WordPress管理画面ダッシュボードのURLを調べる方法【忘れた時の対応】

WordPress管理画面ダッシュボードのURLを調べる方法【忘れた時の対応】

wordpressurl

 

WordPress管理画面・ダッシュボードのURLは

初期インストール状態だと

 

http://(ドメイン名)/wp-admin   もしくは

http://(ドメイン名)/wp-login.php のどちらか

 

 

ただし、この初期インストール状態だと

管理画面・ダッシュボードへのログイン画面に

 

誰でも辿り着けてしまうので

セキュリティーの観点からは、非常によろしくない。

 

 

WordPress管理画面のログインURLが第3者にわかってしまったら

 

自分のWordPressに不正ログインするチャンスを

与えてしまっているようなもの。

 

 

 

だから、通常はセキュリティー用の

プラグインなどを導入して

 

自分のWordPress管理画面・ダッシュボードURLを

変更するべきであることは言うまでもない。

 

 

WordPress管理画面・ダッシュボードのURLを

変更するためのプラグインで有名なのは

 

下のSiteGuard WPプラグイン

 

siteguard

 

 

このプラグインを導入すると

簡単にWordPress管理画面のURLを変更できるので

 

導入している人はとても多い。

 

 

ダッシュボードへのURLを一番最初に変更して

久しぶりにWordPressブログを更新しようとして

 

あれ?そういえば管理画面・ダッシュボードのURL何だっけ?

 

 

 

という状態になってしまうと

 

ダッシュボードにログインすることができず

WordPressブログを更新することができない。

 

 

 

 

こうなってしまうと、管理画面にログインする

ことさえできなくなってしまうので

 

ブログを修正したくてもできないし

 

 

いっそのことWordPressごと削除するぐらいしか

手段がないように感じてしまう人が多いんだけど

 

ログインURLを調べることはできるので

この記事でその調べ方をお伝えします。

 

WordPress管理画面・ダッシュボードのURL変更手順

まずそもそも、ご自身のWordPressについて

管理画面・ダッシュボードへアクセスするための

 

URLを変更していない場合は

非常に危ないので、絶対に変更しておきましょう。

 

 

すでにお伝えしている通り

WordPressは初期インストール状態だと

 

決まった固定のURLなので

 

 

第3者が容易に管理画面へのアクセスルートを

知ることができてしまいます。

 

 

ですので、WordPressを運営していく上では

必ず管理画面・ダッシュボードのログインURLを変更しましょう。

 

 

管理画面のURLを変更するプラグインは

すでにお伝えした通り

 

SiteGuard WPプラグインが手軽で簡単ですので

これからお伝えする方法でURLを変更しておいてください。

 

 

まずは、新規プラグインの追加から

検索ボックスに「siteguard」と入力してください。

 

siteguardplugin

 

 

上記画像赤丸のプラグインが表示されるので

インストールして有効化しましょう。

 

 

その後に、ダッシュボード左サイドバーに表示される

「SiteGuard」から「ログインページ変更」をクリックしてください。

 

siteguardpluginsetting

 

 

そうすると下のような画面が表示されるので

ここで自分の好きなURLを設定してください。

 

siteguardurlsettion

 

 

ここでURLを変更すれば、自分だけしか

管理画面へアクセスするためのルートを知りませんので

 

セキュリティー的にとても効果があります。

 

 

ですが、逆に言ってしまうと

このログインURLを忘れた!となってしまうと

 

他の人では誰もわかりませんので

注意してください。

 

 

 

 

とは言っても、長期間ログインしない場合は

忘れてしまうこともあるので

 

 

この記事では、万が一

自分で設定したはずの管理画面URLを忘れた

 

という人のための対応方法を説明します。

 

URLを忘れた場合、.htaccessを調べましょう

WordPress管理画面・ダッシュボードのURLが

わからなくなってしまった場合には

 

ご自身のWordPressがインストールされている

レンタルサーバーにFTP接続する必要があります。

 

 

具体的にはご自身の独自ドメインの

ドキュメントルート直下に配置している隠しファイル

 

「.htaccess」を見れば、忘れてしまったURLを

調べることが可能です。

 

 

 

ご自身で契約されているレンタルサーバーに

FTP接続はできますか?

 

このブログでは価格・性能・汎用性という観点から

エックスサーバーを推奨しているので

 

 

エックスサーバーへFTP接続できない人のために

 

簡単ですが、エックスサーバーの画面から

「.htaccess」ファイルの参照方法を紹介します。

 

 

まずはエックスサーバーのインフォパネルにログインして

下記画像赤丸のファイルマネージャーをクリックします。

 

 

 

そうすると下のような画面が表示されるので

ご自身のドメイン名のフォルダをクリックしてください

 

 

 

そうあとに、下の画面が表示されるので

エックスサーバーの場合は赤丸のように

 

「public_html」をクリックしましょう。

 

 

 

そうすると下の方に「.htaccess」というファイルが

あるので、チェックボックスにチェックをつけてください。

 

 

 

「.htaccess」ファイルにチェックをつけたら

上に戻って赤丸の「編集」を押しましょう。

 

 

 

WordPress管理画面ログインURLの見つけ方

そうすると下の画像のように

「.htaccess」の中身が参照できます。

 

 

 

ここで、Windowsの人は Ctrl + F キーを押して

 

Macの人は Command + F キーで「wp-login」を

検索してください。

 

 

 

検索したキーワードが1件ヒットするはずですので

 

その前の部分(赤く塗りつぶしている所)が

変更したログインURLです。

 

 

 

http://(ドメイン名)/(上記画像の赤く塗りつぶしてある部分)

が管理ページへのログインURLになります。

 

 

 

 

WordPressのセキュリティー確保のため

ログインURLを変更するのはもちろんのこと

 

定期的に管理画面・ダッシュボードへの

ログインパスワードも変更しておきましょう。

↓ ↓ ↓

ワードプレス・WordPressのログインパスワード変更

 

 

 

現在、通常ではありえない特典が無料でもらえる

特別キャンペーンを実施中なので、チェックしてみてください。

↓ ↓ ↓

newbanner

ネットビジネスの稼ぎ方を無料でプレゼント中

 

そして、最後にもう一つ

 

この記事を読んでいるあなたも私のように月収を

10万円 → 100万円 → 1,000万円にしたくありませんか?

 

そのために必要なステップについて

こちらの無料メール講座で詳しく解説しています。

↓ ↓ ↓

moromi

※期間限定の無料特典です。

 

完全無料で手に入る今のうちに

忘れずに登録しておきましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ