探し物が見つからないイライラ【発想の転換でサーチ範囲を絞る】

探し物が見つからないイライラを

体験したことは誰にでもあるはずだ。

 

 

 

 

確かあの辺にあったはずなんだけど

 

とか

 

このあたりに置いておいたはずなんだけど・・・

 

のように、自分の記憶と現在の状況が異なっていて

イライラしてしまったことはないだろうか?

 

 

 

 

せどり初心者の時って全然経験がないから

手あたり次第にサーチをかけるしかないんだけど

なかなか、利益が出る商品が見つからずにイライラすると思う。

 

 

 

事実、私さといもが超初心者の時に

 

ブックオフの棚にあるDVDを片っ端からサーチしてみて

全然利益が出る商品が無かったときは相当イライラしたし

 

 

想像していたのと現実のギャップにイライラして

この感覚が、探し物が見つからないときのイライラに

スゴイ似ているような気がしたんだよね。

 

 

 

 

 

ネットでいろいろと調べてみると

 

「ブックオフで大量に仕入れちゃいました!」とか

「1時間の仕入れで3万の利益です!」とか、よくあるんだけど

 

 

 

 

自分が1時間サーチしても何にも見つからないし

2時間かけてもようやく数百円の利益とかだったりで

自分が探している物が全然見つからなくてイライラする。

 

 

 

 

そしてイライラするというより

焦りやガッカリ感の方が強くなってくる。

 

 

 

 

これはせどり初心者がほぼ確実に通る道だと思うし

いきなりお宝に出会えている人は運が良いと思ってほしい。

 

 

 

 

こういう時は少し発想の転換をしてみることを

私さといもはおススメする。

 

 

 

おそらく

 

せどり初心者の人は「探せばお宝がある」って

思い込んでいるはずだ。

 

 

 

 

ただ、お宝があることは確実だと思っていても

 

お宝がどこにあるのか、どのへんにありそうなのかが

全く見当もつかないから、適当に探し始めてしまうんだよね。

 

 

 

そうするとなかなかお宝に出会うことができずに

モチベーションが一気に下がって

お宝を見つけることができずにサーチするのを止めてしまう。

 

 

 

 

 

こういう時には、発想の転換を利用して、

「基本的にお宝はない」と考えてみよう。

 

 

 

 

そんなに店舗も安売りはしないし

Amazonの値段チェックはしているはずだ。

 

 

 

だから逆に、発想を転換させて

 

「基本的に」利益が出る商品なんて

存在してないって考えてみる。

 

 

 

 

 

そうすると

 

サーチする場所なんてないじゃん

って思うかもしれないけど

 

 

 

 

例外的にAmazonより安く売ってそうな場所だけに

しぼってサーチしてみてほしい。

 

 

 

 

例えば

処分品コーナーや展示品コーナーだ。

 

 

 

 

あとは特価品ワゴンや

セール品にしぼってサーチする。

 

 

 

なぜなら

 

サーチする範囲を限定することで

圧倒的に利益が出る商品に遭遇する確率が上がるから

 

 

 

 

 

そして

 

定価から割り引かれている商品の中でも

半額ぐらいになっている商品が最も狙い目だ

 

 

 

 

セール品も手あたり次第ではなく、

40~50%引きぐらいになっている商品に対象をしぼることで

無駄なサーチがなくなるんだよね。

 

 

 

 

まとめると

 

下手に手あたり次第にサーチするのではなく、

サーチしても無駄な領域は無視して、可能性がありそうな

特価品・セール品・展示品・処分品コーナーに限定してサーチしてみよう。

 

 

 

発想の転換をして、サーチしても無駄な部分をあらかじめ決めて

サーチする意味がありそうな部分にサーチ範囲を限定することで

時間と労力を大きく節約できるんだよね。

 

 

 

あっ、ちなみに

 

商品陳列棚からせどり可能な商品を効率良く見つける方法について

こちらの記事でもまとめたので、是非とも参考にしていただきたい。

↓ ↓ ↓

せどり可能な商品を効率良く見つける方法【商品値札と割引率】

 

 

 

現在、通常ではありえない特典が無料でもらえる

特別キャンペーンを実施中なので、チェックしてみてください。

↓ ↓ ↓

newbanner

ネットビジネスの稼ぎ方を無料でプレゼント中

 

そして、最後にもう一つ

 

この記事を読んでいるあなたも私のように月収を

10万円 → 100万円 → 1,000万円にしたくありませんか?

 

そのために必要なステップについて

こちらの無料メール講座で詳しく解説しています。

↓ ↓ ↓

moromi

※期間限定の無料特典です。

 

完全無料で手に入る今のうちに

忘れずに登録しておきましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ