Amazonショッピングカートボックス獲得資格【価格競争不要】

スポンサーリンク

Amazonショッピングカートボックス獲得資格について

あなたは正しく理解しているだろうか?

 

 

 

 

ショッピングカートボックスの獲得について

正しい知識があると価格競争が不要になる。

 

 

 

不要な価格競争を避けることができれば

あなたの利益と時間を増やすことができるので

知識があやふやな人は是非、読んでいただきたい。

 

 

 

 

Amazonショッピングカートボックスというのは

 

Amazonでショッピングをしている時に何も考えずに

「カートに入れる」をクリックして購入される出品者のことだ。

 

 

 

Amazonマーケットプレイスの存在を知らない人や

普通にAmazonを利用している一般客は

他の出品者がいることを意識せずに「カートに入れる」をクリックする。

 

 

 

要するに、陳列棚の一番手前に商品が置いてある店舗が

ショッピングカートボックスを獲得している出品者なんだよね。

 

 

 

だから

 

ショッピングカートボックスを獲得している出品者は

ダントツで購入率が高い。

 

 

 

 

このショッピングカートボックスの獲得には

全ての出品者が意識するべきだし

早く売り抜けるためには絶対必要なんだよね。

 

 

 

 

Amazonは、このショッピングカートボックス獲得資格について

以下の要件を公開している。

  • 出品形態が「大口出品」であること
  • 注文不良率
  • 出品者のパフォーマンス指標
  • Amazon.co.jpで出品している期間と取引の数

 

 

というわけで、まずは「大口出品」契約であることが必須で

出品者評価を高く維持しておく必要がある。

 

 

 

そして、上の要件には記載されていないが

最安値近辺である必要がある。

 

 

 

 

最安値でなくても良いんだけど、

 

そこまで最安値と値段が乖離していないことが

条件の一つになっていると推測されている。

 

 

 

 

例えば、最安値が1,900円だったとしても

1,980円で売っている販売者がショッピングカーボックスを

獲得していることはごく普通にある。

 

 

 

 

そして、このショッピングカートボックスは

最安値近辺の出品者の間で「Amazonのロジック」によって

順番に交代で獲得されている。

 

 

 

どういうことかというと

 

例えば、ある商品をA、B、Cの3人が

同一の値段(3,980円)で販売していたとする。

 

 

 

 

このA、B、Cの3出品者の評価に問題がない場合、

ショッピングカートボックスを交代で獲得する。

 

 

 

 

獲得している期間や、時間帯などはAmazonのプログラムによって

決定されているので、詳細は全くわからないが

交代でそれぞれの出品者に販売チャンスがあるような仕組みになっている。

 

 

 

 

ここで大事なのは

 

ショッピングカートボックスの獲得は最安値でなくても良いという点と

最安値近辺の出品者全員に獲得チャンスが割り振られているという点だ。

 

 

 

 

だから

 

ショッピングカートボックスを獲得するために

価格競争をする必要はないんだよね。

 

 

 

 

どうしても自分が一番早く売り抜けたかったら

ショッピングカートボックスが自分しか獲得できないぐらいの

価格差で最安値をキープすれば良いんだけど

 

 

 

そうすると、値段が安くなって利益が少なくなるし

ライバルが最安値に追従してくると更に値段を下げる事になって

本当に無駄な価格競争が始まってしまう。

 

 

 

 

回転が早い商品ならなおさらなんだけど

 

価格を下げなくても、最安値近辺で出品している人が

順番に売れていくので、のんびり待っていれば良いんだよね。

 

 

 

ここで焦ってしまい、価格を自分ひとりだけ下げたりすると

本当に「空気を読めない」出品者になってしまう。

 

 

 

以前の記事で、同一商品を70個(15万円分)仕入れたことを

書いたんだけど、その商品はライバルが4人もいる。

 

 

 

でもね

 

特に談合したわけでもないんだけど、出品してから1か月の間

4人全員が同一の値段で出品して、誰も値段を下げてないんだよね。

 

 

 

 

4人とも「空気が読める」出品者で本当に良かったし

70個のうち既に20個は売れているので、非常に順調だ。

 

 

 

この記事を読んでくれている人も

是非「空気の読める」出品者になって、時間はかかるかもしれないけど

利益を確実に確保できるようになっていただきたい。

 

 

 

 

あっ、ちなみに

同一商品を15万円分仕入れた時の記事はこちらなんだけども

思い切った仕入れができない人はまだ初心者なので、是非参考にしてほしい。

↓ ↓ ↓

Amazon商品ラベル貼付サービス【同一商品を15万仕入れた話】

 

 

「1円も使う事無く作業なしで1億円を稼がせる」

 

この言葉を聞いてあなたは

どういう印象を受けますか?

 

 

恐らく

 

「胡散臭い」

 

 

 

というのが本音では無いでしょうか?

 

 

今、インターネットビジネス業界には

まるで詐欺のような胡散臭い情報が渦巻いています。

 

・3クリックで億万長者になれる

・コピペだけで月収100万になれる

・1日5分の作業で1000万を稼げる

 

 

 

こうした詐欺の臭いがプンプンする情報は

毎日のようにメルマガで届きます。

 

 

しかし、

 

その中で本物の情報というのは

恐らく1%程度に過ぎないでしょう。

 

つまりは99%は詐欺に近い

実際には稼げない情報だという事なのです。

 

 

 

ですが今回のあなたに紹介する

 

手法というのはそうした詐欺的な

ノウハウとは全く違います。

 

 

つまり1%の本物なのです。

 

 

 

何故ならばこの手法は

 

“本物の方”

 

 

が作り上げたノウハウだからです。

 

世界初の6000兆円市場を独占する完全不労所得ビジネス
(期間・人数限定での公開になります)

 

 

 

このノウハウを公開してる

泉忠司さんという方は

 

「1年で40億を稼いだ」

 

 

 

インターネットビジネス業界では

世界一の実績を持っている方です。

 

 

 

また、それだけでは無く

 

「3ヶ月で20億を塾生に稼がせた」

 

 

 

という実績のある教育者としても

ナンバーワンの実績のある方です。

 

 

 

この泉忠司さんが今回

 

1円も使う事無く1億円以上の

金額を稼ぐノウハウを公開されました。

 

世界初の6000兆円市場を独占する完全不労所得ビジネス
(期間・人数限定での公開になります)

 

 

 

しかも今回のノウハウは

 

「1秒も作業をする必要が無い」

 

 

 

 

という事です。

 

 

つまりあなたは一切何も作業をする事無く

リスクなしで1億円以上のお金を稼ぐ事が出来るのです。

 

 

 

私自身これほど優れたノウハウを実践した事

どころか見たことすらありません。

 

 

恐らくあなたも同じではないでしょうか。

 

 

泉忠司さん曰く

 

「今が億万長者になれる最後のチャンス」

 

 

との事です。

 

 

 

 

ですのでもしあなたが

 

「どうしても2017年に億万長者になりたい」

 

 

 

と思っているのであれば

 

是非この手法を実践してみる事を

強くオススメ致します。

 

世界初の6000兆円市場を独占する完全不労所得ビジネス
(期間・人数限定での公開になります)

 

 

ご自身が1年で40億を稼がれ

 

そして生徒にわずか3ヶ月で

20億を稼がせた本物のノウハウを

手に入れる事が出来るはずです。

 

 

 

2017年こそ新たな一歩を

踏み出してそして人生を変えていきましょう。

 

世界初の6000兆円市場を独占する完全不労所得ビジネス
(期間・人数限定での公開になります)

 

※PS

泉忠司さんという方はビジネスの分野で

ご活躍されているだけでは無く

 

 

作家や大学の教員など非常に幅広い分野で

活躍されている方です。

 

 

また、国際貢献をされた事で皇室から

 

「東久邇宮文化褒賞」

 

 

という賞を授与された

国内外でもご活躍されている方です。

 

 

このように社会的にも非常に信頼がある方ですので

是非今回の手法を泉さんから学んでみて下さい。

 

世界初の6000兆円市場を独占する完全不労所得ビジネス
(期間・人数限定での公開になります)

 

\ SNSでシェアしよう! /

スポンサーリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ