WordPressで記事ごとにテンプレートを変えるプラグインを発見

スポンサーリンク

WordPressで記事ごとにテンプレートを変えるプラグインを発見201509021

(奥さん作:浴室乾燥で洗濯物がMAXでお風呂に入れない奥さんの図)

 

「こんなことできたのか!」

 

 

WordPressで記事ごとにテンプレートを変えることが

できるプラグインが存在することを、あなたはご存知だろうか?

 

 

もともとWordPressはテンプレート・テーマというファイルを

 

自由にインストール・カスタマイズすることができて

ブログの外観をいろいろと変更することができる。

 

 

ただ、今までは1ブログにつき1テンプレート・テーマしか

扱えないとずっっっっっと思っていたんだけど

 

実は1ブログで複数のWordPressテンプレート・テーマを

使えるということがわかったので、今回ご紹介する。

 

 

そもそも、実は最初のデフォルト機能で

WordPressɇの「固定ページ」であれば

 

メインのWordPressテンプレート・テーマ以外を

適用することができる。

 

 

私も含めて、気が付いていない人が多いと思うんだけど

 

WordPressダッシュボードの「固定ページ」を選んで

固定ページ一覧の「クイック編集」を選んでみよう。

 

mokuzi

 

上記画像の赤四角部分を見てもらえるとわかるとおり

WordPressの固定ページであれば、テンプレートを

 

選択できる部分が存在している。

 

 

 

ただ、WordPressを導入した直後の状態では

自由にテーマ・テンプレートを選ぶことができないので

 

少しだけ設定が必要だ。

 

 

そして、今回お伝えしたいのは「固定ページ」ではなく

通常の記事ごとにテンプレートを変えることを

 

実現するプラグインについて紹介する。

 

 

記事ごとにテンプレートを変えるプラグインは

「Custom Post Template」というプラグイン。

 

 

ここから、実際に導入手順を紹介するので

 

記事ごとにテンプレートを変える必要がある人は

是非、以下の手順通りに導入していただきたい。

 

 

まずはいつも通り、WordPress管理画面・ダッシュボードの

サイドバー「プラグイン」から「新規追加」をクリックだ。

 

201509041

 

 

次に、プラグイン検索ボックスに

「Custom Post Template」と入力して検索しよう。

 

201509042

 

 

そうすると、下のようなプラグインが表示されるので

「今すぐインストール」をクリックしてほしい。

 

似たプラグインがあるので、間違えないように

「Custom Post Template」をインストールしよう。

 

201509043

 

 

無事にインストールできたら

いつも通り、下の赤丸「プラグインを有効化」をクリック。

 

201509045    

 

 

そして、ここまでは簡単なんだけど

 

この次に自分が導入したいWordPressのテンプレートを

用意する必要がある。

 

 

どういうことかというと、そもそもこの記事を読んでいる人は

1つのWordPressで記事ごとにテンプレートを選択したいはず。

 

つまり、複数のテンプレートを用意する必要があるよね。

 

 

というわけで、メインで使っているデフォルトのテンプレート以外に

使いたいテンプレートを用意して、そのテンプレートを構成する

 

「Single.php」の冒頭に以下の文言を追加していただきたい。

(赤文字部分は名前なので、わかりやすい名前をつけよう)

 

<?php
/*
Template Name Posts: アドセンス無し版
*/
?>

 

そして、追加したいテンプレートのファイルを

元の「Single.php」ファイルがあった場所に

 

別のファイル名「Single-2.php」等をつけて保存する。

 

 

 

うまくいけば、下の画像のように

WordPressの記事を投稿する画面の右下に

 

テンプレートを選択できるようになっているはずだ。

 

201509046

 

 

ちなみに、そもそもどうしてこんなことをしたくなったかというと

 

Googleアドセンスを表示させる記事と表示させない記事を

分けたかったのが、このプラグインを導入したキッカケだった。

 

 

Googleアドセンスのポリシー規約違反に

「ユーザーに報酬を提供して誘導するコンテンツ」というのがある。

 

違反の内容;
ユーザーに報酬を提供して誘導するコンテンツ: Google のプログラム ポリシーに記載されているとおり、AdSense のお客様がリンクや広告のクリック、メールの購読、他のウェブサイトの閲覧を行ったユーザーに報酬を与えるプログラムに関するコンテンツを含んでいるサイトに Google 広告を掲載することは許可しておりません。これには、オートサーフ サイトや有料購読メール、ユーザーにクリックを促して報酬を支払う各種プログラムやアフィリエイトの比較サイト、情報商材やこれらに誘導しているコンテンツなども含まれます。

 

つまり、ネットビジネス業界?でよくある

情報商材に特典をつけたり、無料オファーのような

 

ユーザーに報酬を渡して誘導するコンテンツが掲載されている

記事にGoogleアドセンス広告を貼り付けてはいけないということ。

 

 

 

このブログは、ツール・商材の紹介をしている記事があるので

そういう記事については、Googleアドセンスを外して

 

そうではない普通の記事については、

Googleアドセンスを表示させたかったからなんだよね。

 

 

 

実は、これが実現できないとずっと思い込んでいて

一時期ずっとGoogleアドセンスを全部外していたんだけど

 

記事ごとにテンプレートを変えるプラグインが

存在していることがわかって「これだ!」って思わず叫んでしまった(笑)

 

 

Googleアドセンスは完全放置型で報酬が手に入るから

やらないのは非常にもったいないんだけど

 

Googleアドセンスの利用規約ポリシーは結構厳しくて

私も何度か広告表示停止をくらっているので、注意しよう。

 

 

 

いかがだったろうか?

 

おそらく、この記事を読んでプラグインの導入まではうまくできるけど

「Single.php」を複製するあたりで、戸惑ってしまうのではないだろうか?

 

 

「???」という人のために、今回の記事について

動画で解説してみたので、是非参考にしていただきたい。

↓ ↓ ↓

 

 

現在、通常ではありえない特典が無料でもらえる

特別キャンペーンを実施中なので、チェックしてみてください。

↓ ↓ ↓

newbanner

ネットビジネスの稼ぎ方を無料でプレゼント中

 

そして、最後にもう一つ

 

この記事を読んでいるあなたも私のように月収を

10万円 → 100万円 → 1,000万円にしたくありませんか?

 

そのために必要なステップについて

こちらの無料メール講座で詳しく解説しています。

↓ ↓ ↓

moromi

※期間限定の無料特典です。

 

完全無料で手に入る今のうちに

忘れずに登録しておきましょう。

 

\ SNSでシェアしよう! /

スポンサーリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ