Amazon商品ラベル貼付サービス【同一商品を15万仕入れた話】

Amazon商品ラベル貼付サービスの存在について

あなたはご存知だろうか?

 

 

 

 

Amazon商品ラベル貼付サービスというのは

 

FBAに納品する際に商品ラベルを貼付するのを

Amazonが有料で実施してくれるサービスのことだ。

 

 

 

このサービスを利用すると

自分でバーコードラベルを印刷・貼付する必要がなくなるので

商品を仕入れたら、そのままFBA倉庫に直送することができる。

 

 

 

一度でもFBA納品を体験したことがある人であれば

ご理解いただけるかと思うが、商品バーコードラベルの貼付作業は

商品数が多くなれば多くなるほど、地味に労力がかかる。

 

 

 

 

10個や20個ぐらいであれば、さくっと貼ることができるが

さすがに100個や200個もあると、終わりがなかなか見えずに

一人でやっていると、とてつもない絶望感に襲われるんだよね。

 

 

 

だから

 

商品数が多過ぎる場合や、外出先で仕入れた場合には

この商品ラベル貼付サービスが非常に役に立つ。

 

 

 

 

ちなみにこの商品ラベル貼付サービスの手数料は以下の通りだ。

 

分類 サイズ 重量 1枚あたりの料金
(税込)
小型商品 25x18x2cm以下 250g以下 19円
標準商品 45x35x20cm以下 250g以上9kg以下 19円
大型商品 45x35x20cmを一辺
でも超えた場合
9kgを超える 43円

 

 

 

 

 

利益が1000円以上とれる商品であれば

ほとんど誤差の領域と言える手数料価格なので

是非とも積極的に利用したい。

 

 

 

実は先日

 

地元のホームセンターで

ある商品を15万円分(70個)購入した。

 

 

 

 

しかも

70個すべて同一商品だ。

 

 

 

店舗の隅っこで破格の値段で

在庫処分をしていたので、在庫を全て購入した。

 

 

 

私さといもは

車を持っていないので、自宅まで持って帰るのにスゴイ苦労したんだけど

70個全部売れるかどうか悩まなかったんだよね。

 

 

 

あなたは悩むだろうか?

 

売れ残ったら嫌だから10個ぐらいにとどめておくだろうか?

 

 

 

アマショウのデータを見て

絶対に売り切る自信があったので

私は迷わず全部買い占めた。

 

 

 

こんな行動は

 

初心者時代では絶対にできないし

自分も成長したな~と実感することができた瞬間だった。

 

 

 

出品してから2週間が経過してすでに10個売れたので

なかなか順調な売れ行きだと言えるし

自分の判断は決して間違っていなかった。

 

 

 

しかも利益率は50%を超えているので

仕入れ値15万円が23万円ぐらいに化ける予定だ。

 

 

ちなみに 

 

今回、この70個の商品ラベルを貼るのが大変だったので

次回からは商品ラベル貼付サービスを利用しようと考えている。

 

 

 

 

利用方法は非常に簡単で

FBA納品作業の中で「商品ラベル貼付サービス」を有効にするだけだ。

 

 

 

もちろん

 

商品ラベル貼付サービスを有効に設定した後でも、納品手続き画面から

「出品者ご自身でラベルを商品に貼付しますか?」をクリックすることで

やっぱり自分で貼ることも可能なので安心いただきたい。

 

 

 

 

念のため

 

AmazonのFBAラベル貼り付けについては

Amazonのヘルプにも詳細が記載されているのでご確認いただきたい。

↓ ↓ ↓

AmazonFBAラベル貼り付けサービス

 

 

 

 

あっ、ちなみに

 

操作方法がわからなくなった場合は、私さといもに聞くか

Amazonテクニカルサポートに聞いてみよう。問い合わせ手順はこちら

↓ ↓ ↓

アマゾンマーケットプレイストラブル【Amazonサポート対応】

 

 

 

現在、通常ではありえない特典が無料でもらえる

特別キャンペーンを実施中なので、チェックしてみてください。

↓ ↓ ↓

newbanner

ネットビジネスの稼ぎ方を無料でプレゼント中

 

そして、最後にもう一つ

 

この記事を読んでいるあなたも私のように月収を

10万円 → 100万円 → 1,000万円にしたくありませんか?

 

そのために必要なステップについて

こちらの無料メール講座で詳しく解説しています。

↓ ↓ ↓

moromi

※期間限定の無料特典です。

 

完全無料で手に入る今のうちに

忘れずに登録しておきましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ