家電などの展示品が超狙い目な理由【アウトレット品とは?】

家電などの展示品が超狙い目な理由を

あなたは知っているだろうか?

 

 

 

家電に限った話ではないんだけども

 

展示品とか俗に言うアウトレット品は

非常に狙い目なので、是非チェックしてみてほしい。

 

 

 

私たちに必要なスキルは

店舗の価格とAmazonで購入されている金額に価格差がある商品を

効率よく見つけることである。

 

 

 

 

その中でも

 

展示品・アウトレット品は

価格差がある可能性が非常に高い。

 

 

 

そして

 

展示品・アウトレット品コーナーを

専用に設けている店舗もあるので、見つけやすいのが特徴だ。

 

 

 

 

以前、別の記事でも書かせていただいたが

Amazonの商品は定価の20%引きで販売しているケースが多い。

 

 

 

 

そして

 

私たちはAmazonの手数料を考慮するために

そこからさらにザックリ20%の手数料を見込む必要がある。

 

 

 

 

そうすると必然的に

 

私たちが利益を出せそうなラインとして

定価の半額ぐらいを目安にするとちょうど良い。

 

 

 

展示品・アウトレット品として

定価の40~50%引きで販売されていたら

是非ともチェックしていただきたい。

 

 

 

 

ただ

展示品・アウトレット品ならではの

注意点がある。

 

 

 

 

そもそも

 

展示品・アウトレット品は

ディスプレイ用として店舗に陳列されていた商品だ。

 

 

 

 

つまり

開封されていることが前提となる。

 

 

 

 

これは

Amazonのコンディションガイドラインを適用すると

新品での出品はできないので注意していただきたい。

 

 

 

 

また、

 

人の手が届かない保護されたケースの中に展示されていれば良いが

実際に展示品を手に取って触れるようなディスプレイをされている場合がある。

 

 

 

 

例えば

 

家電量販店などでよく見られる

デジタルカメラなどが良い例だ。

 

 

 

 

家電量販店に展示されているデジカメは

実際にお客さんが手に取って、

電源を入れて撮影できるようになっている。

 

 

 

 

 

ということは

 

商品によっては、落として傷がついていたりする

ケースがあるので、絶対に注意してほしい。

 

 

 

 

 

また、これは問題ない場合が多いが

付属品の有無についても必ずチェックしてほしい。

 

 

 

 

もし付属品が欠品した場合、

Amazonコンディションガイドラインによると

商品コンディションは「可」となってしまう。

 

 

 

 

これはいくら商品状態が良くても

販売機会を失ってしまう要因となってしまうので

絶対に見落とさないでチェックしよう。

 

 

 

 

可能であれば

取扱い説明書に書いてある付属品一覧を使用して

店員さんと一緒に1つ1つ確認する方法をおススメする。

 

 

 

 

 

店員さんに一言

 

「念のため、本体だけでなく付属品も見たいので、

一緒に確認させてもらっていいですか?」と言えばOKだ。

 

 

 

 

ついでに

本体の動作確認までできれば最高だ。

 

 

 

最後にまとめると

 

展示品・アウトレット品がある場合はチャンスなので

絶対にチェックしてみよう。

 

 

 

 

そして

 

定価の半額ぐらいになっている商品が

最も利益を得ることができる可能性が高い。

 

 

 

 

価格差があることが確認できたら

商品状態・付属品の有無を必ずチェックだ。

 

 

 

 

この方法で

あなたの商品リサーチスピードがアップすることを

心から祈っている。

 

 

 

あっ、ちなみに

 

他にも効率よく価格差がある可能性が高い商品を

見極める方法があるので、気になる人は是非参考にしてほしい。

↓ ↓ ↓

せどり可能な商品を効率良く見つける方法【商品値札と割引率】 

 

 

現在、通常ではありえない特典が無料でもらえる

特別キャンペーンを実施中なので、チェックしてみてください。

↓ ↓ ↓

newbanner

ネットビジネスの稼ぎ方を無料でプレゼント中

 

そして、最後にもう一つ

 

この記事を読んでいるあなたも私のように月収を

10万円 → 100万円 → 1,000万円にしたくありませんか?

 

そのために必要なステップについて

こちらの無料メール講座で詳しく解説しています。

↓ ↓ ↓

moromi

※期間限定の無料特典です。

 

完全無料で手に入る今のうちに

忘れずに登録しておきましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ