住宅ローン繰り上げ返済ブログ【5年で2000万円返済した方法】

スポンサーリンク

住宅ローンの繰り上げ返済方法について

私さといもは、5年で2000万円を繰上げ返済した。

 

 

下の画像は、私さといもの住宅ローン情報なんだけど

当初借入額と現在残高(2015年1月)の金額差を確認していただきたい。

 

hensai

 

 

上の画像からもわかるんだけど、2010年3月に

35年の住宅ローンを組んで、新築マンションを購入した。

 

 

その頃は、5年後である2015年の現時点で

仕事をしていない時期があるとは想像もしていなかった。

 

 

マンションを購入した2010年3月の段階では

 

普通にこれからも会社員をして、普通に給料をもらって

普通に住宅ローンを35年かけて返済するって思っていた。

 

 

これが、普通の会社員だと考えていたし

9割の人が、ほとんどの人がこういう人生なんだと考えていた。

 

 

でもね、35年の住宅ローンを組んでみて

初めて住宅ローンの利息の多さに驚いた。

 

 

 

35年ローンを組んだのに一番上の画像で「最終返済期日」が

2036年になっているのは繰上げ返済をしたからなんだよね。

 

 

私さといもが2010年3月の時点で組んだ

住宅ローンの金額は、なんと驚きの3480万円。

 

 

新築マンションを購入した2010年3月当時は

貯金が200万円しかなかったから

 

 

3600万円のマンションを購入するために、頭金プラス諸経費で

貯金の200万を使って、残りの3480万円を住宅ローンにした。

 

 

2010年3月の時点でも、住宅ローンは低金利だ!

今が買い時だ!って世間一般で言われていて

 

その波に乗ってしまって、その当時の変動金利は0.875%だった。

 

 

それが2015年となった今では、もっと低い金利の住宅ローンがあって

 

最近流行りのイオン銀行では0.570%だし、新規購入かつ自己資金が

以上用意できれば、変動金利0.539%のソニー銀行もある。

 

 

その当時は今が買い時!って思っていても

 

こうやって時間が経過すると金利がまだまだ想像もしないレベルまで

下がったりするんだから、本当に未来は予測できないよね。

 

 

アベノミクスで金利が上がる上がると言われてはいるんだけど

 

まだ上がらないし、さすがにここまで下がると金利の底のような

気もするし、住宅ローン減税も2017年以降はどうなるかわからない

 

 

住宅ローン控除・減税は組んでいる住宅ローンの金額の1%を

所得税・住民税から控除してくれるありがたい制度なんだけども

 

今のところは平成29年(2017年)以降も継続するかどうかは決まっていない。

 

 

1%って一言でいっても3000万円だったら30万円も税金を

減税・控除してくれるんだから、本当にありがたいよね。

 

 

これだけ変動金利が0.570%とか0.539%のように少なくなってくると

 

繰り上げ返済せずに住宅ローン減税を受けてから返済した方が

安くなるというシミュレーションもある。

 

 

ただ、自分はこのスタイルはどうにも合わないから

 

余剰資金ができたらすぐに繰り上げ返済をするっていう

スタイルをとっている。

 

 

理由は簡単

 

お金が余っているとすぐに違う趣味とか旅行とかに

使ってしまうから。

 

 

今月余裕あるなー。

あ!あの家電、前からほしかったから買っちゃおう!とか

 

今月余裕だから美味しいものでも食べに行こう!とかね。

 

 

という感じで無駄ではないんだけど、

 

お金を使ってしまう癖があるから、使う前に繰上げ返済しよう!

って決意して、毎月余った金額が少なくても繰り上げ返済している。

 

 

もちろん昔の子供時代に親が自分名義で貯めておいてくれた

定期預金とかがあったから、ここまで繰り上げ返済することが

 

できたんだけども、金利って本当に恐ろしいね。

 

 

下の画像は、返済額の内訳で

 

月の返済額は63,200円なんだけど、そのうち10,607円は

利息で銀行に回収されているっていう事実に本当にビックリした。

 

hyou

 

 

私さといもはSBIネット銀行で住宅ローンを組んでいて

繰り上げ返済がネットでできるし、繰上げ返済手数料も無料なので

 

余裕ができたらすぐに繰り上げ返済をするようにしている。

 

 

ちなみに、繰上げ返済方法には「期間短縮型」と「返済額軽減型」の

 

2種類があるんだけど、トータルの返済額が減りが大きいのは

「期間短縮型」なので、私は「期間短縮型」を毎回選択している。

 

 

35年ローンだったので、最初は2045年まで住宅ローンが

組まれていたんだけど、現在ではようやく2036年までになった。

 

 

とはいっても、まだあと20年もあるのが本当に苦痛だし

 

精神衛生的によろしくないので、これからもこの期間を短縮するべく

繰り上げ返済を続けていきたいと考えている。

 

 

しかも、マンションだと住宅ローンの返済だけじゃなくて

マンションの管理費とか修繕積立とかの経費がさらに数万かかるから

 

本当に家計がキツイのなんのって、借金なんてするもんじゃない。

 

 

今までは結構、節約を重視していて

 

無駄なお金を減らすことばかりを考えていたんだけど

節約っていくら頑張っても限界があるんだよね・・・

 

 

ちなみに、私さといもが工夫していた節約方法は

 

  • 電気の契約アンペア数を20Aに減らしたり
  • 床屋には行かずに奥さんに切ってもらったり
  • スーパーでお肉とかを買うときは必ず一番安いやつを選んだり
  • 最も還元率が良いクレジットカードを厳選したり
  • 携帯電話・新聞を契約しなかったり
  • 会社の飲み会には全力で行かない努力をしたり

 

 

とかとか、挙げればキリがないんだけど

 

どんなに頑張って節約しても、結局すぐに限界があって

いくら努力しても生活が楽にならなかったんだよね・・・

 

  

35年の住宅ローンを2010年3月に組んだんだけど

 

今の繰り上げ返済についても目標は、

この3480万円の住宅ローンを15年(2025年)で完済すること。

 

 

もし、この記事を読んでいるあなたが

住宅ローンを組んでいるとしたら

 

こちらのサイトで住宅ローンの見直し比較が

できるので、一度チェックしてみよう。

↓ ↓ ↓

 

 

 

上記サイトには私が使っていた超金利の銀行も

無料での比較対象に入っているので、

 

金利が違うとどれだけ返済金額が変わるかを

しっかりと把握して起きましょう。

 

 

 

<2015年9月4日追記>

この記事を書いてから約8ヶ月が経過したんだけど

 

なんと、あれから住宅ローンをさらに700万円繰り上げ返済して

残り740万円まで減らした記事を書いたので、参考にしてほしい。

↓ ↓ ↓

住宅ローン繰り上げ返済の手数料が無料【8ヶ月で700万円返済】

 

 

現在、通常ではありえない特典が無料でもらえる

特別キャンペーンを実施中なので、チェックしてみてください。

↓ ↓ ↓

newbanner

ネットビジネスの稼ぎ方を無料でプレゼント中

 

そして、最後にもう一つ

 

この記事を読んでいるあなたも私のように月収を

10万円 → 100万円 → 1,000万円にしたくありませんか?

 

そのために必要なステップについて

こちらの無料メール講座で詳しく解説しています。

↓ ↓ ↓

moromi

※期間限定の無料特典です。

 

完全無料で手に入る今のうちに

忘れずに登録しておきましょう。

スポンサーリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ