カルテルとは簡単に言うと独占禁止法違反【価格競争の自由は?】

スポンサーリンク

カルテルとは簡単に説明すると独占禁止法に抵触する(違反する)

可能性があるんだけど、価格競争の自由についてご存知だろうか?

 

 

実は、今日いきなり電話がかかってきた。

これから謎の人物とのやりとりを簡単に公開します。

 

謎の人物「もしもし、◯◯さんですか?」

さといも「はぁ、そうですけど」

 

 

ここ数日知らない携帯からずっと毎日にようにかかってきていて

ずーっと無視し続けていたんだけど、さすがにしつこいので出てみた。

 

 

謎の人物「Amazonで◯◯◯◯を出品されていますよね?」

さといも「◯◯◯◯ですか? あぁ、確かに出品してますが、何か?」

 

 

このやりとりをした瞬間にAmazonの商品についての問い合わせか?

 

と思ったし、確かにAmazonで電話番号と住所を公開しているから

問い合わせは来る可能性はあると思っていたけど、初めてのことだった。

 

 

そう、この瞬間はてっきりお客さんだと思って

簡単に態度を変えたんだけど、要件は全然違ったんだよね・・・

 

 

謎の人物「◯◯◯◯を 2,798円で販売されてますよね?」

さといも「はぁ、確かにその価格で出品してますが、何か?」

 

 

謎の人物「実はこの値段のせいでクレームがたくさんきてるんですよ」

さといも「え!?クレームですか?」

 

 

 

この時、

 

私さといもが設定している値段でクレームを誰かが受けているって

一体どういうことなの!?って思った。

 

 

謎の人物「いやー、安すぎるんですよね・・・その値段」

さといも「は?どういうことですか?」

 

 

謎の人物「実は今、この商品は一律3,400円で販売をお願いしています」

さといも「はぁ・・・」

 

 

謎の人物「あなたの価格を見たお客さんが価格交渉してくるんですよ」

さといも「あぁ、そういうことですか・・・」

 

 

ここで、全てを悟ったんだけど

 

簡単に言うと、家電量販店などで他店徹底対抗!みたいなポップがあって

この◯◯◯◯という商品について、Amazonの方が安い!安くして!

 

って言ってくるお客さんが多くて、販売店の人がメーカーに文句を言ったらしい。

 

 

おそらくここで考えられるのは、この◯◯◯◯という商品は卸値が

結構高くて2,798円で販売しても利益がでない感じなんだと想像できる。

 

 

というわけで、私さといもはこの◯◯◯◯はまだ10個ぐらい

在庫があったので、ここで意地をはるのは得策ではないと判断して

 

一旦、3,400円での販売をすると言って電話を切った。

 

 

確かに他の出品者を見ると全員一律3,400円に

いつの間にか変更されていて、全員電話をうけたのかと・・・

 

というわけで、これってカルテルじゃない!?

って思ったんだよね。

 

 

そう、カルテルとは同業者の人同士が

示し合わせて、同じ値段を設定したり、価格を釣り上げたりすること。

 

 

もちろん、これは独占禁止法違反になり得るし

価格競争の自由に反しているよね・・・

 

 

でも、このカルテルとは

似たようなことを携帯電話業界だってやってるよね?

 

 

ソフトバンク・au・docomoの3社で絶対に価格を合わせているし

どこかが勝手に値段を下げないようにしている。

 

 

この携帯電話業界のカルテルもついやっと最近になって

格安MVNOの登場で、市場独占にメスを入れ始めたところだよね。

 

 

今回の電話を受けて、カルテルとは意外に身近だって感じたし

実際にカルテルってあることは知っていたけど

 

 

まさか自分のところにも価格を合わせてくださいっていう要望が

来るなんて思ってもいなかったんだよね。

 

 

しかも、その謎の人物から「どこで仕入れたんですか?」って

聞かれたけど「それはちょっと簡単には教えられません」と

 

回答は断ったんだよね。

 

 

実は、近所の店が改装セールをやっていて

投げ売りされていたんで、買い占めただけなんだけどね。

 

 

独占禁止法に違反するのは怖いんだけど

 

Amazonで住所・氏名・電話番号を公開しているので

簡単に逆らうのは正直危険だと判断した。

 

 

とりあえず、利益も増えるし

 

全員が3,400円にそろえてくれるなら

ショッピングカート取れるから、とりあえず様子を見ることに。

 

 

最後に簡単にまとめると

 

カルテルとは同業者が示し合わせて

価格を調整したりすること。

 

 

あっ、ちなみに

携帯電話業界のカルテルにメスを入れた格安MVNOについては

こちらの記事が参考になるので、是非ともチェックしていただきたい。

↓ ↓ ↓

DMM mobile 格安SIMカード データ通信のみ月額660円 MVNO

 

 

「1円も使う事無く作業なしで1億円を稼がせる」

 

この言葉を聞いてあなたは

どういう印象を受けますか?

 

 

恐らく

 

「胡散臭い」

 

 

 

というのが本音では無いでしょうか?

 

 

今、インターネットビジネス業界には

まるで詐欺のような胡散臭い情報が渦巻いています。

 

・3クリックで億万長者になれる

・コピペだけで月収100万になれる

・1日5分の作業で1000万を稼げる

 

 

 

こうした詐欺の臭いがプンプンする情報は

毎日のようにメルマガで届きます。

 

 

しかし、

 

その中で本物の情報というのは

恐らく1%程度に過ぎないでしょう。

 

つまりは99%は詐欺に近い

実際には稼げない情報だという事なのです。

 

 

 

ですが今回のあなたに紹介する

 

手法というのはそうした詐欺的な

ノウハウとは全く違います。

 

 

つまり1%の本物なのです。

 

 

 

何故ならばこの手法は

 

“本物の方”

 

 

が作り上げたノウハウだからです。

 

世界初の6000兆円市場を独占する完全不労所得ビジネス
(期間・人数限定での公開になります)

 

 

 

このノウハウを公開してる

泉忠司さんという方は

 

「1年で40億を稼いだ」

 

 

 

インターネットビジネス業界では

世界一の実績を持っている方です。

 

 

 

また、それだけでは無く

 

「3ヶ月で20億を塾生に稼がせた」

 

 

 

という実績のある教育者としても

ナンバーワンの実績のある方です。

 

 

 

この泉忠司さんが今回

 

1円も使う事無く1億円以上の

金額を稼ぐノウハウを公開されました。

 

世界初の6000兆円市場を独占する完全不労所得ビジネス
(期間・人数限定での公開になります)

 

 

 

しかも今回のノウハウは

 

「1秒も作業をする必要が無い」

 

 

 

 

という事です。

 

 

つまりあなたは一切何も作業をする事無く

リスクなしで1億円以上のお金を稼ぐ事が出来るのです。

 

 

 

私自身これほど優れたノウハウを実践した事

どころか見たことすらありません。

 

 

恐らくあなたも同じではないでしょうか。

 

 

泉忠司さん曰く

 

「今が億万長者になれる最後のチャンス」

 

 

との事です。

 

 

 

 

ですのでもしあなたが

 

「どうしても2017年に億万長者になりたい」

 

 

 

と思っているのであれば

 

是非この手法を実践してみる事を

強くオススメ致します。

 

世界初の6000兆円市場を独占する完全不労所得ビジネス
(期間・人数限定での公開になります)

 

 

ご自身が1年で40億を稼がれ

 

そして生徒にわずか3ヶ月で

20億を稼がせた本物のノウハウを

手に入れる事が出来るはずです。

 

 

 

2017年こそ新たな一歩を

踏み出してそして人生を変えていきましょう。

 

世界初の6000兆円市場を独占する完全不労所得ビジネス
(期間・人数限定での公開になります)

 

※PS

泉忠司さんという方はビジネスの分野で

ご活躍されているだけでは無く

 

 

作家や大学の教員など非常に幅広い分野で

活躍されている方です。

 

 

また、国際貢献をされた事で皇室から

 

「東久邇宮文化褒賞」

 

 

という賞を授与された

国内外でもご活躍されている方です。

 

 

このように社会的にも非常に信頼がある方ですので

是非今回の手法を泉さんから学んでみて下さい。

 

世界初の6000兆円市場を独占する完全不労所得ビジネス
(期間・人数限定での公開になります)

 

\ SNSでシェアしよう! /

スポンサーリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ