WordPressブログをコピペできないようにする【スマホも禁止する方法】

WordPressブログをコピペできないようにする【スマホも禁止する方法】

 

「WordPressブログのコピペを禁止する方法」

 

 

WordPressブログを運営している人にとって

丹精込めて時間をかけて書いた記事というのは

 

間違いなく「資産」であり

「努力の結晶」である。

 

 

 

ブログというのは、記事を積み重ねれば

積み重ねるほど、その威力を発揮して

 

年月が経過すればするほど

他の人には真似できない「資産」になる。

 

 

 

しかし、WordPressの記事は所詮

文字データを始めとするデジタルデータなので

 

悪意のある人がコピー&ペーストを

してしまおうと考えれば

 

 

 

時間と労力をかけて作り上げた

ブログ記事を一瞬でコピペできてしまう。

 

 

コピペされるのって本当に不愉快だし

 

オリジナル記事を書いた人の気持ちを

完全に踏みにじっているので

 

 

トレンドアフィリエイトの記事等を

 

コピペしている人を見ると

とても腹立たしい。

 

 

 

一般的に、グーグルがブログ記事を

インデックスする際にその記事内容が

 

コピーされている重複コンテンツ

かどうかを判定していて

 

 

クロールしたサイトがコピー

コンテンツを投稿していると判断すると

 

グーグルがそのサイト・記事の

評価を下げるということをしている。

 

 

 

ということで、相手よりも先に

グーグルにインデックスさせて

 

自分がオリジナル記事ですよ!

って宣言してしまえば基本的には良いことになる

 

 

 

しかし、出来立てホヤホヤの

WordPressブログなどは

 

そもそもグーグルにインデックス

されるのに時間がかかる場合があって

 

 

 

その期間中にコピペされてしまう

可能性もあるので、基本的なスタンスとしては

 

 

 

ブログ記事を新規投稿したら

すぐ直後にグーグルウェブマスターツールを使って

 

誰よりも先にグーグルに

WordPress記事を認識してもらおう。

 

 

 

ただ最近、気になることとして

コピーコンテンツを掲載している

 

サイトの方がSEO的なパワーが強くて

なぜか上位表示されているケースもあって

 

 

グーグルの重複コンテンツ判定が、正直なところ

ブラックボックスだというのが本当のところだ。

 

 

 

そして、最近ではまとめサイトのような

キュレーションサイトで

 

 

完全コピーとまではいかなくても

色々な関連記事の一部分だけをコピペして

 

いろんなサイトの良いとこどりをすることで

コピーじゃないよ!オリジナルだよ!

 

 

という感じで記事を書いている人も

いるので、そもそもコピペを禁止できるように

 

自分の資産(ブログ記事)を守る方法を探してみました。

 

 

 

結論からお伝えすると

この道のプロのような人に対しては

 

WordPressブログ記事を完全な意味で

コピペできないようにすることは難しいけど

 

 

 

楽して記事を書こう的な思考を持っていて

 

他人のオリジナル資産をコピペすることに

何の抵抗を感じないような低俗な輩に対しては

 

 

 

コピペをシステム的に禁止することが

可能なので、その方法をお伝えします。

 

 

 

まず、一番簡単にWordPressブログを

コピペできないようにするには

 

プラグインを導入して

コピペを禁止する方法

 

 

というわけで、早速コピペを

禁止するプラグインをインストールしよう。

 

 

 

 

インストールするプラグインは

「WP-Copyright-Protection」なので

 

 

いつも通り、ワードプレスの

ダッシュボードの「プラグイン」から

 

新規追加を選択して、検索ボックスに

「WP-Copyright-Protection」と入力。

 

 

 

上記画像のプラグインをインストールして

有効化して、ご自分のWordPressブログを

 

確認してみると、あら不思議。

 

 

 

PCによる右クリックができなくなって

ドラッグによる選択もできなくなっている。

 

 

当然「Ctrl + A」のような

全選択コマンドも効かないので

 

選択そのものができなければ

もちろん、コピペもできない。

 

 

 

というわけで、プラグインを1つ

導入しただけで、簡単にブログ記事を

 

コピペできないようにできたように

感じたかもしれないが、一つ抜け道がある。

 

 

 

実はこの状態だと、確かにPCからは

コピペできないけど、スマホで試すと

 

「スマホだとコピーできるじゃん」

 

 

 

という事態に陥る。

 

スマホで長押しして、全選択して

コピーできるなら、意味ないじゃん!

 

 

って思って、スマホからのコピペを

禁止するプラグインを探してみたけど

 

現時点ではスマホの選択を無効にする

プラグインは存在していない。(2017年3月時点)

 

 

 

というわけで、万事休すかと思ったら

「CSS」にコードを追加すれば

 

スマホからもコピペできないようにする

方法があったので、その手順もお伝えします。

 

 

まずはWordPressダッシュボードの

サイドバー「外観」から

 

下記画像赤丸部分「テーマの編集」を選択しよう。

 

 

 

そして、下の画像のように

一番右下にある「スタイルシート」という部分に注目だ

 

 

 

利用しているWordPressテンプレートによって

構成しているcssファイルが異なるんだけど

 

このcssファイルの最下段に下記のコードを追加しよう。

 

body{

user-select:none;

touch-callout:none;

-webkit-user-select:none;

-webkit-touch-callout:none;

-webkit-user-drag:none;

-moz-user-select:none;

-khtml-user-select:none;

-khtml-user-drag:none;

}

 

 

更新が完了したら、保存をして

スマホのブラウザからアクセスしてみよう。

 

長押ししてもメニューが表示されず

全選択やコピペができなくなっているはずだ。

 

 

 

cssファイルへの上記追加コードは

私が複数のスマホブラウザで試した結果なので

 

ご利用いただいているスマホの

環境・ブラウザによってはコピペできてしまう可能性がある。

 

 

 

iPhone・アンドロイド・Chrome・Safari・IE

などなど、すべてのバリエーションを

 

スマホで試してみたわけではないので

注意していただきたい。

 

 

 

参考までに私の場合は

賢威6.2というWordPressテンプレートなので

 

 

修正したファイルは「common.css」と

「mobile.css」の2つのcssファイルに対して

 

上記のコードを追記した。

 

 

 

これが「賢威7.0」のWordPress

テンプレートの場合には「base.css」

 

というcssファイルが修正対象になる。

 

 

 

ご自身のワードプレステンプレートに

あわせて修正してみてください。

 

 

そして、さらに自分のWordPressブログの

コンテンツについてのコピペ禁止を

 

強化したいと考えているのであれば

 

 

 

 

さらなる防衛手段として

コピーそのものを監視するプラグインを導入し

 

コピーした相手のIPアドレスをチェックして

 

 

そのIPアドレスからのアクセスをサーバーレベル

もしくは、WordPressレベルで遮断してしまえば良い。

 

 

 

 

コピペ禁止のようなセキュリティー対策は

イタチごっこのようになってしまう傾向があるが

 

しっかりと防衛していけば

被害は最小限に止めることが可能となる。

 

 

 

補足としてお伝えしたコピー監視プラグインは

「ccc」(Check Copy Contents)という名前だ。

 

 

 

WordPressブログコンテンツの文章が

コピーされると設定したメールアドレスに

 

コピーされた箇所・相手のIPアドレスなどの

情報がメールで届くので設定してみてほしい。

 

 

 

通知先のメールアドレス情報は

ダッシュボードサイドバー「設定」から

 

下記画像赤丸部分「CCC設定」で確認しよう。

 

 

 

下のような感じで、通知先の

メールアドレスや文字数について設定が可能。

 

 

 

そして、コピーされている通知が

メールで届いたら、メール内に記載されている

 

IPアドレスからのアクセスを

サーバレベルでブロックしたければ

 

 

 

ご自身のドキュメントルート直下に

配置されている「.htaccess」ファイルに

 

「deny from xxx.xxx.xxx.xxx」という感じで

相手のIPアドレスを追記すればOKだ。

 

 

 

WordPressレベルでIPアドレスを

アクセス禁止させたければ

 

「WP-Ban」というプラグインで

簡単にアクセス制限が実現できる。

 

 

 

IPアドレスをいちいち登録するのは

とても手間に感じるかもしれないが

 

 

ここまでやっておけば

PC・スマホからのコピペはもちろん

 

継続的なブログ記事の盗用を

禁止することが可能だ。

 

 

 

 

時間と労力をかけてコツコツと構築した

あなたのブログ資産を守るために

 

この記事がお役に立てれば幸いです。

 

 

 

セキュリティーリスクは忘れた頃に

発生するものなので、WordPressブログの

 

パスワードを最近変えていない人は

定期的に変更しておきましょう。

↓ ↓ ↓

ワードプレス・WordPressのログインパスワード変更方法

 

 

現在、通常ではありえない特典が無料でもらえる

特別キャンペーンを実施中なので、チェックしてみてください。

↓ ↓ ↓

newbanner

ネットビジネスの稼ぎ方を無料でプレゼント中

 

そして、最後にもう一つ

 

この記事を読んでいるあなたも私のように月収を

10万円 → 100万円 → 1,000万円にしたくありませんか?

 

そのために必要なステップについて

こちらの無料メール講座で詳しく解説しています。

↓ ↓ ↓

moromi

※期間限定の無料特典です。

 

完全無料で手に入る今のうちに

忘れずに登録しておきましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ