家電せどり・転売における保証書・購入証明書・納品書の扱い

家電せどり・転売時におけるメーカー保証書・購入証明書・納品書の

扱いについて、この記事で解説する。

 

 

まず最初に、家電せどり・転売を実践していると

 

商品にそもそも付属しているメーカー保証書と

仕入れ時にもらえる購入証明書をどうするか悩む人が多い。

 

 

そして、メーカー保証書については

 

店舗で仕入れ・購入した時に店舗のハンコを押すお店が

あったりして、ハンコ押されたらどうしたらよいの?

 

 

と、お悩みの人が本当に多いし

事実、私さといもに問い合わせをいただくケースが多い。

 

 

というわけで

順番に解説していきます。

 

 

メーカー保証書(ハンコを押されたら購入日を明記)

まず、商品に付属しているメーカー保証書については

 

店舗でハンコを押されたとしても、押されなかったとしても

とにかく、商品に必ず同梱していただきたい。

 

 

メーカー保証書は購入日から1年というような期限がありますが

店舗でハンコがおされなければ、実質無期限?ですし

 

購入者にとっては大事な保証書なので、確実に同梱してほしい。

 

 

そして、もし店舗で「購入日」を証明するためのハンコを

押されてしまった場合は、商品を出品する際の商品説明に

 

「◯月◯日から1年の保証書付き」というように

必ず保証期間を記載する必要がある。

 

 

保証書にハンコが押されてしまっても

せどり・転売をやっている人は焦らずに対応しよう。

 

 

商品説明にちゃんと書けば、無用なトラブルを避けることが

できるので、ハンコを押されたら商品説明と覚えておいてほしい。

 

 

購入証明書は自宅で保管

次に、店舗で購入した時に「購入証明書」という物を

店舗が発行してくれる場合がある。

 

 

これは、この商品はこの店舗で購入されたものですよ

ということを証明するモノなんだよね。

 

 

結論から言ってしまうと

この「購入証明書」は自宅に保管でOK。

 

 

ぶっちゃけ、捨ててしまってもいいんだけど

念のため、自宅で保管しておいた方が良い理由としては

 

せどり・転売して、誰か他の人に販売した後に

返品・返送されて、自分の手元に戻ってきた時に必要だから。

 

 

 

新品商品が不具合になった時って、購入者自身でメーカーに

問い合わせしてもらって、対応いただくのが一番なんだけど

 

Amazonは返品・返金を基本的には全部受け付けているから

不具合があると、Amazonに返品・返送してしまうことが多い。

 

 

 

だから、FBA出品していると思わぬ返品・返送をくらって

販売不可状態になって倉庫に戻されてしまうことがあるんだよね><

 

 

そういう場合に、一度自分の元に商品を送って

メーカー保証を使って直す時用に、この購入証明書が必要になる。

 

 

 

販売数が少ない時はなかなかそんな機会は滅多にないので

 

購入証明書は捨ててしまっても良いんだけど、販売商品数が

数百とか千を超えてくると、どうしても不良品が出てくるんだよね。

 

 

だから、購入証明書は念のため自宅に保管しておいて

ある程度、時間が経過したら捨てるようにしよう。

 

 

ちなみに、せどり・転売して実際のお客さんに商品を送ったら

そのお客さんの購入証明書はどうするのか?

 

という疑問については、FBAで販売したらAmazonが同梱する

納品書が購入証明書に該当するので、全く問題ない。

 

 

自己発送出品だったら、自分で納品書を印刷して同梱することを

忘れないようにしていただきたい。

 

 

 

あっ、ちなみに

FBA出品していたときに、返品・返金された時の理由を確認する方法について

動画で解説したので、是非とも参考にしていただきたい。

↓ ↓ ↓

 

 

上の動画は、FBA出品だからAmazonが手続きをやってくれるんだけど

自己発送出品の時は、自分で返金対応をする必要ある。

 

自己発送出品の商品における、返金・返品対応については

こちらの記事に手順を説明したので、是非とも参考にしてほしい。

↓ ↓ ↓

自己発送商品が返品・返金された時のAmazon出品者手続き方法

 

 

 

現在、通常ではありえない特典が無料でもらえる

特別キャンペーンを実施中なので、チェックしてみてください。

↓ ↓ ↓

newbanner

ネットビジネスの稼ぎ方を無料でプレゼント中

 

そして、最後にもう一つ

 

この記事を読んでいるあなたも私のように月収を

10万円 → 100万円 → 1,000万円にしたくありませんか?

 

そのために必要なステップについて

こちらの無料メール講座で詳しく解説しています。

↓ ↓ ↓

moromi

※期間限定の無料特典です。

 

完全無料で手に入る今のうちに

忘れずに登録しておきましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ