抵当権抹消手続きは自分で出来る【住宅ローン完済後の費用】

抵当権抹消手続きは自分で出来る【住宅ローン完済後の費用】

mortage

 

「抵当権抹消手続きは自分でやるべき」

 

 

住宅ローンを完済すると銀行から

抵当権抹消手続きに必要な書類が送付されてくる。

 

 

 

私が最初にこの「抵当権抹消手続き」に

必要な書類が送られてきた時は

 

「何これ???」

 

 

 

ぐらいにしか思わなかったし

「抵当権」ってそもそも何!?

 

というレベルだった。

 

 

 

そもそも「抵当権」についてなんだけど

「抵当権」というのは、住宅などの不動産を

 

銀行から融資を受けて(住宅ローン)購入する際に

 

 

もし、その住宅ローンの返済が滞った場合などに

銀行がその不動産・土地を取り上げることができるという権利

 

 

 

つまり、抵当権とは購入した不動産・土地を担保に

「銀行がお金を貸しますよ」という契約のこと。

 

 

もちろん、この抵当権の契約をするかしないかは

自由なんだけど、実際問題として

 

 

この抵当権の契約をしないと

 

銀行は住宅ローンの融資をしてくれないので

抵当権の設定・契約をせざるを得ないのが現実だ。

 

 

 

 

というわけで、住宅ローンを借りた時に

返済が滞ったら

 

その不動産・土地などを

取り上げて、競売にかける権利が

 

銀行側にあるというのは

知っていたけど

 

 

その権利の名前が「抵当権」

だとは微塵も意識していなかったんだよね。

 

 

 

 

だから、住宅ローンを完済した際に

「抵当権抹消手続き」の書類が送られてきても

 

 

「抵当権?何それ??」

 

 

 

状態だったので、自分でインターネットを

使って調べて理解することができた。

 

 

 

要するに、住宅ローンが無事に完済できたので

契約していた「抵当権」を解除・抹消してください。

 

 

ということなんだけど

この「抵当権抹消手続き」は

 

実は簡単に自分で解除できるので

この記事でお伝えします。

 

 

 

 

ただ、銀行から送られてくる書類には

数万円の費用を払ってくれれば

 

この「抵当権抹消手続き」を代行してくれると

書いてあることが多いんだけど

 

 

 

はっきり言って、この解除手続き自体は

数万円の費用をかけて依頼するような申請ではないので

 

是非、自分でやってみていただきたい。

 

 

 

私自身、最初は「抵当権?よくわからないぞ??」

状態だったけど、やること自体はとても簡単だし

 

難しい言葉が出てくるけど、実際には大したことは

していないので、あまり深く考えずに自分で挑戦しよう。

 

 

 

 

 

ちなみに、この抵当権の抹消手続きを面倒臭いと感じて

解除の手続きを、そのままやらないとどうなるかというと

 

住宅ローン・借金の返済自体は終わっているので

抵当権がまだ残っているからといって

 

 

 

その不動産・土地が取り上げられるようなことは

絶対にないし、近々で何か不利益になるようなことはない。

 

 

 

でもね、その時は特に何も不都合・不利益はないんだけど

時間が経過して、その物件を売却したくなった時には

 

この抵当権が抹消されていないと

該当の物件を売却することができないし

 

 

 

時間が経過してしまうと、せっかく銀行側から

住宅ローン完済時に抵当権抹消登記に必要な書類を

 

送付してくれているのにもかかわらず

その書類の有効期限が切れてしまっていたり、

 

 

 

最悪なのは、月日が流れて

銀行名が変わってしまっていたりすると

 

必要な手続き・書類が個人で取り寄せることが

難しくなってしまうケースが出てきてしまうので

 

 

 

住宅ローンを完済したら、即時「抵当権の抹消」を

しておいた方が良いのは明白だ。

 

 

 

 

もし、この記事を読んでいるあなたが

住宅ローンを無事に完済して、私と同じように

 

 

「抵当権抹消?何それ?」

 

 

 

状態だとしたら、抵当権抹消の手続きを

後回しにせずに、すぐに登記・設定解除申請をしよう。

 

 

 

それでは、まずは下の項目を見ながら

抵当権の解除に必要な3つの書類を用意しよう。

 

  •  抵当権抹消登記申請書自分で準備する)
  •  登記原因証明情報金融機関からもらう)
  •  登記識別情報または登記済証金融機関からもらう)

 

 

 

また小難しい申請書の名前が出てきたと

思うかもしれないけど、あわてる必要はない。

 

 

必要な書類の3つのうち2つは銀行からもらえるので

あなたが用意するべき書類は1つ目の

 

「抵当権抹消登記申請書」のみだ。

 

 

 

そして、この自分で用意する

「抵当権抹消登記申請書」なんだけど

 

 

特に所定の用紙が役所(法務局)に

用意されているわけではないので、自分で作ることになる。

 

 

ちなみに、用紙自体は

こんな感じで作成すればOKだ。

↓ ↓ ↓

抵当権抹消登記申請書(サンプル)

 

 

上記サンプルを見てもらうとわかるんだけど

ご自身の物件の状態によって、書き方に困る部分が

 

ある場合は、あまり気にせずにとにかく

書いてみて、その用紙を法務局に持っていけばOKだ。

 

 

 

最近では法務局に相談窓口というのが

設けられていて、書類を用意して

 

「抵当権抹消の手続きに来たんですけど・・・」

 

 

 

と一言添えて、書類を見せると

修正部分は全部教えてくれるし、書き方も

 

具体的に教えてくれるので、あまり怖がらずに

とにかく書類を用意して持っていけばOKだ。

 

 

 

 

というわけで、あなたがすることは

上記の抵当権抹消登記申請書を

 

 

最悪は「手書き」でも良いので、A4用紙で

作成して銀行から送られてきた書類を全部持って

 

 

お近く、管轄の「法務局」に行ってみよう。

 

 

 

その法務局で、必ず相談窓口・コーナーがあるので

持ってきた書類を全部見せれば、チェックしてくれるので

 

その時に受けた指摘・修正事項を直そう。

(印鑑は忘れずに持参しよう)

 

 

 

 

あとは、若干の費用

登録免許税が数千円かかるので

 

それを収入印紙として、法務局内で購入して

提出すれば、1〜2週間で抵当権の抹消登記は完了する。

 

 

 

 

そして、法務局の人に言われると思うけど

 

抵当権抹消登記の完了通知を

後日、受け取って全て完了だ。

 

 

 

いかがだったろうか?

住宅ローンを無事に完済できたら

 

この抵当権抹消登記も忘れないうちに

申請しておくことをおすすめします。

 

 

 

難しく感じるかもしれないけど

想像以上に、自分で簡単にできるので、

 

恐れずに挑戦してみていただきたい。

 

 

 

あっ、ちなみに

こちらの記事で私が住宅ローンの繰上げ返済に

 

悪戦苦闘していた時の話が書いてあるので

是非、読んでみてくださいね。

↓ ↓ ↓

住宅ローン繰り上げ返済ブログ【5年で2000万円返済した方法】

 

 

そして、最後にもう一つ

 

この記事を読んでいるあなたも私のように月収を

10万円 → 100万円 → 1,000万円にしたくありませんか?

 

そのために必要なステップについて

こちらの無料メール講座で詳しく解説しています。

↓ ↓ ↓

moromi

※期間限定の無料特典です。

 

完全無料で手に入る今のうちに

忘れずに登録しておきましょう。

 

現在、通常ではありえない特典が無料でもらえる

特別キャンペーンを実施中なので、チェックしてみてください。

↓ ↓ ↓

newbanner

ネットビジネスの稼ぎ方を無料でプレゼント中

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ