を入れても持ち上がらない。

 

 

 

でもね、懸垂ができない状態から

 

懸垂(チンニング)が10回3セットをできるように

なるまでにやったことって、実は一つしかないんだよね。

 

 

それは、とにかく鉄棒にジャンプして掴まって

体を限界まで保持するのを繰り返すっていうこと。

 

 

 

もちろん、懸垂ができない状態からいきなりこの方法に

入らずに斜め懸垂っていうフェーズをはさんでも良いけど

 

はっきり言って、時間の無駄なんだよね。

 

 

 

とにかく、懸垂が1回もできないのであれば

 

実際の高鉄棒などにジャンプして腕が曲がっている状態で

体が地面に落ちないように限界まで保持することを何回もやる。

 

 

 

これを3週間から1ヶ月ぐらい続けていると、

体が徐々に持ち上がってくるようになるんだよね。

 

 

 

地味なんだけど、懸垂ができない人は

 

実はこのジャンプ保持が一番の近道なので

是非とも試していただきたい。

 

 

 

このジャンプ保持には一つだけコツがあって

 

ジャンプしてバーに飛びついた時に胸を反るように

上を見上げるようにしよう。

 

 

 

そうすることで、腕の力だけでなく

 

背筋が収縮されて、懸垂(チンニング)に必要な

背筋を刺激することができる。

 

 

 

ちなみに、懸垂(チンニング)で使う筋肉は腕ではなく

 

背中の背筋を使うんだけど、懸垂ができないのは

この背筋をうまく使えていないからなんだよね。

 

 

 

ただ、近所の公園とかに懸垂ができる環境がない人って

すごいいると思うんだよね。

 

 

そういう時は、チンニングスタンドの購入を

是非とも検討していただきたい。

 

 

 

自宅で懸垂(チンニング)ができる

チンニングスタンドはすごい良いよ。

 

 

 

私さといもは、むかし懸垂初心者だったころ

近くの公園まで行って夜中に懸垂をしていたんだけど

 

 

冬は、寒くて外に出るのが嫌だし、夏は暑すぎるし

そもそも雨が降ったらトレーニングできないからね。

 

 

 

だから、自宅でいつでも懸垂(チンニング)ができる

チンニングスタンドは本当に便利だし、

 

しかも、洗濯物干しにもなるから一石二鳥なんだよね。(笑)

 

 

 

ただ、このチンニングスタンドを購入する際には

一つだけ絶対に注意するべきポイントがある。

 

 

それは、安定性なんだよね。

 

 

 

この理由は、実際にチンニングスタンドを購入した人にしか

わからないと思うんだけど、公園にある鉄棒なんかは

 

子供や大人がぶらさがってもビクともしない作りになっている。

 

 

 

もちろん、公園だから安全面を最大限に配慮しているから

完全に地中に固定されているからこその安定性なんだよね。

 

 

 

でもね、チンニングスタンドは家の部屋に固定できないから

結構グラグラしちゃうんだよね。

 

 

だから、チンニングスタンドは絶対に安定性が抜群の

製品を是非とも選ぶべき。

 

 

 

理由は、

 

多少高くても将来的に絶対に役に立つから。

 

 

 

懸垂ってある程度できるようになってくると、

 

今度は自分の体重(自重)では物足りなくなって、

重りを足につけたりして荷重懸垂をやるようになる。

 

 

 

そうすると、自分の重量が重くなっているから

グラグラするチンニングスタンドだと本当に危ない。

 

 

 

だから、ちょっとお金はかかるんだけど

絶対に安定性が良いチンニングスタンドがおすすめ。

 

 

 

というわけで、私さといもが

全力でおすすめするチンニングスタンドはこれだ。

 

 

 

安いチンニングスタンドは1万円ぐらいで購入できるんだけど

 

はっきりいって、評価を見てもらえばわかる通り

安定性にかけるんだよね・・・

 

 

 

チンニングって、全体重をあずけるから

 

かなりの強度がないと、ほとんどのチンニングスタンドは

ぐらぐらとして危なっかしい><

 

 

 

さらに、このチンニングスタンドは

 

懸垂だけではなく、ディップス・プッシュアップ・腹筋まで

できるようになっている。

 

 

 

そして、写真をよく見てもらうとわかるんだけど

 

ぶら下がる部分が片側によっているから、見た目よりも空間の

スペースをとらないんだよね。

 

 

 

体重70kgで20kgの重りを背負って懸垂しても

全然びくともしない頑丈な作りになっているので、

 

今後、ながく懸垂と付き合っていくなら

絶対におすすめ。

 

 

 

懸垂って1ヶ月や2ヶ月では10回3セットとか

できるようにはならないからね。

 

 

継続しないとできるようにはならないし、

 

しかも、一度チンニングスタンドを購入したら

絶対に2台目なんて買わないでしょ?

 

 

 

だからこそ、チンニングスタンドは

ちょっと値がはるかもしれないけど、

 

こちらの製品を買ったほうが絶対に後悔しない。

↓ ↓ ↓

 

 

あっ、ちなみに

もっと高価なチンニングスタンドも、もちろんあるんだけど

どうしておすすめしないのか気になった人はいるかな?

 

 

理由は簡単。

 

2万以上するチンニングスタンドは、大き過ぎるし

コストパフォーマンスがとっても悪いから。

 

 

 

この商品よりも高価な製品になると

 

あまりにも本格的すぎて、サイズが大きくなるし

安定性も変わらないのに3万・4万もするからね。

 

 

 

というわけで、後悔しないチンニングスタンドは

こちらの製品を自信をもっておすすめする。

↓ ↓ ↓

 

 

懸垂ができるまではなかなか大変なんだけど、腹筋ローラーも

初心者が扱うには非常に厳しいフィットネス用品。

 

腹筋ローラーは、ピンポイントに腹筋に効かせることが可能なんだけど

呼吸法がかなり大事なので、意識してない人はこちらをチェック。

↓ ↓ ↓

腹筋ローラーの使い方【初心者・女性に効果的な呼吸法】

 

 

さらに筋トレの王道となる、腕立て伏せも呼吸法がかなり大切で

最近は効果的な回転型プッシュアップバーが流行っている。

↓ ↓ ↓

プッシュアップバーは回転式がおすすめ【正しい呼吸法とは?】

 

 

そして、最後にもう一つ

 

この記事を読んでいるあなたも私のように月収を

10万円 → 100万円 → 1,000万円にしたくありませんか?

 

そのために必要なステップについて

こちらの無料メール講座で詳しく解説しています。

↓ ↓ ↓

moromi

※期間限定の無料特典です。

 

完全無料で手に入る今のうちに

忘れずに登録しておきましょう。

 

現在、通常ではありえない特典が無料でもらえる

特別キャンペーンを実施中なので、チェックしてみてください。

↓ ↓ ↓

newbanner

ネットビジネスの稼ぎ方を無料でプレゼント中

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ