リピート客を増やす方法【顧客心理・目線を刺激するサービス】

リピート客を増やす顧客心理・目線を刺激するサービスって

あなたは意識したことがあるかな?

 

 

 

 

 

意識したことがなくても、実は絶対に今までに

お客として一度は体験しているはず。

 

 

 

なぜなら

 

有名な飲食店や店舗はリピート客を増やす戦略を

消費者に対して巧みに仕掛けてきているから。

 

 

 

 

例えば、

 

私さといもの家の近くに

地元では有名な焼肉屋さんがある。

 

 

 

 

 

その焼肉屋はいつも行列ができていて

店舗の外まで待っている家族連れがいるんだよね。

 

 

 

しかも

 

その焼肉屋の道路を挟んだ向かい側に、個人経営の焼肉屋さんがあって

徒歩で5分ぐらい歩いたところに、大きなチェーンの焼肉屋があるんだけど

そっちは全然混んでいないのに、この有名な焼肉屋はいつも行列。

 

 

 

 

近くに他の焼肉屋があるにも関わらずの盛況ぶりに

最初はかなり疑問だったし、このお店の何がそんなに

顧客心理を惹きつけているのか気になった。

 

 

 

いつも行列なので

 

なかなか行くことができなかったんだけど

先日ついに行く機会があって、その理由がわかった。

 

 

 

 

 

いろんな要素があるんだけど

まず、安くて美味しいは当たり前。

 

 

 

 

最近は情報を誰でも手に入れることができるから

店の評判や価格・おいしさはお店に行く前から

何となく評価できてしまう。

 

 

 

 

私たちがお世話になっている

Amazonも言ってみればそうだよね。

 

 

 

 

商品レビューがたくさんのお客さんから投稿されて

出品者評価も顧客目線で実施されているから

顧客がお店・商品を簡単に選ぶことができる。

 

 

 

 

 

焼肉屋に話を戻すと

 

安くて美味しいは当たり前で、更に他の店と差別化できるサービスで

勝負をかけてきているっていうこと。

 

 

 

 

例えば、この焼肉屋の特徴は

安いんだけどボリューム満点だし

お肉が本当に新鮮で、どれを食べても本当に美味しい。

 

 

 

 

しかも、サイドメニューが充実しているだけじゃなくて

店員さんの愛想が非常に良くて、店内がおしゃれで綺麗だ。

 

 

 

 

さらに、常に行列ができているんだけど

その待合室にはテレビが置いてあって、待ち時間をつぶすことができるし

インターネットで予約・順番待ちまでできてしまう。

 

 

 

 

しかも

 

ネットで順番待ちすると、予想待ち時間がリアルタイムで表示されて

順番が近くなるとメールでお知らせしてくれたりもする。

 

 

 

 

 

あと何組、自分の前に待っている人がいて、

あと何分ぐらいで自分の番になるかわかるから

その待ち時間の間に近くのコンビニや本屋で時間をつぶせるんだよね。

 

 

 

 

 

あとどれぐらい待つのかが

簡単にわかるのは本当に便利だった。

 

 

 

 

仮に、あとどれぐらいかかるかわかりませんとか言われたり

多分、1時間以上かかっちゃいますねーとか言われると

んじゃ、他に行こうかなってなるんだけど

 

 

 

あと45分です。

と携帯の画面に表示されていると、

 

 

 

んじゃ少し時間つぶして

待っていようと思える。

 

 

 

 

 

しかも

 

その待ち時間は最長の待ち時間を示しているので

実際はそれよりも早く待ち組数・予想待ち時間が減っていくので

心理的にもそんなに待たされている感がないんだよね。

 

 

 

 

 

本当にこの仕組みはよくできてるし

これなら待ってでも食べたくなる

焼肉屋だなって思ったんだよね。

 

 

 

 

こうやって他のお店との差別化をすることができると

リピート客を増やすことに成功できるし

行列を見た新規顧客を更に刺激する。

 

 

 

店の外までできている行列がさらに

その道を通る車に対して宣伝になっているんだよね。

 

 

 

その行列を見た人が、何だろあの焼肉屋さん

いっつも行列だし、ネットで調べてみようってなるし

1度行けば、絶対にまた来ようって思わせるサービスが存在する。

 

 

 

 

私たちはAmazonのサービスを最大限に活用しているので

FBAを使っていると梱包・発送は全部Amazonがやってくれている。

 

 

 

あまり気が付かないかもしれないが

 

顧客心理としては、値段はもちろんのこと

出品者のサービスを冷静に評価している。

 

 

 

 

ただ単に、Amazonに出品していれば

勝手にAmazonが集客してくれて、そのうち売れていくという意識ではなく

他の出品者との差別化を常に意識して最大限の利益を確保していただきたい。

 

 

 

 

理由は

 

価格だけで顧客心理を掴もうとすると、

結局は価格競争に頼るしかなくなるから。

 

 

 

 

Amazonで価格以外に他の出品者と差別化する唯一の方法は

以前にも書いたんだけど「商品説明」なんだよね。

 

 

 

この商品説明を疎かにして

自ら利益幅をせばめている人がいるのは

本当にもったいない。

 

 

ちなみに

 

今まで価格競争に巻き込まれがちに人には、商品説明での差別化について

こちらの記事にまとめたので、是非ともチェックしていただきたい。

↓ ↓ ↓

営業研修では絶対に教えない差別化を図るための商品説明の書き方

 

 

 

現在、通常ではありえない特典が無料でもらえる

特別キャンペーンを実施中なので、チェックしてみてください。

↓ ↓ ↓

newbanner

ネットビジネスの稼ぎ方を無料でプレゼント中

 

そして、最後にもう一つ

 

この記事を読んでいるあなたも私のように月収を

10万円 → 100万円 → 1,000万円にしたくありませんか?

 

そのために必要なステップについて

こちらの無料メール講座で詳しく解説しています。

↓ ↓ ↓

moromi

※期間限定の無料特典です。

 

完全無料で手に入る今のうちに

忘れずに登録しておきましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ