利益を最大化するためのAmazon価格設定方法のコツと考え方

利益を最大化するAmazon価格設定方法を

あなたは普段から意識しているだろうか?

 

 

 

商品を出品するときは

必ず価格設定をする必要がある

 

あなたは何も考えずに

最安値で出品していないだろうか?

 

 

 

そして、気がつけば

価格競争の渦に巻き込まれていないだろうか?

 

 

 

ここでは

仕入れた商品を出品する際に

どのように価格設定を行えば良いかを解説する。

 

 

 

特にこの記事では

「価格競争に巻き込まれない」ように売り抜ける方法について

焦点をあてて解説する。

最安値は売れるけど「利益」も同じように最安値

まず

出品経験があまり無い状態だと

「最安値じゃないと売れない」という考えに陥る事がよくある。

 

 

確かに

 

「最安値」であれば売れる可能性は高い。

 

 

 

でもね

あなたが「最安値」で出品した場合

すぐに売れる商品でないと、価格競争に巻き込まれる可能性があるんだよね。

 

 

そう

読者の皆さんも経験があるかもしれないが

同じように「最安値」をキープしたがる出品者が多数いると

 

 

 

他の出品者よりも「1円」でも安い価格を保つために

ツールなどを利用してほぼリアルタイムで価格調整をしてくる。

 

 

事実

 

私さといもも一番最初に

出品をした時のことを今でもハッキリと覚えている。

 

出品を始めたばかりの頃は、不安の毎日だった・・・

毎日のように

Amazonセラーセントラルの在庫画面を見て

 

「早く売れないかなー?仕入れ資金を早く回収したいなー」

 

  とか

 

「あ、また最安値更新されたから、値下げしなきゃ・・・」

 

  とか

 

「どうやって常に1円下をキープしてくるんだ・・・寝てないのか?」

 

  とか

 

「なんとか売れたけど

最初の予定よりもだいぶ利益が減っちゃったな」

 

などなど

どうしても「早く売り抜けたい」という

気持ちが先行してしまったのである。

 

最初は良いけど慣れたら冷静に価格設定してみて!

最初の頃は

「資金を回収したい」という思いが

優先されてしまうのは仕方がない。

 

 

 

事実

私もそうだった。

 

なので

売れる感覚に慣れてきたら

少し落ち着いて価格設定をすることを心がけていただきたい。

 

 

そうすることで

想定していた利益を確保することができるし

 

 

何よりも

価格調整頻度が圧倒的に下がるので

他の事に時間を使う事が出来るようになるんだよね。

 

 

これって

スゴい大事なことだし

 

精神衛生的にも

とっても大切だよね。

 

 

 

では、具体的に

どのように価格設定したら良いか

これから解説する。

 

「最安値」にすべきかどうかは簡単に判断できる

まず始めに

出品する際に「最安値」でないと

売れない商品かどうかを見極めるようにしてほしい。

 

 

例えば

「付属品が欠品している」とか

「商品に目立った汚れ・キズがある」のような

 

 

状態が「可」の商品は

「最安値」で売り抜けた方が無難だ。

 

 

 

なぜなら

 

商品状態が良くない場合は「価格」でしか

他の出品者との勝負ができないからね。

 

 

また

これは本の場合にありがちなケースなんだけど

 

 

 

「ライバル出品者が大勢いて最安値(1円とか)での出品が、20人もいる」

ような場合も、最安値に設定しないと2ページ目以降とかになってしまう。

 

 

そうすると

そもそも購入者の目にすら触れることが無いので

絶対に売れなくなってしまう。

 

 

もちろん

強気で価格設定しても一向にかまわない。

 

 

でもね

売れるのは相当時間がかかってしまうし

 

そもそも

 

最安値でなくても購入する人っていうのは

新品を選択する可能性が高くなってくるんだよね。

 

 

 

 

更に

売れるまで待っている長い間に

どんどん他の新規出品者が現れる。

 

 

そうすると

あなたの商品は更に埋もれていってしまい

間違いなく倉庫の肥やしになるだろう。

 

付加価値・他商品との差別化こそが利益の源泉!

では逆に

「最安値」でなくても売れる商品とは

どんな商品だろうか?

 

 

これも

冷静に考えてみれば当たり前のことだが

「付属品・特典完備」「汚れ・キズが無い」などの商品はもちろんそうだし

 

 

 

「即日発送」「送料無料」「Amazon倉庫からの発送」「出品者評価」などの

付加価値が付いていると「最安値」でなくても売れる。

 

 

最も大事なポイントは

「最安値」で出品しているライバルと「差別化」できているかどうかなんだよね。

 

 

 

例えば

この商品をあなたが仕入れたと仮定する。

 

この商品は

2週間ほど前に、実際に私さといもが

中古で仕入れをした商品である。

 

 

 

新品価格で15,000円という

「オレ様プライス」が設定されているDVDなのだが

早速アマショウをご覧いただこう。

amashow

 

まず

グラフの折れ方を見て、この商品は確実に売れる商品であり

中古出品者数を見ると10人ぐらいいることが読み取れる。

 

 

そして

次に中古出品ページを見てみるとこんな感じだった。

syuppin

 

もし

 

あなたが仕入れた商品の状態が良ければ

赤いラインを狙って出品すると良い。

 

わざわざ価格競争の渦に巻き込まれに行かなくても

最安値が「3,305円」で、次が「3,306円」なので

ここで最安値の「3,305円」で出品したら、価格競争の火に油を注ぐことになる。

 

 

そして

3番目の出品者はAmazon倉庫からの発送ではないが

商品説明欄に【即日発送・特典完備・非常に良い】と記載されているよね。

 

 

これだと

3番目の出品者相手に価格以外の側面で勝負を挑んでも難しい。

 

この例だと

 

赤いラインを狙いつつ、設定する価格は

送料込みで「3,500円〜3,800円」ぐらいで売り抜けられる。

 

 

 

事実

私さといもがこのポイントにコンディション「非常に良い」で

送料込み「3,700円」で出品したところ、先週無事に売ることができた。

 

 

更に

仕入れの際は最安値である「3,305円」を元に

利益計算をしているので、予定よりも利益増なのが嬉しいよね。

 

 

もちろん

状態「非常に良い」よりも上の「ほぼ新品」であれば

もう少し高い価格で出品しても大丈夫だ。

 

差別化しやすい商品って実は簡単に見分けられる

ちなみに

差別化しやすい商品というのは

「特典」が付いている商品が多い。

 

 

皆さんも

絶対に聞いた事があるこんなフレーズが入った商品だ。

  • 初回限定版
  • スペシャルエディション
  • プレミアムエディション
  • コレクターズエディション
  • コンプリートBOX

 

 

これを利用して

 

「仕入れ」の際に、もし時間があまりとれない時は

こういった「差別化しやすい商品」だけをサーチすると効率が良い。

 

利益幅を最大限に獲得する3つのポイントはこれだ!

最後にまとめると

 

価格設定をする際には

以下の3つを意識していただきたい。

  • 最低でも1ページ目にのせる(売れてない商品ならなおのこと)
  • 商品状態が良ければ、最安値は絶対に避ける(価格競争はNG)
  • ライバルに勝てそうなラインに滑り込んで、決して焦らずに待つ

 

 

こうすると

 

売り切るまでにかかる時間が

最安値で設定するよりも多少かかるが

 

 

 

確実に

「少しぐらい高くても商品状態が良いものを選ぶ」お客さんは

たくさんいるので、安心してほしい。

 

 

私さといもも最近では

最初の2週間ぐらいを目安に

最安値での出品は行わないようにしている。

 

 

 

もし

 

2週間経過して売れない場合は

もう一度出品者ページを見て、価格設定を再度行うようにしている。

 

 

 

これができるようになれば

 

あなたの1商品あたりの利益は最大になるし

何より価格調整にかける時間が激減すること間違いなしである。

 

あっ

ちなみに価格設定の他に売上に大きく影響する大事な要素

「商品説明の書き方」についてまとめたので、こちらの記事も要チェック

↓ ↓ ↓

営業研修では絶対に教えない差別化を図るための商品説明の書き方 

 

 

そして、最後にもう一つ

 

この記事を読んでいるあなたも私のように月収を

10万円 → 100万円 → 1,000万円にしたくありませんか?

 

そのために必要なステップについて

こちらの無料メール講座で詳しく解説しています。

↓ ↓ ↓

moromi

※期間限定の無料特典です。

 

完全無料で手に入る今のうちに

忘れずに登録しておきましょう。

 

現在、通常ではありえない特典が無料でもらえる

特別キャンペーンを実施中なので、チェックしてみてください。

↓ ↓ ↓

newbanner

ネットビジネスの稼ぎ方を無料でプレゼント中

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ