FBA納品先を固定・解除する方法【Amazon倉庫を固定化】

FBA納品先を固定・解除する方法【Amazon倉庫を固定化】

FBA-Truck

 

「FBA納品先を固定化する方法」

 

 

Amazonでの販売に慣れてくると

FBAを利用することが多くなり

 

FBAを利用することが多くなると

Amazon倉庫への納品回数が増えてくる。

 

 

 

そのFBA納品(Amazon倉庫への商品発送)が

多くなればなるほど、Amazon倉庫への送料が

 

気になるし、FBA納品先を固定していないと

 

 

 

毎回、どこの倉庫が納品先に指定されるかが

決まっていないので、いつもは小田原FCだったのに

 

いきなり千葉県の市川FCになったり

堺FCになることがある。

 

 

 

これは商品ごとの在庫状況によって

 

Amazonにとって最適な納品先倉庫を

機械的に決めているから。

 

 

 

要するに日本全国になるべく早く

発送するために、商品ごとの在庫状況に合わせて

 

不足している倉庫に優先的に割り当てている。

 

 

現時点での小型・大型・ファッション商品についての

納品先FC一覧はこちら。

 

fclist

 

 

ただ、関東圏にお住いの方がFBA納品する際に

鳥栖FCなどに納品先を指定されると

 

送料がそれなりにかかるので

可能であれば、納品先をこちらから指定したい。

 

 

 

 

ということで、できたサービスが

FBA納品先固定化サービス。

 

これは少額の手数料を支払うことで

納品先のAmazon倉庫を固定することができる。

 

 

 

ちなみに、FBA納品先を固定化するための

利用手数料一覧はこちら。

 

fbakoteifee

 

 

1商品あたり10円もかからないので

 

同一県内にAmazon倉庫がある場合や

北海道・沖縄のようなところからFBA納品する場合は

 

 

積極的にこのAmazon倉庫の固定化サービスを

利用してみていただきたい。

 

 

 

FBA納品先を固定する方法は、こちらの

申請フォーマットに必要事項を記入すればOKだ。

↓ ↓ ↓

Amazon FBA納品先固定申請フォーム

 

 

 

申請すると2週間以内にAmazonから

設定完了のお知らせが来る。

 

 

 

ちなみに、FBAマルチチャネルサービスの

ダンボール無地化申請をしていたりすると

 

今回のFBA納品先固定設定の方が強く、無地化対応していない

倉庫を選択するとダンボール無地化が解除されるので注意だ。

 

 

 

 

あと、FBA納品を外注化するときなども

外注スタッフの混乱を避けるために

 

納品先のAmazon倉庫を固定化しておくと良いので

是非、有効活用してみてほしい。

 

 

 

あっ、ちなみに先ほど少しお話した

FBAマルチチャネルサービスのダンボール無地化は

 

現在では、結果としてFBA納品先が

固定化することができるのをご存知かな?

 

 

 

FBAマルチチャネルサービスのダンボールを

無地にすることによって、FBAの納品先を

 

実質無料で固定化することが可能なので

興味がある人はこちらの記事を参考に申請してみよう。

↓ ↓ ↓

FBAマルチチャネルサービスのダンボール無地化申請

 

 

 

現在、通常ではありえない特典が無料でもらえる

特別キャンペーンを実施中なので、チェックしてみてください。

↓ ↓ ↓

newbanner

ネットビジネスの稼ぎ方を無料でプレゼント中

 

そして、最後にもう一つ

 

この記事を読んでいるあなたも私のように月収を

10万円 → 100万円 → 1,000万円にしたくありませんか?

 

そのために必要なステップについて

こちらの無料メール講座で詳しく解説しています。

↓ ↓ ↓

moromi

※期間限定の無料特典です。

 

完全無料で手に入る今のうちに

忘れずに登録しておきましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ