営業研修では絶対に教えない差別化を図るための商品説明の書き方

営業研修では絶対に教えてくれない

差別化を図るための商品説明を

あなたは書いているだろうか?

 

 

 

仕入れた商品をAmazonへ出品する際に

他の出品者と比較して

 

「つまらない」商品説明を

あなたは書いていないだろうか?

 

 

 

何となく何も考えずに

商品説明を書いているとしたら

 

非常にもったいないので

是非とも記事の続きを読んで頂きたい。

「商品説明」こそが差別化を図るたった一つの武器!

まず

「商品説明」というのは

下の画像に示されているように

 

 

各出品者が商品を説明している

Amazonのページの事である。

list

 

新品商品であれば「商品説明」ではなく

「ショッピングカート」を獲得することに注力すれば良い

 

 

でもね

中古商品の場合はこの「商品説明」が

売り上げに大きく影響するんだよね。

 

 

なぜなら

 

中古品の場合、この「商品説明」以外に

その商品の状態を判断する方法が存在しないからだ。

 

 

そして

商品の価格にあまり差が無い場合

 

 

 

この「商品説明」こそが

あなたの唯一の「武器」だし

差別化を図る「最重要ポイント」なのである。

 

購入者は「ほんの数秒」で買うかどうか判断している

購入者は「あなたの商品説明」を読んで

買うか否かを瞬時に判断している。

 

 

果たしてあなたの「商品説明」は

購入者にとって「魅力的な」文章に

なっているだろうか?

 

 

ちょっとした工夫で

あなたの「利益」が増え「価格競争」を避ける事ができるとしたら

一手間かける「価値」は絶対に存在する。

 

 

そのポイントを

これを読んでくれているあなたのために

実例を挙げながら解説していく。

 

 

今から挙げる4つの例は

全て「ある同一商品(DVD)」の実例である。

 

シンプルイズベストは「商品説明」では絶対にNG!

まず

1つ目の例はこちらだ。

1

 

これは

さすがにヒドいと言わざるを得ない。

 

 

この商品説明をしている出品者は

非常に多くの商品(10000点以上)を出品している

 

 

そのため

 

このようなシンプルな商品説明となっているのだと予想できるが

あなたが購入者だとしたら買いたくなるだろうか?

 

 

 

そもそも

 

商品状態は「良好」というのは

全く具体性がない。

 

 

「良好」というのは

「どう」良好なのか?という説明が全くないから、

購入者は商品状態をイメージすることができないのである。

 

商品をイメージできない「商品説明」は無用の長物

では

2つ目の例はこちらだ。

2

 

これは

いかがだろうか?

 

ポイントは2つ

  • 「ケースに多少の中古感」
  • 「特に目立つダメージは見当たらない」

 

 

まず

「中古感」について

 

 

これも難しい。

 

「どう」中古感があるのだろうか?

  • 色褪せしてるのか?
  • 汚れているのか?
  • キズが入っているのだろうか?

 

これも1つ目の例と同様に

購入者にとって具体的な商品イメージを

想像することができない。

 

そして

「特に目立つダメージは見当たらない」について

 

 

一見何でもないような表現に見える。

 

 

あなたも

このような商品説明をしていないだろうか?

 

 

もし

あなたが購入者だとしたら

「特に目立つダメージは見当たりません」と言われて、どう思うだろうか?

 

 

私なら

「ふーん」で終わってしまう。

 

購入した後のメリットを伝えるとイメージしやすい

これは

非常にもったいない。

 

 

 

何がもったいないかと言うと

 

せっかく商品状態を見てダメージがないことを確認したのにも関わらず

購入者にとって魅力的な文言になっていないからである。

 

 

「目立つダメージ」がないから何なのか?

ほんの少し説明を付け加えるだけでも改善する。

 

 

例えば

「目立つダメージがなく

再生に問題ないことを確認しています」

 

とか

 

「目立つダメージがなく

状態は非常に良いので、絶対にご満足いただける商品です」

 

 

などのような文言が加わるだけで

だいぶ印象が変わる。

 

内容は非常に簡潔で読みやすい。でも・・・

では

3つ目の例はこちらだ。

3

 

いかがだろうか?

 

 

これは非常にシンプルにまとまった

「商品説明」で特段問題ないかのように見えるし

実際かなり良い所までいっている。

 

 

 

この「商品説明」の良いところは

 

「最初に購入者に対するメリット」が

簡潔に記載されているところだ。

  • 通常配送無料
  • 盤面良好
  • 国内正規品
  • ディスク研磨済み
  • 24時間365日発送
  • お急ぎ便対応
  • 在庫切れの心配なし

 

 

どれも非常に魅力的であり

購入者が読んで安心できる文言である。

 

 

このレベルであれば

売れる商品では売れていくし

 

 

 

事実

 

このような「商品説明」をしている

出品者はたくさんいる。

 

 

でもね

「文章が非常に機械的」であることが非常に残念なポイントだし

このような「商品説明」をしている出品者は大勢いるんだよね。

 

 

あなたは

このような「商品説明」をしているライバル出品者を上回ることで

さらなる売上アップを目指して頂きたい。

 

あなたが取引している相手はAmazonではなく「人」

それでは

最後に4つ目の例を紹介する。

5

 

いかがだろうか?

是非とも注目していただきたいポイントは「伝え方」である。

 

 

よくよく見てみると

3つ目と4つ目の例で挙げているメリットは

そこまで変わらない

 

 

でも

 

4つ目の例はさらに加えて

「梱包の方法」「返品保証」「24時間以内の対応」を挙げているし

何より文章から「誠意」が伝わってくる。

 

 

 

そもそも

 

3つ目・4つ目の例ともにAmazon倉庫からの発送なので

「梱包」「発送スピード」「クレーム対応」に差はない。

 

 

さらに

コンディションを見てみると

 

 

3つ目が「非常に良い」で

4つ目の例が「良い」となっていて、値段は全く同じである。

 

 

実際に商品を見る事ができない購入者は

一体どちらの出品者から購入するだろうか?

 

コンディションでは3つ目の出品者の方が上回っているが

4つ目の出品者の方が安心感がないだろうか?

 

購入者は商品ではなく「出品者」を選んでいる

購入者はどの出品者から購入するのが

自分にとってメリットがあるかどうかを

常に判断していることを忘れないでほしい。

 

 

 

しかも

 

その重要な「判断」は、

この商品説明ページを見た「ほんの数秒」で行われている。

 

 

そう

あなたは「その一瞬」で顧客の目にとまる

「魅力的な」商品説明を書くべきだ。

 

 

なぜなら

数ある出品者の中で

「目にとまらない」商品は購入されることはないからである。

 

 

でもね

「商品説明」以外で

購入者の「目にとまる」方法があるんだよね。

 

「価格」で勝負するのは最後。価格競争は本当に無駄

それは

「価格」である。

 

 

確かに

「最安値」を設定することで購入者の「目にとまる」ことができるが

その後は不毛な「価格競争」に身を投じるという覚悟をしておいていただきたい。

 

 

私はこのような単純なポイントで

読者の皆さんの利益が少なくなることが非常に残念だし

無用な「価格競争」は極力避けてほしい。

 

 

なぜなら

「価格競争」は利益を減らすし、

頻繁な「価格調整」は時間の無駄である。

 

 

それでは

一体どのような「商品説明」を書いたら良いのか?

 

 

絶対に購入者の目に止まる魅力的な「商品説明」を書くための

7つのポイントをこちらにまとめたので、是非参考にしてほしい。

↓ ↓ ↓

Amazon商品説明の書き方が魅力的になる7つのコツとポイント

 

 

そして、最後にもう一つ

 

この記事を読んでいるあなたも私のように月収を

10万円 → 100万円 → 1,000万円にしたくありませんか?

 

そのために必要なステップについて

こちらの無料メール講座で詳しく解説しています。

↓ ↓ ↓

moromi

※期間限定の無料特典です。

 

完全無料で手に入る今のうちに

忘れずに登録しておきましょう。

 

現在、通常ではありえない特典が無料でもらえる

特別キャンペーンを実施中なので、チェックしてみてください。

↓ ↓ ↓

newbanner

ネットビジネスの稼ぎ方を無料でプレゼント中

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ