エックスサーバーにMacでSSH接続する方法【意外に簡単】

エックスサーバーにMacでSSH接続する方法【意外に簡単】

 

「MacでSSH接続は超簡単」

 

 

エックスサーバーにMacでSSH接続する方法が

わかったので、この記事で紹介します。

 

 

 

まずそもそも「SSH接続」というのは

私たちがよく使っている「FTP接続」とは異なり

 

サーバーにログインして、そのサーバー上で

実際にコマンドを実行することができるようになる。

 

 

 

 

「FTP接続」というのは

「File Transfer Protocol」の省略形で

 

要するに「ファイル送受信」しかできない。

 

 

 

ファイルをサーバー上へ転送したり

サーバーから自分のPCにダウンロードするのが

 

「FTP接続」

 

 

 

したがって、FTPというのは

 

「ファイルやデータを転送するだけ」という

認識でOKだ。

 

 

 

というわけで、今回ご紹介する「SSH」

というのは「FTP」とは異なり

 

ファイルやデータを転送するのではなく

 

 

 

サーバーを1つのマシンとして

プログラムなどのコマンドを

 

実行することができる接続方法

として認識してください。

 

 

 

「SSH」と「FTP」の違いについては

なんとなくご理解いただけたかな?

 

 

感覚的には「FTP」はファイルの

転送のみしかできず

 

「SSH」の方がそのサーバーにダイレクトに

アクセスして、自分の思うがままに

 

 

操れる「接続方式」

という感覚で良いです。

 

 

 

 

というわけで、「SSH接続」が

わかったところで、実際に

 

エックスサーバーに対してMacを使って

SSH接続する方法について解説します。

 

 

 

まず最初にエックスサーバーの

サーバーパネルにログインして

 

下記画像左上の赤丸「サーバーID」を

控えておいてください。あとで使います。

 

 

 

サーバーIDを控えたら、右下の「SSH設定」

をクリックしてください。

 

 

そうすると、下記画像のような画面になるので

赤丸部分のSSH設定を「ONにする」をクリック。

 

 

 

その次に、下記画像赤丸部分の

「公開鍵認証用鍵ペアの生成」をクリック

 

 

 

ここで、エックスサーバーに対して

SSH接続をするパスフレーズを設定できるので

 

忘れない任意の文字列を入力しましょう。

(SSH接続する際のパスワードになります)

 

 

 

パスフレーズを入力したら、上記画像の赤丸

公開鍵認証用の鍵ペア生成(確認)を押してください。

 

 

問題なければ、下のような画像になりますので

もう一度「公開鍵認証用の鍵ペア生成(確定)」をクリック

 

 

 

上記ボタンを押下したら「サーバーID.key」という

ファイルがダウンロードされますので

 

このファイルがどこにダウンロードされたか

しっかりと把握しておきましょう。

(この後の工程で使います)

 

 

 

これで、エックスサーバー側の設定は完了です。

 

次に、SSH接続に必要な

自分のPC側の設定に入ります。

 

 

 

ご自分のMacのメニューを開いて

上記画像赤丸の「その他」をクリックしましょう。

 

 

そうするとMacに標準搭載されている

アプリケーションが何個か表示されるので

 

下記画像赤丸の「ターミナル」という

アプリケーションを探してみてください。

 

 

 

ターミナルというアプリケーションを起動すると

下記のような画面が表示されます。

 

 

 

実はMac OSはUNIXがベースになっているので

シェルコマンドなどがわかる方であれば

 

このターミナルというアプリケーションで

ご自分のMacを操れるようになります。

 

 

 

というわけで、SSH接続をするための

Mac側の設定をしていきます。

 

 

 

 

先ほどの画面から特に何もしなければ

ホームディレクトリにいるはずなので

 

「mkdir .ssh」と入力してリターンキー

もしくはエンターキーを押してください。

 

 

 

これは今いるホームディレクトリに

「.ssh」という隠しディレクトリを

作成するコマンドです。

 

 

「mkdir」は「make directory」の

省略から来ています。

 

 

 

ちなみにファイルやディレクトリの

先頭に「.(ドット)」を入れることで

 

隠し属性を付与することができます。

 

 

 

というわけで「.ssh」という

ディレクトリを作成したら

 

先ほどダウンロードした公開鍵認証用の鍵ペアの

ファイルをこのディレクトリに移動します。

 

 

 

Macを購入時のダウンロード先から

変更していなければ、現在いるディレクトリの

 

直下にある「Downloads」という場所に

ダウンロードされているはずなので

 

 

「mv Downloads/ダウンロードしたファイル名 .ssh/id_rsa」

 

というコマンドを入力して

リターンキー、もしくはエンターキーを押す。

 

 

 

ダウンロードしたファイル名は

この手順の最初の方のエックスサーバーの

 

「サーバID.key」というファイル名のはずなので

私の場合は下記画像のようになる。

 

 

 

このコマンドは何をしているかというと

 

 

先ほどエックスサーバーからダウンロードした

ファイル(satoimo.key)を「.ssh」ディレクトリに

 

「id_rsa」という名前で移動しています。

 

 

 

「mv」は「move」移動するという

英語の省略系なので、ファイルを移動したり

 

ファイル名を変更したりするときに

使うコマンドです。

 

 

 

というわけで、エックスサーバーから

ダウンロードしたファイルを移動して

 

「id_rsa」というファイル名に変更します。

(他の名前にするとSSH接続できません)

 

 

 

 

それが終わったら、下記のコマンドを

1個ずつ順番に下記画像のように実行しよう。

 

 

 

まず「chmod 700 .ssh」を実行する。

 

 

chmodは「change mode」の省略形で

 

ファイル、もしくはディレクトリの権限を

変更する時に使用するコマンドだ。

 

 

 

 

chmod の後ろの「700」は

自分だけがフルアクセスコントロールできる

 

という意味なんだけど、ここでは

あまり気にせずにそのまま打ち込もう。

 

 

 

そして、その次に「cd .ssh」を実行する。

 

cdというコマンドは

「change directory」の省略形で

 

 

ディレクトリを移動するという意味だけど

これも気にせずにそのまま実行しよう。

 

 

 

そして、最後に「chmod 600 id_rsa」と

実行することで、Mac側の設定は完了だ。

 

 

 

では、これでエックスサーバーに対して

MacからSSH接続が可能なので

 

実際にエックスサーバーにSSH接続してみよう。

 

 

 

エックスサーバーにSSH接続する具体的なコマンドは

「ssl -l サーバーID -p 10022 サーバーID.xsrv.jp」だ。

 

 

サーバーIDはご自身の

エックスサーバー管理画面を確認しよう。

 

 

私の場合はサーバーIDが「satoimo」なので

下記画像のようになる。

 

 

 

これはポート番号「10022」で

エックスサーバーにSSH接続をするコマンドで

 

 

初回接続時のみ上記画像とは違い

(Yes/No)を聞いてくるかもしれないので

 

「Yes」と入力しよう。

 

 

 

そうすると、エックスサーバー上で設定した

パスフレーズを聞かれるので、ご自身で設定した

 

パスフレーズを入力すると

無事にエックスサーバーにSSH接続ができる。

 

 

 

 

いかがだっただろうか?

 

コマンドを実際に打ち込んでいくところが

少し難しく感じるかもしれないけど

 

実際にやっていることは

本当に大したことないので安心してほしい。

 

 

 

 

念のため、最後に念押ししておくと

SSH接続というのは、サーバー自体を

 

自分のPCのようなマシンとして

操ることができてしまうので

 

 

 

SSH接続した後のコマンド実行には

細心の注意を払ってほしい。

 

サーバー上の全データを削除することだって

コマンド一発でできてしまうからね。

 

 

 

そういう意味で「FTP接続」の方が

 

サーバーへのアクセスという意味で

安全だということを理解しておきましょう。

 

 

 

もしこの記事を読んでいる人が

MacじゃなくてWinodowsをお使いの場合は

 

「TeraTerm」というフリーソフトを

まずはこちらからダウンロードしてインストールだ。

↓ ↓ ↓

Windows用ターミナルエミュレーター「TeraTerm」

 

 

 

そして、エックスサーバーのHPに

Windows用の接続方法が詳しく書いてあるので

 

こちらの記事を参考にしよう。

↓ ↓ ↓

エックスサーバーSSHソフトの設定「TeraTerm」

 

 

 

現在、通常ではありえない特典が無料でもらえる

特別キャンペーンを実施中なので、チェックしてみてください。

↓ ↓ ↓

newbanner

ネットビジネスの稼ぎ方を無料でプレゼント中

 

そして、最後にもう一つ

 

この記事を読んでいるあなたも私のように月収を

10万円 → 100万円 → 1,000万円にしたくありませんか?

 

そのために必要なステップについて

こちらの無料メール講座で詳しく解説しています。

↓ ↓ ↓

moromi

※期間限定の無料特典です。

 

完全無料で手に入る今のうちに

忘れずに登録しておきましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ