エックスサーバーに海外からアクセスする方法【WordPressを海外で更新】

エックスサーバーは海外からのアクセスができない?

 

「海外からはエックスサーバーにアクセスできない」

 

 

WordPressでブログを運営していると

海外旅行の体験記事などを書こうとして

 

 

海外で滞在先のホテルなどから

いつも通りブログ更新をしようとすると

 

WordPressにログインできないことがある。

 

 

 

例えば、エックスサーバー上に

WordPressをインストールしていて

 

アクセス制限設定を変更していない場合

下記のような画面になり、アクセスが拒否される。

 

 

 

これはエックスサーバーの初期設定で

日本国外からのアクセス、つまり

 

海外からのアクセスを完全に拒否する

設定から発生している事象だ。

 

 

 

エックスサーバー以外のレンタルサーバーは

海外からのアクセスを遮断するような設定が

 

初期状態では入っていないことが多いので

 

 

 

何も考えずに国外からでもWordPressブログを

 

更新できたり、サーバー上のファイルを

編集・FTP送受信することができる。

 

 

 

でもこれってよくよく考えると

セキュリティーという観点からは

 

非常にリスクのあること。

 

 

 

もちろん、WordPressも他のレンタルサーバーも

ログインするにはID・パスワードが必要なので

 

ID・パスワードさえ第3者に漏れていなければ

海外からアクセスされても、大丈夫なんだけど

 

 

 

安易なID・パスワードを設定していたり

WordPress・レンタルサーバーのID・パスワードを

 

他のメールサービス・Wi-Fiパスワードなどに

使いまわしていたりすると非常に危険。

 

 

 

というわけで、何も考えずに初期状態で

海外からのアクセスを問答無用で遮断している

 

エックスサーバーのアクセス制限設定は

WordPress運営者からすると、非常にありがたい。

 

 

 

 

というわけで、エックスサーバーを使っていて

海外に滞在している人は

 

日本に戻らないとブログが更新できない!

という事態に陥ってしまうのか?と思ったら

 

 

 

エックスサーバー上の設定を

ほんの少し変更するだけで

 

海外からWordPressブログを更新することが

可能なので、その設定変更方法をお伝えします。

 

 

 

日本国外からエックスサーバー上にある

WordPressにログインするためには

 

まず最初にエックスサーバーの

サーバーパネルにログインする。

 

 

 

上記画像のように、サーバーパネルに

ログインすることができたら赤丸部分の

 

「WordPressセキュリティ設定」をクリックする。

 

 

そして、海外からアクセス・更新したい

WordPressブログのドメインを選択しよう。

 

そうすると、下記のようになるのでWordPressの

ダッシュボードのアクセス制限設定を「OFF」にする

 

 

 

作業としては、たったこれだけの手順で

 

エックスサーバーのWordPressに対して

海外からのアクセスが可能となる。

 

 

 

もちろん、海外からのブログの更新作業が

完了したら、上記手順をもう一度行って

 

セキュリティ設定を「ON」にしておくことを

絶対に忘れないようにしてほしい。

 

 

 

エックスサーバーは、この国外IP制限を

アピールはしていないけど、何もしなくても

 

海外からの不正アクセスを完全に

シャットアウトして、守ってくれているので

 

 

国外からのブログ更新作業が終わったら

このアクセス制限を確実に「ON」に戻そう。

 

 

 

しかし、この方法だとブログを更新している

わずか短時間とはいえ、アクセス制限を

 

解除している時間は、全世界からの

アクセスを受け付けていることになってしまう。

 

 

 

ほんの数分のアクセス制限解除であれば

問題はない可能性が高いけど、さすがに

 

 

24時間とか、海外滞在期間中ずっと

 

全世界からのアクセスをOKにしておくのは

セキュリティという意味では芳しくない。

 

 

 

というわけで、特定のIPアドレスのみに

限定したい方法についてもお伝えしておく。

 

こちらも、設定自体は非常に簡単だ。

 

 

 

エックスサーバーのドキュメントルート

(自分のドメイン/public_html)の下にある

 

隠しファイル「.htaccess」をダウンロードする。

 

 

 

そして「.htaccess」ファイルの再下段に

下記のように追記してアップロードするだけだ。

 

「SetEnvIf Remote_Addr ^123\.123\.123\.123$ AllowCountry」

 

 

上記「123」の部分を自分のIPアドレスにしよう。

設定としては、これだけでOK。

 

 

 

というわけで、エックスサーバーを海外から

アクセスする方法についてまとめてみましたが

 

いかがだったでしょうか?

 

 

 

勘が良い人なら気がついたと思うけど

上記手順を実行していくときに

 

そもそも、エックスサーバーのサーバーパネルに

ログインするときのID・パスワードを

 

入力する必要があるので

いくら海外とはいえども

 

 

フリーで解放されている公共のWi-Fiなどに

 

接続している状態で設定変更するのは

危ないので気をつけるようにしましょう。

 

 

WordPressブログを長期間運営していて

ログインパスワードを変更したい場合はこちら。

↓ ↓ ↓

ワードプレス・WordPressのログインパスワード変更方法

 

 

 

現在、通常ではありえない特典が無料でもらえる

特別キャンペーンを実施中なので、チェックしてみてください。

↓ ↓ ↓

newbanner

ネットビジネスの稼ぎ方を無料でプレゼント中

 

そして、最後にもう一つ

 

この記事を読んでいるあなたも私のように月収を

10万円 → 100万円 → 1,000万円にしたくありませんか?

 

そのために必要なステップについて

こちらの無料メール講座で詳しく解説しています。

↓ ↓ ↓

moromi

※期間限定の無料特典です。

 

完全無料で手に入る今のうちに

忘れずに登録しておきましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ