新品商品せどリスト【セドリで稼ぐには中古より新品せどり】

スポンサーリンク

「新品商品せどリスト」セドリで稼ぐには中古よりも

新品せどりをした方が良いという人がいる。

 

 

セドリは中古でも新品でも問題なく稼ぐことができるけど

新品商品の方が圧倒的に効率的なんだよね。

 

 

理由は大きく3つある

 

検品する必要がない(クレームが来る可能性が低い)

まず1つ目の大きな理由は

検品する必要がないってこと。

 

 

これは中古せどりをやったことがある人なら経験があると思うけど

 

中古商品って付属品がそろっているか、動作はちゃんとするか

っていうのを常に気にして続けて、検品しないといけないんだよね。

 

 

 

しかも、本体に傷や汚れがついていたり

 

タバコの臭いとかが付着している場合もあったりで

神経質な人とかだと、逆にクレームになる可能性が高い。

 

 

そうすると、せっかく商品が売れたとしても低い評価だったり

 

最悪の場合は返品・返金対応をしないといけないケースまであって

中古商品の場合は苦労することも多々ある。

 

 

でもね

新品商品だとそれが一切ないんだよね。

 

 

なぜなら、新品商品ってことは未開封なわけだし

 

もしその状態で商品に不具合があったら、メーカーに問い合わせて

いただければ良いので、出品者側での対応は基本的には一切ないから。

 

 

しかも、新品なんだからクレームが基本的には来ない。

 

汚れ・傷・臭いがついているわけがないし、付属品だって完璧だ。

だって、新品未開封商品だもの。(みつを風)

 

 

もちろん

配送時に何かあったりするとクレームになるかもしれないけど

 

 

例え低い評価がつけられたとしても、それは出品者側の落ち度ではないので

Amazonに評価取り消し依頼を申請すれば、問題なく評価を消すことができる。

 

 

ショッピングカートの獲得さえできれば販売チャンスがくる

次に2つ目の理由は、ショッピングカートの獲得さえできれば

新品商品を販売できるチャンスは絶対にまわってくるっていうこと。

 

 

中古商品だとコンディションにもよるけど

 

中古商品を求める人は値段重視のお客さんが多い傾向があるから

全体的に価格競争に陥る可能性がある。

 

 

でも新品商品であれば、ショッピングカートの仕組みをわかっている

出品者であれば、無駄な価格競争をすることなく平等に販売機会を

 

みんなで共有する仕組みがあるので、それを利用しさえすれば良い。

 

 

もちろん、ライバル出品者数が100とか200とかになってしまうと

どうしても値崩れは避けられないけど、新品商品であれば商品状態に

差はでないので、価格調整だけで良いというのもメリットの一つだ。

 

 

在庫を全部買い占めることで利益が加速できる

最後3つ目の理由は、

在庫を全部買い占めることで利益が加速できるっていうこと。

 

 

これは言うまでもなく、新品商品っていうのは在庫が何個か持っている

場合が多いし、利益が出せる商品を1つ見つけてしまえば、その商品の

在庫を全部買い占めれば、その個数分だけ利益が加速するよね。

 

 

これが、中古商品の場合は

どうしても1点ものになってしまう。

 

 

もちろん、リサイクルショップとかで同一商品が何個かある場合はあるけど

 

複数個あったとしても、中古の場合は商品コンディションや付属品の有無が

商品ごとに異なる場合があるので、同じ商品でも同じ利益になるとは限らない。

 

 

 

いかがだったろうか?

 

最後にまとめると、新品商品は検品する必要がなくて

 

ショッピングカートさえ獲得すれば売れるので、商品説明のような所に

気を使う必要がないし、在庫があれば2倍3倍と利益を加速させやすい。

 

 

だから、圧倒的に新品商品の方が効率的に利益を得ることができるし

クレームだって受けるはずがないし、梱包だって気を使う必要はない。

 

 

これが中古商品だと、展示品で外箱がなかったりすると

自分で箱を作ったりしないといけないし、クレームが来る可能性だってある。

 

 

そして、在庫が残っていればそれを全部買い占めることで

商品サーチの労力は1個分なのに、利益を一気に在庫数分増やすことが可能だ。

 

 

しかも、値段が高くても新品商品の方が良いっていう人は結構いるし

事実、中古の方が全然安いのに新品商品が普通に売れていくんだよね。

 

 

ちなみに、私が年末に6個仕入れた新品ゲームが

 

中古商品は新品商品の3分の1以下なのに

FBA納品してすぐ1月1日時点で即完売したんだよね。

 

 

実際に売れた商品はこちら。

仕入れ値:1512円 → 販売額:4980円

 

 

他にも、違うゲームソフトの新品在庫が9本あったから

 

それも全部買い占めたんだけど、その商品もすでに4本売れていて

その商品の中古は新品の半額程度だった。

 

 

 

新品商品の方が圧倒的に楽なので、初心者は是非とも

積極的に狙っていっていただきたい。

 

 

あっ、ちなみに

もし、新品商品なのに低い評価をもらってしまった場合には

下の記事で紹介している手順で、Amazonに評価取り消し依頼をしよう。

↓ ↓ ↓

Amazon出品者評価の取り消し方法【低評価削除依頼のやり方】

 

 

「1円も使う事無く作業なしで1億円を稼がせる」

 

この言葉を聞いてあなたは

どういう印象を受けますか?

 

 

恐らく

 

「胡散臭い」

 

 

 

というのが本音では無いでしょうか?

 

 

今、インターネットビジネス業界には

まるで詐欺のような胡散臭い情報が渦巻いています。

 

・3クリックで億万長者になれる

・コピペだけで月収100万になれる

・1日5分の作業で1000万を稼げる

 

 

 

こうした詐欺の臭いがプンプンする情報は

毎日のようにメルマガで届きます。

 

 

しかし、

 

その中で本物の情報というのは

恐らく1%程度に過ぎないでしょう。

 

つまりは99%は詐欺に近い

実際には稼げない情報だという事なのです。

 

 

 

ですが今回のあなたに紹介する

 

手法というのはそうした詐欺的な

ノウハウとは全く違います。

 

 

つまり1%の本物なのです。

 

 

 

何故ならばこの手法は

 

“本物の方”

 

 

が作り上げたノウハウだからです。

 

世界初の6000兆円市場を独占する完全不労所得ビジネス
(期間・人数限定での公開になります)

 

 

 

このノウハウを公開してる

泉忠司さんという方は

 

「1年で40億を稼いだ」

 

 

 

インターネットビジネス業界では

世界一の実績を持っている方です。

 

 

 

また、それだけでは無く

 

「3ヶ月で20億を塾生に稼がせた」

 

 

 

という実績のある教育者としても

ナンバーワンの実績のある方です。

 

 

 

この泉忠司さんが今回

 

1円も使う事無く1億円以上の

金額を稼ぐノウハウを公開されました。

 

世界初の6000兆円市場を独占する完全不労所得ビジネス
(期間・人数限定での公開になります)

 

 

 

しかも今回のノウハウは

 

「1秒も作業をする必要が無い」

 

 

 

 

という事です。

 

 

つまりあなたは一切何も作業をする事無く

リスクなしで1億円以上のお金を稼ぐ事が出来るのです。

 

 

 

私自身これほど優れたノウハウを実践した事

どころか見たことすらありません。

 

 

恐らくあなたも同じではないでしょうか。

 

 

泉忠司さん曰く

 

「今が億万長者になれる最後のチャンス」

 

 

との事です。

 

 

 

 

ですのでもしあなたが

 

「どうしても2017年に億万長者になりたい」

 

 

 

と思っているのであれば

 

是非この手法を実践してみる事を

強くオススメ致します。

 

世界初の6000兆円市場を独占する完全不労所得ビジネス
(期間・人数限定での公開になります)

 

 

ご自身が1年で40億を稼がれ

 

そして生徒にわずか3ヶ月で

20億を稼がせた本物のノウハウを

手に入れる事が出来るはずです。

 

 

 

2017年こそ新たな一歩を

踏み出してそして人生を変えていきましょう。

 

世界初の6000兆円市場を独占する完全不労所得ビジネス
(期間・人数限定での公開になります)

 

※PS

泉忠司さんという方はビジネスの分野で

ご活躍されているだけでは無く

 

 

作家や大学の教員など非常に幅広い分野で

活躍されている方です。

 

 

また、国際貢献をされた事で皇室から

 

「東久邇宮文化褒賞」

 

 

という賞を授与された

国内外でもご活躍されている方です。

 

 

このように社会的にも非常に信頼がある方ですので

是非今回の手法を泉さんから学んでみて下さい。

 

世界初の6000兆円市場を独占する完全不労所得ビジネス
(期間・人数限定での公開になります)

 

\ SNSでシェアしよう! /

スポンサーリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ