予備校テキストを売る方法【譲渡転売禁止の効力は?】

予備校テキストを売る方法【譲渡転売禁止の効力は?】

benkkyomobile

 

「予備校テキストは本棚のオブジェ」

 

 

予備校テキストってよく最終ページなどに

「譲渡転売禁止」という風に書いてあるんだけど

 

受験が終わってしまったら、使い終わったテキストが

自分の本棚のオブジェと化している人は多い。

 

 

 

私が大学受験のための勉強をしていた頃は

夏休みに、予備校の自習室に毎日通って

 

クーラーが異常に恐ろしく効いた部屋で

ブルブル震えながら勉強をしていたのは良い思い出だ。

 

 

 

話を戻すと、予備校テキストは「譲渡転売禁止」という

記載がされているので、文字通りの意味を捉えると

 

友達や知り合いにあげたり、売るのはNGになる。

 

 

 

というか、そもそも予備校テキストというのは

その時学習した内容をメモとして書き込んだり

 

年数が経過すると内容も刷新されるので、

予備校テキストを「売る」という発想がない人が多い。

 

 

しかし、私も色々と調べていてわかったんだけど

なんと書き込みがされている予備校テキストを売る

 

つまり、書き込み済みの予備校テキストや

過去問・赤本を買い取る専門の業者が存在していた。

 

 

 

しかも、驚きなことにその買取業者は

予備校テキスト・赤本だけでなく

 

大学などで使用する

学術書・専門書も売ることが可能。

 

 

 

確かに大学に入学すると購入することになる

テキスト・専門書は、将来その道のスペシャリストに

 

なるのであれば、使い道はあると思うけど

一般企業に就職している人がほとんどの現代社会では

 

 

 

大学の学術書・専門書なんて

予備校テキストと同じように、

 

大学を卒業したら

完全に本棚のオブジェと化すよね。

 

 

 

あっ、ちなみに完全に余談だけど

 

本棚のオブジェと化した予備校テキストや

大学の専門書・学術書の使い道って知ってるかな?

 

 

よくあるのが、へそくりや家族に見られたくないものを

もう2度と開かないであろう、予備校テキストなどに

 

挟んでおいて、隠し場所として使う方法だ。

 

 

 

下手にベッドの下とかタンスの中、机の引き出しの

右奥隅っこの方とかに隠すよりも、オブジェと化した

 

予備校テキスト・専門書に隠すと

ほぼ100%バレないので、かなりオススメ。

 

 

 

ただ、注意して欲しいのが

ちゃんと隠したテキストの題名を覚えておかないと

 

時間が経過した後に

肝心の隠した場所を忘れてしまう。

 

 

「あっれ・・・幾何学だっけかな、代数じゃないし

 物理学基礎は先生が嫌いだったから、絶対違うし」

 

 

 

みたいな感じで、どのテキストの間に挟んだのか

忘れてしまって、焦ることになるので注意しよう。

 

 

 

他には、引っ越しや大掃除をする時だよね。

 

引っ越しとか年末の大掃除を気合い入れて

断捨離だ断捨離!って何年も本棚から出してない

 

予備校テキスト・赤本とか大学の教科書を

何も考えずに捨ててしまったりすると

 

 

 

しばらくして、ふとしたタイミングで

こんなことを思い出したりする。

 

 

「あっ、ヤベェ・・・応用数学1のテキストに

 高校の時に女の子からもらった手紙隠したままだった」

 

 

 

ということになりかねないので

是非、注意していただきたい。

 

 

 

・・・というわけで

だいぶ話が逸れてしまったんだけど

 

予備校テキストや専門書は、譲渡・転売禁止って

書いてあるけど、実は売ることができる。

 

 

しかも、書き込みが入っていても良いし

予備校テキストだったらその講義の付属プリントや

 

板書のノートが揃っていると

さらに買取査定がアップする。

 

 

 

もし不要な予備校テキスト・過去問・赤本

 

大学の専門書などが眠っている場合は

こちらから買取を依頼してみよう。

↓ ↓ ↓

 

絶版になった参考書や赤本であれば、想像以上の売値が

つくかもしれないので、見てみてくださいね。

 

 

 

現在、通常ではありえない特典が無料でもらえる

特別キャンペーンを実施中なので、チェックしてみてください。

↓ ↓ ↓

newbanner

ネットビジネスの稼ぎ方を無料でプレゼント中

 

そして、最後にもう一つ

 

この記事を読んでいるあなたも私のように月収を

10万円 → 100万円 → 1,000万円にしたくありませんか?

 

そのために必要なステップについて

こちらの無料メール講座で詳しく解説しています。

↓ ↓ ↓

moromi

※期間限定の無料特典です。

 

完全無料で手に入る今のうちに

忘れずに登録しておきましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ