子供の視力回復トレーニング【1日たったの5分で効果】

子供の視力回復トレーニング【1日たったの5分の効果】

eyetre

 

「遠くの物にピントが合わなくなるだけ」

 

 

あなたは「近視」について

正しい理解をしているだろうか?

 

 

「近視」というのは

近い物にしか目のピントが合わなくなり

 

遠い物に対して焦点を合わせられない状態。

 

 

そして、近くのものを見る状態というのは

 

眼球の毛様体筋というピント合わせに必要な筋肉を使って

水晶体というレンズを厚くしてピントを合わせている状況。

 

 

一言で言ってしまうと

「眼の筋力が凝り固まっている状態」

 

 

肩凝りのようなイメージをしてもらうと

ご理解いただきやすいんだけど

 

筋肉が固まってしまうと

柔軟に動かすことができなくなっている。

 

 

 

つまり「近視」の状態っていうのは

近い物を長時間見続けていたりしていて

 

視力をコントロールする筋肉が固まってしまって

 

 

自分の力では遠い物にピントを合わせることが

難しくなってしまった状態なんだよね。

 

 

 

だから、視力については

「遺伝」とか言われているけど

 

もちろん、そもそも毛様体筋が弱い人だと

遺伝の可能性は非常に高い。

 

 

 

ただ、そうではなくて後天的

 

子供の頃は普通に裸眼で視力が良かったのに

大人になるにつれて視力が下がった場合は

 

 

子供のうちにちゃんと視力回復トレーニングをすれば

視力を回復させることが可能な場合が多い。

 

 

 

そもそも、子供の時に視力が悪くなる原因は

いろいろとあるけど、なんだかんだ言っても

 

パソコン・スマホなどの電子機器を長時間

至近距離で見続けていたりするのが主な要因。

 

 

 

子供の近視になる要因の主なポイントは

近い距離にある物を長時間、見続けていること。

 

 

毛様体筋という筋肉が近い物にピントを

合わせ続けることで、遠い物にピントが

 

合わせることができなくなってしまった状態が近視。

 

 

 

だから、子供のうちに視力回復トレーニング

 

つまり、ピントを合わせる筋力トレーニングを

実践しておけば、視力は回復する可能性が非常に高い。

 

 

 

というわけで、視力回復トレーニングというのは

 

眼の毛様体筋を柔軟に動かす訓練をすることで

視力回復の効果を引き出す方法だ。

 

 

 

だから、視力回復は眼科でいくら薬をもらっても

現在の技術では不可能なんだよね。

 

 

理由は先ほどお伝えした通り

眼の筋力トレーニングをしないとダメだから。

 

 

最近では、この視力回復トレーニングが

だいぶ普及してきていて

 

自宅でも簡単に視力回復トレーニングができるような

テキスト・DVDが販売されている。

 

 

 

しかも、ひと昔前の視力回復トレーニングは

ひたすら眼球運動をするのが主流だったので

 

子供の場合は続けるのがとっても難しかった。

 

 

でもね、先ほどもお伝えした通り

視力回復には眼の筋力トレーニングが

 

どうしても必要になるので

子供と言えども、継続しないと効果はでない。

 

 

 

1日や2日で筋肉がつくわけがないのと同じで

視力回復トレーニングも、効果を出すためには

 

ある程度の継続的なトレーニングが必須となる。

 

 

 

大人でも毎日続けるのが難しいのに

子供だとなおさら難しいと感じる人が多いけど

 

 

最近では、ゲーム感覚で視力回復トレーニングを

実践できる教材があるので

 

子供でも無理なく続けられるし

しかも、1日たった5分で効果が出ることが実証されている。

 

 

 

子供の視力回復トレーニングについて

 

非常に効果があると評判のテキストについて

こちらで詳しく書かれているので、チェックしよう。

↓ ↓ ↓

eyesmile

視力回復アイスマイル1.0の効果について

 

 

 

現在、通常ではありえない特典が無料でもらえる

特別キャンペーンを実施中なので、チェックしてみてください。

↓ ↓ ↓

newbanner

ネットビジネスの稼ぎ方を無料でプレゼント中

 

そして、最後にもう一つ

 

この記事を読んでいるあなたも私のように月収を

10万円 → 100万円 → 1,000万円にしたくありませんか?

 

そのために必要なステップについて

こちらの無料メール講座で詳しく解説しています。

↓ ↓ ↓

moromi

※期間限定の無料特典です。

 

完全無料で手に入る今のうちに

忘れずに登録しておきましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ