ミニセグウェイの価格【公道以外で走れる場所】

スポンサーリンク

ミニセグウェイの価格【公道以外で走れる場所】

segway

「日本での公道走行は禁止」

 

 

セグウェイという乗り物が開発されて

結構な年月が経過しているけど

 

日本ではまだあまり見たことがない人が多い。

 

 

 

海外では空港や一部の公共施設において

セグウェイを使っているんだけど

 

日本ではまだあまり浸透はしていない。

 

 

まず、そもそもなんだけどセグウェイというのは

搭乗者の重心・傾きを検知して走行する乗り物で

 

 

 

日本においても大型倉庫・工場や

警備という面で使用されていたんだけど

 

日本では公道での使用は基本的に禁止されている。

 

 

 

セグウェイの最大速度は、時速19km程度なので

歩行よりは早いけど、自転車よりは遅い乗り物。

 

そして、電気で動くので一般の人というより

ハンディキャップがある人向けの展開が期待されていた。

 

 

 

日本と道路事情が異なる海外では

 

法規制の緩和で、公道でもセグウェイが使用可能な

国や州が存在するんだけど

 

 

なんと日本でも条件付きで、セグウェイの

公道での走行が可能になった。

 

 

日本においてセグウェイを公道で使用するには

以下の3つを条件を満たす必要がある。

 

 

1:誘導員を配置する

 セグウェイを走行させている間の危険防止の観点から

 誘導員を配置するのが必須条件となるので、

 

 必ず一人以上の人間に協力してもらわないとNGだ。

 

 

2.道路使用許可の取得

 道路使用許可を警察に申請して、許可をもらってください。

 

 そして、セグウェイで走行可能な道路幅は

 3メートル以上の歩道に限るので、注意してほしい。

 

 

3.免許の取得

 セグウェイは、無免許で運転ができるわけではなく

 小型特殊自動車、もしくは原動機付き自動車の免許が必要。

 

 

というわけで、日本でもセグウェイが

公道でも使えるようになったとはいえ

 

まだまだ規制があるので、そこまでして

公道で走行させるメリットが現状はあまりない。

 

 

 

 

あっ、ただセグウェイの走行について

あくまでも「公道」での使用が禁止されているというだけで

 

当然だけど、私有地や公園などの「公道」以外の

場所であればセグウェイを使うことは可能。

 

 

 

しかも、最近では

この記事の最初に掲載したような

 

大型のセグウェイではなくて、

 

 

小型のミニセグウェイが

リーズナブルな価格で販売されている。

 

 

小型のミニセグウェイというと

どれぐらいミニなのかというと、こんな感じだ。

↓ ↓ ↓

 

 

おそらく想像していた以上に小型でミニな

セグウェイだったはず。

 

 

このサイズであれば、持ち運びも楽だし

 

乗っている高さも高くないので

危なくなったらすぐに降りることができる。

 

 

 

ただミニセグウェイと言っても

最初はやっぱり少し練習が必要なので

 

こちらの動画を見てみていただきたい。

↓ ↓ ↓

 

 

上の動画を見てもらうとわかるけど

初心者の人がほんの少し練習するだけで

 

もう最後の方はクルクル回転までできるように

なっているのがおわかりいただけるはずだ。

 

 

 

 

そして、このミニセグウェイの価格なんだけど

価格については安いメーカーもあるし

 

ちゃんとした正規品を販売していて

価格が少し高めのところもある。

 

 

 

何個か似たような類似品を販売している

業者もあるので、価格についても調べたところ

 

一番販売個数が多くて、正規品を取り扱っていて

さらに子供用タイプも販売しているのがこちら。

↓ ↓ ↓

ミニセグウェイ・Kintone(キントーン)はこちらから

 

 

価格は少しかかってしまうんだけど

 

こういう乗り物のトラブルはつきものなので

きちんと保証がついた正規品を購入するようにしよう。

 

 

 

あっ、最後に大事なことなので

もう一度だけお伝えすると

 

ミニセグウェイは公道での走行は基本的には

禁止されているので、ご自宅の庭や公園などで楽しもうね。

 

 

現在、通常ではありえない特典が無料でもらえる

特別キャンペーンを実施中なので、チェックしてみてください。

↓ ↓ ↓

newbanner

ネットビジネスの稼ぎ方を無料でプレゼント中

 

そして、最後にもう一つ

 

この記事を読んでいるあなたも私のように月収を

10万円 → 100万円 → 1,000万円にしたくありませんか?

 

そのために必要なステップについて

こちらの無料メール講座で詳しく解説しています。

↓ ↓ ↓

moromi

※期間限定の無料特典です。

 

完全無料で手に入る今のうちに

忘れずに登録しておきましょう。

 

\ SNSでシェアしよう! /

スポンサーリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ