ランディングページのヘッダー画像素材【構成と作り方】

ランディングページのヘッダー画像素材【構成と作り方】

nyheader

 

「LPのヘッダー画像の素材」

 

 

インターネットビジネスをしていると

 

商品説明をするために、縦に長いLP

ランディングページを作ることがある。

 

 

LP(ランディングページ)の構成・作り方については

別の機会でお伝えする予定だが、LPで一番大事なのは

 

「ファーストビュー」

 

 

 

つまり、ヘッドコピーが重要になる。

 

ランディングページに訪れた人が

一番最初に目にする部分こそが最重要ポイント。

 

 

逆に言ってしまうと、その第一印象

 

「ヘッドコピー・ヘッド画像」が

ショボければ、すぐに離脱されてしまう。

 

 

 

だから、Webを使ったマーケティングを

行っている人が必ずと言っていいほど

 

強く伝えているのが、ヘッドコピーに

全力を注げというポイント。

 

 

 

というわけで、インターネットビジネスで

ランディングページを作ろうと思ったら

 

LPの一番最初のヘッドコピー・ヘッド画像に

とにかく力を入れる必要がある。

 

 

 

このヘッドコピー・ヘッド画像に手を抜いてしまうと

 

せっかく訪れて来てくれたアクセスを

みすみす逃してしまう。

 

 

 

今回はこの重要なランディングページの

ヘッド画像の素材について紹介します。

 

 

このヘッド画像の素材は有料・無料を問わず

いろいろとあるので、探してみて欲しいんだけど

 

商用利用が可能かどうかがポイントになる。

 

 

 

たとえ、無料でフリーの画像であっても

商用利用、つまりビジネス目的の場合は

 

利用不可としている画像素材もあるので

使用上の注意をよく読んでから利用しないといけない。

 

 

 

ちなみに、私自身もインターネットビジネスに

取り組むようになり、ブログを始めた頃は

 

無料の商用利用フリーの無料素材の

海外サイトから拝借していた。

 

 

 

ただ、最近になってランディングページのデザインや

 

ヘッド画像のような大事な部分については

有料の画像素材を使うようにしている。

 

 

理由は簡単で、有料画像素材の方が

品質が良いし、著作権的にも完全に安心できるから。

 

 

 

無料の画像素材の場合は

先ほどもお伝えした通り

 

無料・フリーだけど、商用利用はNGという

ところもあったり、いちいち確認が大変だし

 

 

 

そもそも、フリーの画像素材はなんだかんだ言っても

無料なのでクオリティー・品質に欠ける部分がある。

 

だから、ランディングページのヘッド画像

LPの各種画像は有料画像素材サイトの画像を利用している。

 

 

 

ちなみに、私がよく利用しているのは

「PIXTA」(ピクスタ)という有料画像素材サイト。

 

写真素材のピクスタ

高品質な画像・動画の素材サイト「PIXTA(ピクスタ)」

 

 

しかも、上記リンクからPIXTAに飛んで

 

無料会員登録をすると、初回のみ利用可能な540円分の

割引クーポンが発行されるので、必ずゲットしよう。

 

 

 

現在、通常ではありえない特典が無料でもらえる

特別キャンペーンを実施中なので、チェックしてみてください。

↓ ↓ ↓

newbanner

ネットビジネスの稼ぎ方を無料でプレゼント中

 

そして、最後にもう一つ

 

この記事を読んでいるあなたも私のように月収を

10万円 → 100万円 → 1,000万円にしたくありませんか?

 

そのために必要なステップについて

こちらの無料メール講座で詳しく解説しています。

↓ ↓ ↓

moromi

※期間限定の無料特典です。

 

完全無料で手に入る今のうちに

忘れずに登録しておきましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ