せどりプレ値リストの作り方【英単語の一夜漬け暗記が得意?】

せどりプレ値リストの作り方について

あなたは考えたことがあるだろうか?

 

 

先日、当ブログの読者から下のような熱い魂のこもった

質問・お問い合わせをいただいたので紹介する。

 

 


woman

(Yさん)

さといもさん

 

Yです。先ほどは早速音声セミナー5弾を送って頂き、ありがとうございました。

総合型店舗にお宝が多いという情報が特に今後とてもためになりそうです。

 

また早速ですが、幾つか質問をさせて頂いてよろしいでしょうか。

 

 

Amazonプレミアム化商品の検索についてはセミナーで触れていなかったのですが、

始めのうちはセール品の検索だけに集中した方がいいという事ですか?

 

(中略) 

 

さといもさんはプレ化商品の検索をやっていますか?

 

またやっているとしたらいつ頃から始めましたか?

 

またどのようにリストアップしていますか?

 

初心者は始めはセール品に集中した方がいいと思いますか?

 

 

 

なぜこのような質問をするかというと、プレ化商品をアマゾンで検索して、

いちいち定価を確認して、一つ一つ利益が取れそうな商品をピックアップして

 

データを集めるという作業が非常に根気がいるし、

あまり面白くないので、やらなくても済むならやりたくないからです。。

 

 

こんなに何時間もやったのに、店頭にあるかどうかもわからないし、

どうも無い確率の方が圧倒的に高そうだし(昨日ドンキには無かった。トイザラスは途中・・)

 

即効性が無い気がするのでその作業はできればやりたくないな・・という気持ちなのです。

 

 

だけど、この作業をやっていれば、長期的には目利きがつくのかなぁ。。という気もします。

それに、今月初めに5点出品して3点売れたのですが、3点中2品がプレ化していた為利益が取れた物です。

 

 

最初は人気のあるキャラクターは全頭したりしていたので見つかっただけですが・・。

だから、プレ化している商品を把握しておく事は大事かなという気もするし・・。

 

 

方法としてはおもちゃのベストセラーに入っているアニメ名などキーワードを拾ってAmazonで検索し、

人気順などに並べ替えて、Amazon在庫切れ(プレ化)している商品を探すっていう感じです。

 

 

どのようにリストにするのかはその方のHPに載っていなかったので、

ひたすら「ほしいものリスト」に放り込んでいます。

 

ただそうすると数が増えれば増えるほど、店頭で使いづらいです・・。 

 

 

どのようなやり方で始めても、大きく道を間違っていなければ目的地に辿り着けるとは思うのですが、

ちょっとプレ化の検索が少し苦痛に感じています。

 

 

 

さといもさんは、今私のやっているやり方をどう思いますか?

 

 

また、先ほどの音声セミナーを聞くと、ひとつのカテゴリーを攻略したら、

次のカテゴリーに進むという「カテゴリー基準」&「セール品&プレ化の並行」で進めるのではなく、

 

「セール品基準」で、カテゴリーにこだわらずに「店舗ごと」にセール品をチェックすればいいのかな

という印象を受けましたが、それでOKですか? 

 

 

その場合、それだけで商品知識や目利きなどはついてきますか?

ブログにもありましたがある程度はカテゴリーを絞った方がいいですか?

 

 

 

また、最低1店舗は全頭しよう!と聞いた事があるのですが、それについてどう思いますか? 

正直やりたくないですよね~・・。日々のプレ化検索も。

 

だけどそれが成果につながるなら、、、なんとか頑張るしかないのか。。

 

 

 

一人でやってるし、気軽に質問できる環境もなかったので、

なんでも気軽に聞いてくださいというさといもさんの

 

スタンスに本当に気持ちが楽になりました。

ありがとうございます。

 

では、お忙しい中、本当にありがとうございます。

よろしくお願い致します。


 

 

 

最近、このような魂のこもった熱いお問い合わせを

たくさんいただいていて、本当に嬉しいです。

 

 

 

早速、一つずつ解説していくんだけど

 

まず最初に、せどりの手法としてよくある

プレ値リストを作っているかどうかについて。

 

 

 

この答えは「No」なんだよね。

 

理由は、店舗に無い商品をいくら頭に叩き込んだところで

英単語の暗記と同じで短期的にしか覚えておくことができないから。

 

 

 

せどりの手法としてプレ値リストを作って

それを持って店舗に行こうという手法があるんだけど

 

このプレ値リスト・せどりリストを作ったことあるだろうか?

 

 

 

確かに、Amazonで定価超えしている商品をリストアップしておけば

 

定価、もしくは定価よりも安値で販売している店舗に商品が

置いてあれば、それを普通に購入することで利益を得ることができる。

 

 

 

一見、良い手法に見えるし、私も初心者時代にやってみたことがある。

 

私が初心者時代にこのせどり手法、要するにプレ値リストを作って

店舗に行く方法を実践して思ったのが、よっぽど好きなジャンル・

カテゴリーじゃないと覚えてられないし、続かないなって思った。

 

 

このせどりリスト・プレ値リストの作り方自体は非常に

簡単なんだけど、これを作ってから暗記、もしくは店舗に

持って行って、その商品があるかどうか探す必要がある。

 

 

 

このリストアップ手法は、価格差がある商品を予めリストアップして

お宝を頭に叩き込んで、店舗でさらっと目利きできるようになる方法。

 

 

そう、この手法はせどりの王道と言われてきたCD・DVDあたりの

メディア系で力を発揮するし、真のせどり力・目利き力をつけるためには

非常に有効な手段なんだよね。

 

 

でもね、おそらくこれを極めるにはものすごい労力が必要だし

初心者だとなおさら継続することができない可能性が高い。

 

 

 

なぜなら

 

価格差が実際にある商品を見つけられる可能性が低いし

経験を伴わないただの暗記は、短期的な記憶でしかないから。

 

 

私さといものが初心者におすすめしているのは

これと全く逆のアプローチなんだよね。

 

 

 

それは、店舗に置いてある商品をサーチして

その中から価格差がある商品を探す方法。

 

 

 

そして、私がお伝えしたい大事なポイントは

 

店舗での商品サーチを繰り返しすことで

店舗のクセ・傾向をつかむっていうこと。

 

 

 

いくら、せどりリスト・プレ値リストの作り方をマスターして

頭に叩き込んでも、そのお宝が実際に店舗に置いてないと稼げないし、

 

継続的に稼ぐには、自分がよく行く店舗を完全に攻略する必要がある。

 

 

 

その店舗で稼げる商品が置いてある陳列棚はどこにあるか?

展示品はどこか?セール品はどの辺に陳列しているか?

 

という特徴・傾向をつかむことで、稼ぐ力を養うことができる。

 

 

 

そして、一つの店舗でそれを極めると

 

他の店舗や同系列店ならなおさら、同じような考え方を

適用することが可能となる。

 

 

 

さらに、もしその店舗で価格差がある商品が一つでも存在したら

他にも価格差がある商品が潜んでいる可能性が非常に高い。

 

 

 

理由は

商品の値付けは、基本的には各店舗に任されているから。

 

 

そして、私はセール品に集中した方が良いと言っているのではなく

セール品の方が、価格差が発生している可能性が高いという意味なんだよね。

 

 

 

初心者時代って、リサーチの絶対量が極端に少ないから

お宝に出会う頻度がかなり低い。

 

 

そんな中で少しでも価格差が発生している商品に出会う確率を上げるためには

 

店舗が値下げしている商品を当たった方が早いし、店舗側も

値下げしていることをアピールしているから探しやすい。

 

 

 

ただし、勘違いして欲しくないのは

 

せどりリスト・プレ値リストの作り方として、Amazonのサイトを検索して

リストを作って片っ端から覚えるというやり方を否定はしていないっていうこと。

 

 

 

実は、このせどりリスト・プレ値リストが頭の中に全て暗記できると

完全な目利きが可能となるから、非常に強いし効率的になる。

 

 

 

せどりの最終型としては、この領域に達するべきなんだけど

 

唯一、このせどりリスト・プレ値リストを暗記するっていう

アプローチがどうにも馴染まないんだよね・・・。

 

 

 

だから、私は店舗にある商品を実際に手にしてみて

自分の手でサーチして、自分で販売することで

 

勝手に暗記されていくというアプローチをしている。

 

 

 

そう、気がついた人もいるかもしれないんだけど

 

最初にAmazonでリストを作るか、店舗にある商品から探すかの

アプローチの違いという風にとらえることも可能なんだよね。

 

 

 

どっちにしても、最終的にはプレ値になっている商品

 

もしくは価格差が出た商品って自分の経験として蓄積されて

覚えることができるし、経験を伴うと長期記憶となって忘れない。

 

 

 

これは、自分のスタイルに適したものをチョイス

 

もしくは、自分が興味があって飽きないジャンルであれば

最初にリストを作るというようなアプローチでも良い。

 

 

 

どちらにしても、一度自分で実践してみることを

是非ともおすすめする。やってみないとわからないし

 

やってみて初めてわかることって結構あるんだよね。

 

 

 

あっ、ちなみに

 

つい最近、購入者による破損で返品をくらって

かなりショックだった記事はこちら。

↓ ↓ ↓

購入者による破損で返品【購入者都合なのに50%返金だと!?】

 

 

現在、通常ではありえない特典が無料でもらえる

特別キャンペーンを実施中なので、チェックしてみてください。

↓ ↓ ↓

newbanner

ネットビジネスの稼ぎ方を無料でプレゼント中

 

そして、最後にもう一つ

 

この記事を読んでいるあなたも私のように月収を

10万円 → 100万円 → 1,000万円にしたくありませんか?

 

そのために必要なステップについて

こちらの無料メール講座で詳しく解説しています。

↓ ↓ ↓

moromi

※期間限定の無料特典です。

 

完全無料で手に入る今のうちに

忘れずに登録しておきましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ