DMM mobile 格安SIMカード データ通信のみ月額660円 MVNO

スポンサーリンク

DMM mobileが格安SIMカードを始めたんだよね。

しかも、データ通信のみなら月額660円だからスゴイ!

 

 

 

私さといもは今までずっとiPhone6のSIMフリー端末を使っていたんだけど

実はつい最近アンドロイド端末に乗り換えたんだよね。

 

 

なんでかっていうと、理由は3つ。

  1. iPhone6のSIMフリー端末が定価超えで売れるから
  2. iPhone6の画面が大き過ぎて自分の手だと扱いにくい
  3. Xperia Z3 compact SO-02Gが安くて性能が良いから

 

 

というわけで、私さといもが購入したアンドロイド端末

Xperia Z3 compact SO-02Gはこちら。

 

 

色は珍しくオレンジを選んだんだけど、

個人的には白の方が好きなんだよね。

 

 

上の画像のリンクからAmazonに飛べるけど

 

Xperia Z3 compact SO-02Gの本体価格は

4万円以内で購入可能だ。 

 

 

ちなみに、iPhone6のSIMフリー端末は

アップルストアで73,000円で購入した。

 

 

今現在、アップルストアでiPhone6のSIMフリー端末が

販売停止されているから、入手困難だから定価超えになっていて

 

ヤフオクで84,000円ぐらいで売却することができた。

 

 

機能的には

iPhone6でも全然快適だったんだけど

 

やっぱり何と言っても画面が大き過ぎて

片手で扱いにくかったんだよね〜。

 

 

片手で持っているとツルって滑って落ちそうなことがあるし

これでiPhone6 Plusの人とかってどうするんだろ?

 

って、いっつも思っていたんだよね。

 

 

でもね、このXperia Z3 compact SO-02Gの大きさは

本当にジャストフィットのサイズで、しかも落としにくい。

 

 

厚さはほんの少しだけiPhone6よりも厚いんだけど

全然気にならないし、むしろ角があるから持ちやすい。

 

 

そして、液晶画面のサイズはほとんど変わらないのに

本体の縦の長さは短くてポケットにちょうど収まるんだよね。

 

 

これが、iPhone6だと縦長だから胸ポケットに入れると

頭の部分がちょこっと飛び出るし、ズボンのポケットに入れても

 

長すぎるから座った時とかに曲がるんじゃないかと思うことがある。

 

 

そして、今回はSIMカードも変えてみたんだよね。

 

iPhone6の時はOCNの月額980円の格安MVNOだったんだけど

つい最近、DMM mobileから月額660円っていう最安のSIMが出た。

 

 

月額660円って本当にヤバいぐらい安いし、

月1GBまでなんだけど、制限を使い切っても低速回線が使える。

 

 

しかも、DMM mobileのデータSIMは低速通信状態でも

 

バースト機能があるので、最初のアクセス時は瞬間的に

高速回線でデータを取ってきてくれるから、他のMVNOよりも快適。

 

 

もちろん、テザリングもできるし

もし音声通話回線も付けたかったら月額1,460円でOKなんだよね。

 

 

通話も付属して月額1,460円って

 

業界最安値だし、Docomoの回線を使っているから

速度的にも全然問題ないから、使わないと本当に損だよ。

 

 

通話なんて基本的には使わないし、通話したかったらLINEとか

スカイプで十分だしね。しかも、データ通信だって動画を携帯で

ガンガン見るわけでもないし、メール・LINE程度なら1GBで問題ない。

 

 

いつまでもキャリアにバカ高い月額料金を払っていても

本当にお金の無駄だよね

 

普通に計算すると端末代が4万円で、格安SIMをこのDMM mobile

1GB/月の月額660円で運用すると、2年(24ヶ月)で総額約57,000円。

 

つまり、1ヶ月にすると2,379円になる。

 

 

1ヶ月あたり2,400円で携帯が使える時代になったんだよね。

今すぐ自分の携帯電話料金の明細を見てみてほしい。

 

 

しかも、白ロム(一括購入済み端末)だから

 

煩わしい2年縛りもないし、携帯を変えたくなったら

いつでも変えられるし、その時は端末を売却できるからね。

 

 

そう考えたら、1ヶ月あたり2,400円以下だし

 

もし2年以上使ったら、2年を超えたら端末代金は無くなるから

2年経過したら、本当に月660円しかかからない。

 

 

これだけ安ければ本当に文句ないよね。

 

私さといもも昨日申し込んだDMM mobileの格安SIMカードは

下の馬鹿でかいリンクから購入することができるので、今すぐチェックだ。

↓ ↓ ↓

 

 

本当にびっくりするぐらい安いから

覚悟しておいてね(笑)

 

 

あっ、ちなみにクレジットカードで一番還元率が高いカードは

現状では2%のリクルートカードプラスなんだよね。

 

 

この超高還元率を維持しているリクルートカードプラスも

 

つい先日申し込んだばかりなので、クレジットカードについて

お得な情報が欲しい人は、下の記事を是非ともチェックしてほしい。

↓ ↓ ↓

リクルートカードプラスの還元率2.0%でせどり効率アップ

 

 

「1円も使う事無く作業なしで1億円を稼がせる」

 

この言葉を聞いてあなたは

どういう印象を受けますか?

 

 

恐らく

 

「胡散臭い」

 

 

 

というのが本音では無いでしょうか?

 

 

今、インターネットビジネス業界には

まるで詐欺のような胡散臭い情報が渦巻いています。

 

・3クリックで億万長者になれる

・コピペだけで月収100万になれる

・1日5分の作業で1000万を稼げる

 

 

 

こうした詐欺の臭いがプンプンする情報は

毎日のようにメルマガで届きます。

 

 

しかし、

 

その中で本物の情報というのは

恐らく1%程度に過ぎないでしょう。

 

つまりは99%は詐欺に近い

実際には稼げない情報だという事なのです。

 

 

 

ですが今回のあなたに紹介する

 

手法というのはそうした詐欺的な

ノウハウとは全く違います。

 

 

つまり1%の本物なのです。

 

 

 

何故ならばこの手法は

 

“本物の方”

 

 

が作り上げたノウハウだからです。

 

世界初の6000兆円市場を独占する完全不労所得ビジネス
(期間・人数限定での公開になります)

 

 

 

このノウハウを公開してる

泉忠司さんという方は

 

「1年で40億を稼いだ」

 

 

 

インターネットビジネス業界では

世界一の実績を持っている方です。

 

 

 

また、それだけでは無く

 

「3ヶ月で20億を塾生に稼がせた」

 

 

 

という実績のある教育者としても

ナンバーワンの実績のある方です。

 

 

 

この泉忠司さんが今回

 

1円も使う事無く1億円以上の

金額を稼ぐノウハウを公開されました。

 

世界初の6000兆円市場を独占する完全不労所得ビジネス
(期間・人数限定での公開になります)

 

 

 

しかも今回のノウハウは

 

「1秒も作業をする必要が無い」

 

 

 

 

という事です。

 

 

つまりあなたは一切何も作業をする事無く

リスクなしで1億円以上のお金を稼ぐ事が出来るのです。

 

 

 

私自身これほど優れたノウハウを実践した事

どころか見たことすらありません。

 

 

恐らくあなたも同じではないでしょうか。

 

 

泉忠司さん曰く

 

「今が億万長者になれる最後のチャンス」

 

 

との事です。

 

 

 

 

ですのでもしあなたが

 

「どうしても2017年に億万長者になりたい」

 

 

 

と思っているのであれば

 

是非この手法を実践してみる事を

強くオススメ致します。

 

世界初の6000兆円市場を独占する完全不労所得ビジネス
(期間・人数限定での公開になります)

 

 

ご自身が1年で40億を稼がれ

 

そして生徒にわずか3ヶ月で

20億を稼がせた本物のノウハウを

手に入れる事が出来るはずです。

 

 

 

2017年こそ新たな一歩を

踏み出してそして人生を変えていきましょう。

 

世界初の6000兆円市場を独占する完全不労所得ビジネス
(期間・人数限定での公開になります)

 

※PS

泉忠司さんという方はビジネスの分野で

ご活躍されているだけでは無く

 

 

作家や大学の教員など非常に幅広い分野で

活躍されている方です。

 

 

また、国際貢献をされた事で皇室から

 

「東久邇宮文化褒賞」

 

 

という賞を授与された

国内外でもご活躍されている方です。

 

 

このように社会的にも非常に信頼がある方ですので

是非今回の手法を泉さんから学んでみて下さい。

 

世界初の6000兆円市場を独占する完全不労所得ビジネス
(期間・人数限定での公開になります)

 

\ SNSでシェアしよう! /

スポンサーリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ