Macの画像編集でモザイク加工を無料で実現する方法

スポンサーリンク

Macの画像編集でモザイク加工を無料で実現する方法

icon256

 

「念願のモザイク加工を手に入れたぞ!」

 

 

ブログを始めてから気がつけば

20ヶ月が経過しようとしているある日

 

 

よくあるブログの報酬画面とか注文画面で

個人情報が記載されている住所・氏名について

 

モザイク加工を入れている画像を見て

 

 

「一体、どうやってモザイク加工しているんだろう?」

 

 

 

と、以前から気になっていた課題について

ちょうど時間があったので調べてみることにした。

 

 

 

Windowsであれば、無料で最初から入っている

「ペイント」というソフトを使えば

 

「ぼかし処理」の画像編集を

簡単にフリーで実現できることを知っていたので

 

 

 

Macも同じように楽勝にできるだろうと

思っていて、今までずっと調べずに

 

一度もモザイク加工はせずに

「切り抜き」や「塗りつぶし」で対応してきた。

 

 

 

 

ただ、いざ画像編集でモザイク加工をMacで

やろうとすると、標準ソフトではできないようで

 

外部の画像編集ソフトを使う必要がある

ということがわかった。

 

 

 

「モザイク加工」の画像編集だけのために

有料ソフトを導入しようとは考えていないので

 

無料・フリーで「モザイク加工」が可能な

ソフトをこの記事で紹介する。

 

 

 

MacOSをご利用の方で、画像編集にモザイク加工、

ぼかし処理を無料・フリーで実現する場合は

 

こちらの「ToyViewer」というソフトを使おう。

↓ ↓ ↓

icon256

ToyViewerのページはこちら。

 

 

上記ページからダウンロード後、

画像編集ソフト「ToyViewer」を起動してみよう。

 

 

ToyViewerを起動して、画像を1つ読み込んで

早速、モザイク加工を実践してみると

 

tv1

 

まずは上記画像のように

モザイク加工をしたい画像を開いて

 

ぼかしたい部分をドラッグして選択してほしい。

 

tv2

 

モザイクを入れたい部分の選択が終わったら

上記画像のように、上部ツールバーの「特殊効果」から

 

赤丸部分「ノイズ・モザイク」を選択しよう。

 

 tv3  

 

そうすると小さいウィンドウ(上記画像の場合は右上)に

「モザイク」という部分があるので

 

その「モザイク」ボタンを押下すると

選択された部分のぼかし処理をすることができる。

 

tv4

 

選択した部分のぼかし具合を調整したい場合は

モザイクボタンの「粗さ」の数値で調節可能だ。

 

 

モザイク加工がうまくいったら、左上の

ツールバー「ファイル」から「保存」を選択して

 

保存したい画像形式を選択して

画像のファイル名を記入すればOKだ。

 

 

 

あっ、ちなみに

MacのiMovieを使っていると、知らないうちに

 

HDDの容量が大きく減ってしまう現象が起きるのを

あなたはご存知かな?

 

 

 

もし知らないのであれば、iMovieの一時ファイルが

HDDを占有してしまっている可能性が高いので

 

今すぐこちらの記事を見ていただきたい。

↓ ↓ ↓

MacBookProの容量不足はiMovieの一時ファイルが原因

 

 

現在、通常ではありえない特典が無料でもらえる

特別キャンペーンを実施中なので、チェックしてみてください。

↓ ↓ ↓

newbanner

ネットビジネスの稼ぎ方を無料でプレゼント中

 

そして、最後にもう一つ

 

この記事を読んでいるあなたも私のように月収を

10万円 → 100万円 → 1,000万円にしたくありませんか?

 

そのために必要なステップについて

こちらの無料メール講座で詳しく解説しています。

↓ ↓ ↓

moromi

※期間限定の無料特典です。

 

完全無料で手に入る今のうちに

忘れずに登録しておきましょう。

 

\ SNSでシェアしよう! /

スポンサーリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ